Tigerdream の上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

カテゴリ: 群馬の古墳・遺跡


富岡市南後箇の北山茶臼山古墳。

茶臼山古墳 (1)
茶臼山古墳 (2)
茶臼山古墳は北山の山頂にある。実は北山を見くびっていた。古墳があるくらいだから、ちょっとした丘くらいだと思っていたら、そうではなかった・・・。標高だと260mくらいらしいが、けっこう山道は大変。

茶臼山古墳 (3)
途中にヘビが通せんぼ。行くなってことか?

茶臼山古墳 (4)
なんとなく円墳ぽいのが見えてきた。久しぶりに疲れた。

茶臼山古墳 (5)
北山の山頂兼茶臼山古墳の墳頂。

茶臼山古墳は径約35m、高さ約5mの円墳で、北側に祭壇だといわれる造り出しがある。表面には河原石を敷きつめ、周囲には埴輪が並べ立ててあった。築造時期は4世紀末から5世紀初めと推定される。

茶臼山古墳 (6)
明治27年(1894年)、地元住民によって偶然に青銅鏡や石釧(石製の腕輪)などが掘りだされ、初めて古墳であることが分かった。その他、刀剣や玉類など、豊富な副葬品が発掘されている。その経緯や発掘の状況を記した碑が建っている。

特に青銅鏡は直径24.9cmで、3世紀に中国・魏で作られた「三角縁神人車馬竜虎画像鏡」(三角縁神獣鏡の一種)で、同じ鋳型で作られたものが奈良県・滋賀県・岡山県で出土している。

このことから、被葬者は畿内(大和朝廷)と強い結びつきがあった豪族と推定される。


伊勢崎市磯町の十二所古墳。

十二所古墳 (1)
十二所古墳は全長約48m、前方部約18m、後円部径約30mの前方後円墳である。約6mに周堀がめぐっている。

昭和初期に後円部墳頂が調査され、凝灰岩や内部が朱塗りの石棺が発見されているが、全体は未調査のため詳細は不明。築造年代は5世紀末と考えられている。

十二所古墳 (2)
墳丘面には河原石や埴輪の散布が認められることから、葺石や埴輪が配されていた考えられる。

蕨沢川と鏑木川に挟まれた峯岸山から南方に連なる丘陵を中心に多くの古墳が分布している(峯岸古墳群)。十二所古墳は峯岸古墳群の中では、中心的な存在である。


渋川市元町の虚空蔵塚古墳。

虚空蔵塚古墳 (1)
虚空蔵塚古墳 (2)
虚空蔵塚古墳は径13mの円墳で、榛名山二ツ岳の噴火(6世紀後半)により噴出した軽石層の上に造られている。古墳時代末期(7世紀後半)の築造と推定される。

虚空蔵塚古墳 (3)
虚空蔵塚古墳 (4)
前庭部は扇羽状に広がっている。石室は羨道はなく、玄室は幅1.3m、奥行き3.3m、高さ1.9m。石は直角に切られた截石で積まれ、床面にも敷きつめられている。

石室内には、後の時代の虚空蔵菩薩が祀られており、これが古墳名の由来である。

虚空蔵塚古墳 (5)
虚空蔵塚古墳 (6)
虚空蔵塚古墳を含むこの付近一帯は、明治初期まで如来寺という寺の寺域だった。そのため、歴代住職の墓や宝篋印塔や五輪塔(残骸)が残っている。


桐生市新里町山上の愛宕塚古墳。

愛宕塚古墳 (1)
愛宕塚古墳は、径30m、高さ8mの円墳であったが、既に消滅している。

愛宕塚古墳 (2)
愛宕塚古墳 (3)
平成(1990年代)に入ってから発掘調査が行われたらしいが、既に墳丘はなく、石室石材も大半が散逸していた。基底部の石材のみ、山上城址公園内(三の丸)に移築されている。

元禄14年(1701年)に蕨沢川に架かる橋を石橋に架け替える際に愛宕塚古墳の石室の石材を使用したといわれている。よって、この時に実質的に愛宕山古墳は消滅したと考えられる。

なお、橋のたもとには石橋に架け替えた際の供養塔が建っている。(元町橋の供養塔として、桐生市の重文に指定されている)

もちろん、現在の橋は鉄筋コンクリート製なので、旧石橋、つまり愛宕塚古墳石室の石材はお役御免になっているが、石材は処分されちゃってるんだろうな。


高崎市吉井町長根の恩行寺古墳。

恩行寺古墳 (1)
恩行寺古墳は鏑川右岸の上位段丘面の先端部に築かれた円墳で、墳丘径40m、高さ7mの規模を誇る。墳頂部には17mの平坦面を作っている。

恩行寺古墳 (2)
恩行寺古墳 (3)
墳丘外面には河原石を使用した葺石が確認されている。西から南側にかけて周堀の跡が残り、主体部は竪穴式と推定されるが、未調査のため埋葬施設や副葬品については不明である。

現地案内板には6世紀後半から7世紀前半の築造と書かれていたが、高崎市HPでは5世紀前半と書いてあった。時期が大きく違うが・・・。


太田市市場町の稲荷山古墳。

太田稲荷山古墳 (1)
太田稲荷山古墳は、径32m、高さ4mの円墳と推定されるが、南西部に周囲より一段高い平たん部があり、帆立貝形古墳の可能性もある。西側には周堀の形跡が認められる。

墳丘には葺石があり、円筒埴輪、形象埴輪(人物など)も発見されている。6世紀中ごろの築造と推定される。

太田稲荷山古墳 (2)
太田稲荷山古墳 (3)
太田稲荷山古墳 (4)
墳頂には稲荷神社が鎮座している。

太田市には西本町の県立太田高校の校内にも稲荷山という名の古墳がある。話が逸れるが、太田高では古墳に立ち入ったりボールなどを投げこんでしまうと浪人すると言い伝えられている。(太田高は群馬県内有数の進学校)


前橋市堀之下町の正円寺古墳。
前回の正円寺の本堂裏(北側)にある。
(正円寺は「上州七福神・福禄寿を祀る -正円寺-」参照)

正円寺古墳 (1)
正円寺古墳 (2)
正円寺古墳は全長65m、高さ7mの前方後円墳で、後円部径46.5m、前方部幅48mの規模を誇る。6世紀中ごろの築造と推定される。

正円寺古墳 (3)
南側は正円寺の本堂などで削られている。

正円寺古墳 (4)
後円部墳丘上には祠が数個あった。後円部には自然石を用いた横穴式石室が確認されている。石室の全長は9.7m、玄室長3.9m、奥幅1.8m、羨道長5.8m。くびれ部からは竪穴式石槨も確認されている。

正円寺古墳 (5)
墳丘上から見た赤城山(木々でちょっと見づらいが)。

盗掘のため副葬品は見つかっていないが、遺骨が五体確認されたことから「五霊大明神」と呼ばれていた。つまり神社として信仰されていたということ。


前橋市東片貝町の桂萱大塚古墳。

桂萱大塚古墳 (1)
桂萱大塚古墳 (2)
桂萱大塚古墳は全長57mの前方法円墳で、後円部の高さは7m。片貝神社の社殿裏(北側)にあるが、片貝神社や市道などで大きく削られており、後円部の一部が確認できるのみである。(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)
6世紀後半の築造と推定される。

桂萱大塚古墳 (3)
石室は南側に開口している。パッと見、石室には見えない。周りの石は最近の物と思うが、石垣のようになっており、曲がった鉄柵と合わせ排水溝のようだ(笑)。

桂萱大塚古墳 (4)
どうやっても覗けなかったので、適当にカメラを差し込み写真を撮った。大きく写っているは天井石だろうか? だとすれば、石室はほぼ土砂で埋まっている状態。

桂萱大塚古墳 (5)
墳丘上には、月山大神、湯殿山大神、出羽大神、猿田彦大神など多数祀られていた。


高崎市吉井町池の南高原1号古墳。

南高原1号古墳 (1)
南高原1号古墳 (2)
南高原1号古墳 (3)
南高原1号古墳は、元々吉井町神保にあった径17mの円墳。低い基壇を有する二段築成を呈している。周囲に堀を巡らせ、墳丘表面には葺石が残っていた。7世紀の築造と推定される。吉井いしぶみの里公園内に移築・復元されている。

南高原1号古墳 (4)
南高原1号古墳 (5)
石室は南側に開口する横穴式。石室全長は約8mで、石材は牛伏砂岩を用いている。

南高原1号古墳 (6)
南高原1号古墳 (7)
巨大な天井石。

発掘調査時、石室の天井石、奥壁、袖部を除く左右の側壁、羨道の左右側壁が残っていた。


高崎市吉井町池の片山1号古墳。

片山1号古墳 (1)
片山1号古墳 (2)
片山1号古墳は、元々吉井町片山にあった径32.6mの円墳。周囲に巡る堀跡を含めると径約50mの規模を誇る。4世紀末から5世紀初頭の築造と推定される。吉井いしぶみの里公園内に移築・復元されている。

主体部は8.8mの長大な粘土郭が確認されている。粘土郭中からは小型倣製の内行花文鏡の他、縦櫛、鉄剣、鉄鍬、鉄斧、勾玉などが出土している。


高崎市金古町の愛宕山古墳。

金古愛宕山古墳 (1)
金古愛宕山古墳は径約30m、高さ3mの円墳で、古墳時代後期の6世紀末から7世紀前半に築造されたと推定される。

金古愛宕山古墳 (9)
金古愛宕山古墳 (2)
金古愛宕山古墳 (3)
墳丘上には愛宕神社が鎮座している。

金古愛宕山古墳 (4)
石室は南東に開口している。入口付近は左にカーブしており、石積みも含めて後世の手が加わっているようだ。

金古愛宕山古墳 (5)
金古愛宕山古墳 (6)
石室は自然石の乱石積手法を用いた横穴式両袖型で、全長9m、玄室長3.2m、最大幅2.1m、高さ2.3mという規模を誇る。

金古愛宕山古墳 (7)
金古愛宕山古墳 (8)
石室の天井石は巨大。巨石を積上げる技術はすごい。

金古地区北西部の牛池川、染谷川流域には、昭和10年(1935年)の調査で111基の古墳があったと報告されているが、愛宕山古墳はその中で最も保存状態の良いものとして貴重である。


高崎市吉井町馬庭の御穴塚古墳。

御穴塚古墳 (1)
御穴塚古墳 (2)
御穴塚古墳は径約10m、高さ3.4mの円墳である。馬庭飯玉神社の社殿裏(北側)にあり、その社殿により墳丘はかなり削られている。(「高崎市吉井町・馬庭飯玉神社」参照)

御穴塚古墳 (3)
御穴塚古墳 (4)
南側に横穴式石室が開口しているが、羨道などは失われている。奥壁と天井石は巨石を使用している。

御穴塚古墳 (5)
墳丘もかなり削られていると思われ、天井石が露出している。

石室内には葺き替えた(?)飯玉神社の瓦が置かれていた。ちょっとした物置になっている(笑)。


安中市簗瀬の二子塚古墳。

簗瀬二子塚古墳 (1)
簗瀬二子塚古墳は、安中市域に初めて登場した大型前方後円墳で、古墳時代後期初頭(6世紀)の築造と考えられている。現在整備が進んでいるようで、古墳公園風になっている。(もしかして完成済み?)

簗瀬二子塚古墳 (2)
2段築造の前方後円墳で、全長約80m、後円部径約50m、高さ約8m、前方部幅約60m、高さ約7mの規模を誇る。周囲には2重の堀も確認されており、墓域は130mにもなる。

簗瀬二子塚古墳 (3)
簗瀬二子塚古墳 (4)
後円部南側に開口する石室。
天井石に亀裂が入っているため、残念ながら安全面から入れない。扉にボタンがついていて、押すと中の電気が付くようなのだが、扉のガラス部の汚れが酷く、中はまったくと言っていいほど見えない。

簗瀬二子塚古墳 (5)
簗瀬二子塚古墳 (6)
ということで、現地解説版などの写真で、その雰囲気を味わうしかない。石室の全長は11.54m、羨道長7.47m、玄室長4.07m。天上石には秋間石が使用され、碓氷川の河原石が使用されている壁石には赤色顔料(ベンガラ)が塗彩されている。

簗瀬二子塚古墳 (7)
後円部上にある「布多古塚碑」。
明治19年(1886年)に黒田という人物が建てたようなことが書いてあった。

すぐ西にある「簗瀬八幡平の首塚」に来たときは(2012年)、二子塚古墳は竹林に覆われて、素人目には墳丘もよく分からなかったような記憶がある。キレイになったもんだ。


藤岡市岡之郷の胴塚稲荷神社。

胴塚稲荷神社 (1)
胴塚稲荷神社 (2)
天正10年(1582年)の神流川の合戦(織田方・滝川一益と北条氏直・氏邦の戦い)における戦死者の胴体を集めて埋葬したと伝えられることから胴塚稲荷神社という。

胴塚稲荷神社 (3)
社殿の中には「天正10年 神流川合戦戦没者霊位」という位牌が安置されていた。

胴塚稲荷神社 (4)
胴塚稲荷神社が鎮座している場所は、直径14m、高さ2.2mの円墳(胴塚稲荷古墳)上である。かつて直刀や人骨が発見されたとの言い伝えがある。

ここから数百m南には(高崎市新町になる)、戦死者の首を埋葬した首塚八幡宮がある。
(「戦国時代に想いをはせる -神流川の合戦-」参照)

「神流川の合戦碑」や「首塚八幡宮」は2010年に訪問しており、当時胴塚稲荷も併せて訪問したかったんだけど、場所がよく分からず断念していた。今回、藤岡市から新町に向けて車を走らせていたら、民家と民家の間に赤い鳥居がチラッと見え、もしやと思って寄ったら当りだった。

5年も間が空くとは思ってなかった・・・。


高崎市石原町の桜塚古墳。

桜塚古墳 (1)
桜塚古墳 (2)
桜塚古墳は東京農大二高先の鶴辺団地内に残る径21.6m、高さ6.9mの円墳。詳細については発掘調査が行われていないため不明。

桜塚古墳 (4)
墳丘上に彼岸桜の老樹があり、このことから桜塚と呼ばれている。

桜塚古墳 (3)
桜の木の脇に建武5年(1338年)銘の板碑が建っている。以前は、康永2年(1343年)明の板碑もあったが、現在は残っていない。

ところで、建武5年というのは北朝の年号で、南朝は延元3年。建武というと後醍醐天皇(南朝)のイメージだが、後醍醐天皇の建武の新政は2年で崩壊し、天皇は2年で延元に改元した。しかし北朝の光明天皇は5年まで建武を使った(同年暦応に改元)。

後醍醐天皇が武家の力を背景に、北朝の光厳天皇の即位と元号・正慶を無効にしたため北朝も建武を使っていた。後醍醐天皇の方が先に建武をやめてしまったという皮肉。


高崎市鼻高町の少林山薬師塚古墳
少林山達磨寺境内にある。洗心亭のすぐ横。

少林山B号古墳 (1)
少林山B号古墳 (2)
少林山薬師塚古墳は正確には少林山B号古墳という。径15m、高さ3mの円墳で、洗心亭建築時墳丘が削られたようだ。

少林山B号古墳 (3)
少林山B号古墳 (4)
少林山B号古墳 (5)
石室は全長5.6m、奥幅1.65m。内部には薬師如来が安置されている。なので薬師塚。達磨寺の境内案内図に「薬師塚」と書いてあったので、薬師塚古墳と書いたが、オレの勝手な命名かも。

達磨寺の境内には10基以上の古墳があるらしいが、オレのような素人にはB号古墳くらいしか分からなかった。「これ古墳かなぁ~?」と感じた場所はけっこうあったけど・・・。


高崎市鼻高町の少林山天頭塚古墳。

少林山天頭塚古墳 (1)
少林山天頭塚古墳は正確には少林山2号古墳という。

少林山達磨寺の裏山というか南側というかは、地すべりが多発したためその対策工事が行われ、工事区域に多数の古墳が確認されている。その中でも保存状態が良好で、学術的価値が高いと判断された2号古墳が達磨寺本堂南側に移築・復元されている。

少林山天頭塚古墳 (2)
天頭塚古墳は径25.6m、高さ12mの円墳。墳丘の裾は平らな面となっており、円筒埴輪や人物・太刀などの形象埴輪が並べられていた。葺き石は山石を使って墳丘前面に貼り付けている。

少林山天頭塚古墳 (3)
石室は全長6.2mで、平面形は奥より入口部が狭い羽子板状になっている。床には小さな石を敷き詰めている。ガラス製の小玉や金銅製の耳かざりなどの副葬品が出土している。

奥壁に地蔵菩薩が彫られており、線の特徴等から室町時代明応期(1492~1500年)に刻まれたものである。ということだが、よく分からなかった。


高崎市八幡原町の八幡原A号及びB号石槨。

八幡原A号B号石槨 (1)
この石槨は若宮古墳群(烏川と井野川の合流地点左岸部に分布)の発掘調査時(昭和49年:1974年)に発見された。若宮古墳群の15号墳の主体部がA号・B号石槨。15号墳は直径約10.3mの円墳で、5世紀中頃から後半の築造と推定される。

若宮古墳群は、古墳が非常に密集して築造されているのが特徴で、17基の古墳と26基の石槨が確認されている。

八幡原A号B号石槨 (2)
フェンスで囲まれた内部を覗くと、枯草で覆われ何も見えない。何となく、いくつかの「石」がうっすら見えたが、石槨を確認することはできず。

八幡原A号B号石槨 (3)
高崎市のHPから。
こんな感じで石槨が2つ並んでいるようだ。A号石槨は長さ167cm、幅28cm、B号石槨は長さ150cm、幅26cmなので、夫婦が埋葬されたものかも。

副葬品としてA号石槨から鉄剣2本、鉄製刀子1本、B号石槨からは鉄剣1本、鉄製太刀1本が出土している。


高崎市剣崎町の剣崎長瀞西古墳。

剣崎長瀞西古墳 (1)
剣崎長瀞西古墳 (2)
剣崎長瀞西古墳は八幡台地に造られた径30m、高さ5mの帆立貝式古墳である。1段目のテラス外周には円筒埴輪が巡っていた。このテラス部は南側で広くなっている。5世紀後半の築造と推定される。

古墳一帯は剣崎長瀞西遺跡と呼ばれ、垂飾付耳飾、鉄製轡、韓式系土器など56点が出土している。

剣崎長瀞西古墳 (4)
剣崎長瀞西古墳以外は埋め戻されてしまっており遺跡の面影はないが、古墳時代中期から後期の古墳が20数基見つかっている。

また、朝鮮半島系の土器や朝鮮半島製と考えられる国内では最古級の馬具なども発見されており、当時の朝鮮半島とのつながりを示す遺跡である。古墳時代の渡来人が住んだ村であると考えられている。


佐波郡玉村町福島の玉村町15号墳。

玉村15号古墳 (1)
玉村町15号墳は、もともと同町角渕の玉村ゴルフ場近くにあったが、調査後中央公民館に石室が移築復元されていた。しかし中央公民館が取り壊され、現在は玉村町文化センターに移築されている。

玉村15号古墳 (2)
玉村15号古墳 (3)
石室は榛名山二ツ岳から噴出した角閃石安山岩を互目積みした無袖形横穴式で総長は5.5m(玄室長3.3m、羨道長2.4m)。また、四隅には1石をL字状に成形して組み込むなど、高度な技術も用いられている。

玉村町には150基ほど古墳があったと推定されているが、昭和30年(1955年)以降の土地改良事業などにより、そのほとんどが失われてしまっている。


甘楽郡甘楽町福島の天王塚古墳。

天王塚古墳 (1)
天王塚古墳は神明塚とも呼ばれ、全長76mの前方後円墳で、5世紀初頭の築造と推定され、鏑川流域に分布する前方後円墳の中では1番古いものである。

前方部幅39m、高さ7.5m、後円部径約50m、高さ10mで、後円部が前方部より高くなっている。

天王塚古墳 (2)
後円部には舞台のような建物があった。何??

天王塚古墳は彦狭島王の墓という伝承がある。彦狭島王は豊城入彦命の孫。豊城入彦命は崇神天皇の第1皇子で、東国を平定し毛野氏の祖といわれる人物。(彦狭島王は上毛野氏の祖といわれる)

彦狭島王の墓との伝承がある古墳には、三島塚古墳や将軍塚古墳などがある。
 「彦狭島王の墳墓? -三島塚古墳-
 「彦狭島王の墳墓? その2 -将軍塚古墳-


富岡市田篠のしの塚古墳。

田篠しの塚古墳 (1)
田篠しの塚古墳 (2)
田篠しの塚古墳は現在地から100mほど南西にあったが、国道254号バイパス工事に伴い当地に移築復元されている。もともとは直径19m以上の円墳であったが、移築復元する際、直径14mに縮小されている。

中は盛り土だが表面全体に平たい石を貼った造りになっている。7世紀頃の築造と推定される。

田篠しの塚古墳 (3)
田篠しの塚古墳 (4)
石室はもとのまま復元されている。玄室は幅2m、長さ4.4m、高さ2mで、羨道を含めると7.8mになる。天井石は既になかったが、壁の石は砂岩、結晶片岩、安山岩などで組まれており、一番大きいものは3.7トンの重さがある。

田篠しの塚古墳 (5)
石室からは人の歯や耳飾りが複数発掘されており、5人以上の遺体が納められていたと考えられ、当時の有力氏族の家族墓と推定される。

国道254号バイパスの工事では、他に6基の古墳も発掘調査されたが、しの塚古墳以外は調査後に壊されている。もったいない。


太田市世良田町の長楽寺遺跡1号墳跡。

長楽寺遺跡1号墳跡 (1)
長楽寺遺跡1号墳跡 (2)
長楽寺遺跡1号墳は、現在の新田荘歴史資料館正面玄関前にあった径18mの円墳。盛り土は失われていたため高さは不明。現在は石槨の位置を示す形が残っているだけ。

石槨はローム層を掘りこんで、凝灰岩を側壁・天井石に使い、側壁の周りを河原石で覆い、さらに全体を粘土で覆っていた。

長楽寺遺跡は、新田荘歴史資料館の前身である東毛歴史資料館建設に伴う発掘により、古墳時代の住居跡30軒、古墳5基などが見つかっている。

関連
 「期待はずれでした -新田荘歴史資料館-


伊勢崎市本関町の一ノ関古墳。

一ノ関古墳 (1)
一ノ関古墳 (2)
一ノ関古墳 (3)
一ノ関古墳は前方後円墳で、脇を流れる粕川の侵食により前方部の大半を削り取られている。現存する墳丘は全長約28mだが、失われた前方部を合わせると、およそ50mの古墳であったと推定される。

後円部には横穴式石室が造られていて、南側に開口している。墳丘からは家形埴輪や円筒埴輪が、また前庭付近からは須恵器の高坏なども出土している。築造年代は石室の構造や出土遺物から、6世紀後半と考えられる。

一ノ関古墳 (4)
一ノ関古墳 (5)
一ノ関古墳 (6)
石室は両袖型の横穴式石室で、全長は約6m、奥壁部の幅は約1.5m、高さは約2m。石材には輝石安山岩の割石を使い、奥壁には巨大な石を使用している。

粕川に浸食され、形状は無残な状態だが、平成17年(2005年)までに史跡公園として整備されている。


伊勢崎市西久保町の赤堀歴史民俗資料館前庭に移築保存されている台所山古墳の石棺。

台所山古墳 (1)
この石棺は昭和46年(1971年)に華蔵寺公園北の波志江町内の台所山古墳から出土し、市立北小に移されていたが現在は赤堀歴史民俗資料館の前庭に移設復元されている。

石棺は板状の石を組み合わせて作られている箱式石棺で、凝灰岩でできている。6世紀前半の製造と推定される。石棺発見時には、すでに古墳の墳丘はなく桑畑になっていた。なので、正確には台所山古墳から出土したという表現はニュアンスがちょっと違う。古墳名は後付け。

台所山古墳 (2)
歴史民俗資料館の前庭に移築復元と言っても「とりあえず」感がありあり。(写真の左下、鎖で囲まれているところがそれ)
資料館を訪れる大部分の人が、間違いなく通り過ぎるだろう。


富岡市一ノ宮の堂山稲荷古墳。

堂山稲荷古墳 (1)
堂山稲荷古墳 (2)
堂山稲荷古墳は全長約50mの前方後円墳。すぐ脇を通っている上信電鉄の線路で削平されていたり、梅の植林や公園化のため変形をしているが、前方部幅38m、高さ5.5m、後円部径30m、高さ6.5mの規模となっている。築造年代は6世紀頃と推定される。

平成2年(1990年)の発掘調査で、墳丘の北側に2重の周堀が確認されている。また、墳丘面には葺石や埴輪も確認されており、埴輪については円筒埴輪以外に器材や人物などの形象埴輪も存在している。

堂山稲荷古墳 (3)
堂山稲荷古墳 (4)
墳丘上には堂山稲荷神社が鎮座している。

一ノ宮地区は鏑川の段丘にあたり、数多くの古墳が点在しているが、原型を留めているものは少ない。堂山稲荷古墳はその中でも保存状態が良く、貴重な存在である。


佐波郡玉村町下茂木の梨ノ木山古墳。

梨ノ木古墳 (1)
梨ノ木古墳 (2)
梨ノ木古墳 (3)
梨ノ木山古墳は二段築造の円墳として残存しているが、もともとは前方後円墳であったと推測されている。南北42m、東西45m、高さ7mで、5世紀後半の築造と推定される。

梨ノ木古墳 (4)
昭和41年(1966年)の発掘では、二重の堀をめぐらせた広大な古墳であることが分かり、滑石製模造品、円筒埴輪破片等が出土している。軍配山古墳と並んで、地方の支配者の墓と推定される。(軍配山古墳は「滝川一益も見た風景 -軍配山古墳-」参照)

田園風景の中にあるので、非常に見つけ易い古墳(軍配山古墳も)。玉村ゴルフ場のすぐ北にあり、駐車場からよく見える。以前はよく玉村ゴルフ場に行っていたが、気づきもしなかった・・・。


太田市龍舞町の塚廻り古墳群第4号古墳。

塚廻り古墳群4号古墳 (1)
塚廻り古墳群4号古墳 (2)
塚廻り古墳群は昭和52年(1977年)の土地改良事業の際、水田の下から発見された7基の古墳群。4号古墳は全長22.5m、円丘部直径17.7mの帆立貝形古墳で、周囲に幅4.5mの堀を持つ。築造は6世紀中頃と推定されている。

主体部は円丘部中央と北側裾部の2ヶ所あり、裾部からは小型の石棺が発見されている。

塚廻り古墳群4号古墳 (3)
塚廻り古墳群4号古墳 (4)
円丘部からは円筒埴輪や形象埴輪など計304基の埴輪が出土し、その優れた造形と出土位置がほぼ明確で、埴輪祭式の様子を解明する上で高い価値を有していることから、出土した埴輪は一括して国の重文に指定されている。

現在、古墳公園として復元・整備され、公開されている。

案内板に従って細い道に入って行ったんだけど、目に見える風景は田んぼばっかり。古墳というと「こんもり」というイメージがあるので、どこにあるの?って感じだった。


邑楽郡千代田町赤岩の米頂山安楽寺。

明和町・安楽寺 (1)
安楽寺は、奈良時代に行基がこの地を訪れ、庵を結んだことが始まりと伝えられる。行基は奈良・東大寺の大仏建立の実質上の責任者として有名。

徳治元年(1306年)広円明鑑の開山。この時期に寺として整備されたのだと思う。なお、このときは医王山龍泉寺(臨済宗)。その後荒廃したが、寛永7年(1630年)国厳本策和尚により中興、曹洞宗・米頂山安楽寺とした。

明和町・安楽寺 (2)
明和町・安楽寺 (3)
本堂は元文3年(1738年)の建立の記録が残る。現在の本堂かは分からない。

米山薬師古墳 (1)
米山薬師古墳 (2)
安楽寺の境内には米山薬師古墳がある。直系30m、高さ8mの円墳で、6世紀後半の築造と推定される。石室は横穴式、石材は浮石室紡錘状角栓閃石安山岩であることが確認されているが、出土品は残されていない。

米山薬師古墳 (3)
墳丘上に薬師堂があるため米山薬師古墳と呼ばれている。米山は安楽寺の山号・米頂と関連がありそうだが不明。

千代田町の偉人・増田市八の墓があると千代田町のHPにあったので、墓地を探してみたが、増田家という立派な墓石が多数あり、結局分からず。ちなみに、増田市八は明治期に永楽村村長や邑楽郡会議員を務めた名士らしい。


前橋市堀越町の堀越古墳。

堀越古墳 (1)
堀越古墳 (2)
堀越古墳は傾斜地の中腹に構築された山寄せの円墳で、墳丘径25m、幅2.5mの周堀が南半分に半周している。7世紀末から8世紀初頭の築造と推定される。

堀越古墳 (3)
石室は南向きに開口している。石室の前には、台形に広がる前庭部が造られている。

堀越古墳 (4)
堀越古墳 (5)
石室は全長6.8mで、羨道は長さ3.4m、幅0.8m。玄門に截石の梱石が置かれている。玄室は長さ3.1m、幅1.9m。安山岩を四角く加工し、大きさが合わない所はさらに組合わさるように削っている。

明治2年(1869年)に発掘され、小刀などの出土品があったと伝えられているが、現存していない。

周りは住宅地になっており、道路などのためにかなり削られている。

↑このページのトップヘ