上州まったり紀行

Tigerdream が群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などを紹介するブログ

カテゴリ: 群馬の石仏・宝塔・板碑・塔婆


伊勢崎市間野谷(あいのや)町の石造層塔。

間野谷の石造層塔 (1)
間野谷の石造層塔は凝灰岩製で、総高175cmの4重の塔である。造立年代は、その特徴から鎌倉時代と推定される。

間野谷の石造層塔 (2)
一般的に層塔は3重や5重のように奇数の場合が多く、4重という偶数の層塔は珍しい。奇数は割り切れないことから「無限」を表すといわれるため、この層塔も当初は5重であったのではないかと思う。

上部には相輪が乗っていたと思われるが、現在は五輪塔の空輪、風輪が転用されている。なお、基礎部などには格狭間・種子・仏像などは見られない。

石造層塔は、もとは間野谷共同墓地内にあったが、平成28年(2016年)の保存修理事業に伴い現在地へ移転された。

ちなみに、藤原秀郷(俵藤太)の3男・千国が、秀郷の供養のため造立したとのいわれもあるようだ。秀郷の供養塔とされる五輪塔が、同じ旧赤堀町の宝珠寺にある。これも3男・千国の造立とされる。(「藤原秀郷(俵藤太)の供養塔 -宝珠寺-」参照)


伊勢崎市波志江町の新宿(あらじゅく)の変型板碑。

新宿の変形板碑 (1)
新宿の変型板碑は高さ93cm、厚さ30.5cmで、頂部は山形をしており縁部には約4cmの縁取りが施されている。明応2年(1493年)の造立銘がある。周りの石囲いは文政10年(1827年)に造られている。

新宿の変形板碑 (2)
塔身は安山岩製で、中央に大日如来を表す種子(梵字)と円形に近い蓮華座が刻まれている。

地元では大正寺跡と呼ばれている場所なので、もともとは大正寺というお寺があったらしい。板碑の北側には、道を挟んで墓地がある。


伊勢崎市波志江町の岡屋敷の阿弥陀三尊石仏。

岡屋敷の阿弥陀三尊石仏 (1)
岡屋敷の阿弥陀三尊石仏 (2)
岡屋敷の弥陀三尊石仏は、凝灰岩製で総高96cm。舟形光背の正面に阿弥陀如来坐、両側に勢至菩薩、観音菩薩の脇侍を配する。紀年銘はないが、石材や彫刻の手法から鎌倉時代末(14世紀初頭)の造立と推定される。

伊勢崎市内では、上植木本町の建長石仏に次ぐ時期の石仏である。
(建長石仏は「伊勢崎・上植木の建長石仏」参照)

造立年代を考えると、原形を非常によくとどめている。このことから古くから屋内(覆屋)に安置されてきたと考えられる。当地での浄土信仰の普及を示すものである。


伊勢崎市大正寺町の大聖寺墓地の宝篋印塔。

大聖寺墓地の宝篋印塔 (1)
大聖寺墓地の宝篋印塔 (2)
明治初年に廃寺となった大聖寺の墓地に宝篋印塔群がある。その内、写真右の2基が伊勢崎市の重文になっている。

2基とも総高190cmで、基礎の輪郭が2区に分けられ、それぞれに格狭間が彫られている関東型と呼ばれる形式。年代を示す銘はないが、その特徴(複弁の反花や隅飾突起など)から南北朝期のものと考えられる。


高崎市吉井町多比良の石造薬師如来坐像。

西深沢の薬師如来坐像 (1)
西深沢の薬師如来坐像 (2)
多比良地区西深沢の墓地内に石造薬師如来坐像が2体安置されている。どちらも牛伏砂岩製で、その特徴から南北朝期の作と考えられている。

向かって左像は、総高78.5cm、像高47.5cm。左手に薬壺を持ち、膝の張りが大きく蓮座は薄い。右像は総高65cm、像高45cm。左像同様、左手に薬壺を持ち膝張りは大きい。光背の一部が欠損している。

実はこの墓地に親戚のお墓がり、子どものころお墓参りに来た記憶がある。上信越自動車道開通時(平成5年:1993年)、一部用地として転用され狭くなっており、昔の記憶と違っている。当然、石仏のことなど子ども心にはまったく残っていない。


高崎市吉井町多比良の多比良神社。

多比良神社 (1)
多比良神社 (2)
多比良神社は永禄年間(1558~70年)に新堀(多比良)城主・多比良豊後守友定が諏訪神社を勧請したことに始まる。大正8年(1919年)に阿夫利神社、粟島神社などを合祀し多比良神社と改称。

新堀城は永禄6年(1563年)の武田信玄の西上州侵攻の際に落城し、多比良友定は自刃したといわれているので、多比良神社の創建は永禄年間前半と思われる。

多比良神社 (3)
多比良神社 (4)
社殿は明治期に建立されたが、平成14年(2002年)に改築されている。

多比良神社 (7)
「忘れん 降雹災害之碑」。平成7年(1995年)の建碑とあったので、最近のものだ。

平成6年(1994年)9月に、多比良・多胡・安坪地区を中心に玉子大の雹と暴風雨により、田畑・桑園だけでなく家屋にも甚大な被害がでた。また、被害総額3億5000万に対し救済費がわずか190万だったことの両方を「忘れん」ということらしい。

多比良神社 (8)
社殿裏の双体道祖神。

多比良神社 (5)
多比良神社 (6)
境内の非板状の塔婆(板碑)。総高101cm、幅41cm、厚さ27cmで、牛伏砂岩製。上部に二条線、碑面に枠線を有し、阿弥陀如来を示す種子が彫られている。鎌倉時代・建治2年(1276年)の銘がある。

吾妻鏡に多比良小次郎の名が見えることなどから、多比良氏が当時からこの地に勢力をはり、板碑の建碑にも関係していると考えることもできる。


高崎市町屋町と高崎市楽間町の宝塔。

町屋の宝塔
町屋の宝塔は高さ230cm、幅62cmと比較的大型の宝塔。安山岩製でその塔身は壺型をしている。一般に赤城塔と呼ばれる宝塔。永享11年(1439年)の銘がある。

町屋の宝塔は宝福寺参道の町屋公民館脇にある。気づかないで境内から墓地まで行ってしまった。

楽間の宝塔
町屋町から烏川を挟んで北東にあたる楽間町の宝塔。3基の宝塔はいずれも高さ160cmほどで、塔身が短く下部が細くなる壺型(半球形)をしている。向かって左から永享9年(1437年)、嘉吉3年(1443年)、正長3年(1430年)の銘がある。

楽間の宝塔は、元々近くの笹藪の中にあったが、現在は井野家の墓地内に移されている。

町屋・楽間の宝塔は、いずれも同年代(室町時代)の造立で、当地一帯(烏川の両岸)に真言密教と結びついた榛名山信仰の影響があったと考えられる。


藤岡市上日野の実大山養浩院。

養浩院 (1)
養浩院は永正年間(1504~21年)酒井氏の開基。埼玉県児玉郡の大興寺・章室祖文の開山。酒井氏は地元の郷氏だったが、現在は絶家している。

養浩院 (2)
山門(鐘楼門)への石段は急すぎて怖い。写真は上から撮ったが、ほぼ垂直(まあ言い過ぎだけど)。それくらいに感じる。

養浩院 (3)
石段横の地蔵菩薩像は文化7年(1810年)の建像。

養浩院 (4)
お地蔵さまの隣には松尾芭蕉の句碑がある。「志ばらくは 花のうえなる 月夜かな」。明治3年(1870年)に当地の俳人たちが芭蕉の墓に参詣し、金2円を寄進して墓土をもらい受け、明治5年(1872年)に俳塚の形式で建立したもの。

養浩院 (5)
養浩院 (6)
享和3年(1803年)鋳造の梵鐘は先の大戦時に供出。近年鋳型の一部が発見され、それを元に昭和49年(1974年)に再鋳造されている。

養浩院 (7)
養浩院 (8)
本堂は天保年間(1831~45年)の建立。明治期に小学校校舎として利用されている。明治42年(1909年)以降、数度の渡り改修が行われている。

鐘楼門から本堂までの距離が短く、どうやっても本堂の全景写真が撮れなかった・・・。

養浩院 (9)
養浩院 (10)
弘法大師石像。

養浩院 (11)
養浩院 (12)
子育て地蔵(左)と水子地蔵(右)。

養浩院 (13)
養浩院 (14)
養浩院は県道71号線から少し山側に入るが、入口に六地蔵がある。県道にかかる小さな橋は「六地蔵橋」というらしい。

養浩院には明治40年(1907年)に陸軍大将・寺内正毅が奉納した砲弾4個(日露戦争紀年)が宝物として遺されている。奉納の経緯は分からない。


伊勢崎市東小保方町の頼光塚。

頼光塚 (1)
頼光塚は鎌倉後期から南北朝期の造立と推定される凝灰岩製の笠塔婆。笠石はなく、形状も後世の改変加えられている部分がある。

頼光塚 (2)
総高70cmで、薄肉彫りの蓮華座に乗る如来が刻まれている。斜めに大きく割れており、これにまつわる伝承が残されている。

「昔、この塚の脇の道に馬に乗った武者が毎晩現れ、通行人を脅かしていた。ある晩、松島利太夫というものがここへ来て武者の現れるのを待った。しばらくすると武者が現れたので、利太夫は太刀をひらめかせて斬りかかり、武者を斬り捨てた。それきり音もなく武者の姿は消えていた。翌朝になると、そこにはひとつの斬られた石だけが残っていた」

少し離れて見ると盛土になっているので、元々「頼光塚」は墓の名称だったのではないかと思う。つまり笠塔婆は墓標的な意味合い。それがいつの頃からか、笠塔婆を頼光塚と呼ぶようになった(勝手な推定)。

個人的には「頼光塚の上に建つ割れた笠塔婆」だと思うが、どうだろう。


伊勢崎市上植木本町の建長石仏。

上植木の建長石仏 (1)
上植木の建長石仏 (2)
凝灰岩製の石仏2体で、写真向かって右側の石仏には鎌倉時代中期の建長3年(1251年)の銘がある。2体とも長年の風雨により摩耗・損傷が激しい。

上植木の建長石仏 (3)
右の石仏は総高75cm、幅45cm、厚さ26cm。舟形の光背に半肉彫りで中尊と4体の脇侍を刻む一光五尊像。と言っても摩耗により合掌坐像の如来(?)と言うことくらいしか分からない。

上植木の建長石仏 (4)
左の石仏は一回り小さいが、右側の石仏と構図が異なる以外は同様の形態である。尊像は頭光を持つ阿弥陀如来像と推定され、右側に俗体と思われる像が彫られている。

当地には11世紀ころまで上植木寺という本格的な古代寺院があったことが判明しており、建長石仏はその寺院との関連性もあるのではと思ってしまう。

ところで、覆屋は風雨が入らないよう完全に覆った方がいいと思う。現状のままだと、風化・劣化がますます進んでしまうと危惧する。

上植木のサカキ (1)
上植木のサカキ (2)
石仏を探してウロウロしていたときに見つけた「上植木のサカキ」。上植木とついているが、住所は本関町。

上植木のサカキは個人宅内にあり、樹高10m、目通り0.8m、根元周り3m、枝張り東西約8m、南北約7mで、樹齢は約300年と推定される。サカキは成育の悪い樹木であり、このように大きくなるのは珍しいといわれる。


藤岡市三波川の子育日切地蔵尊。

三波川 子育日切地蔵 (1)
三波川子育日切地蔵尊の建像年などは不詳だが、古くから子どもを病気などから護り、日限(期限)を切ってお願いすると全快するといわれる。

三波川 子育日切地蔵 (2)
三波川 子育日切地蔵 (3)
地蔵尊は地域の方々が奉納した(と思われる)様々なものを身につけ、石の部分はお顔の一部しか見えない。

三波川 子育日切地蔵 (4)
三波川 子育日切地蔵 (5)
三波川 子育日切地蔵 (6)
庚申塔が多く並んでいる。奥には青面金剛像もあった。

石碑には子どもの夜泣き・かんの虫・夜尿症などから、大人の頭痛・腹痛・肩痛・腰痛などへの効能も書かれていた。さらには、交通安全・無病息災などの諸願が成就するともあり、地域の護り神的な存在のようだ。


藤岡市保美濃山(ほみのやま)の抜鉾神社。

保美濃山抜鉾神社 (1)
保美濃山抜鉾神社 (2)
保美濃山抜鉾神社 (3)
保美濃山抜鉾神社の創建は不詳だが、貫前神社(抜鉾神社)から経津主命の分霊を勧請したものと思う。

保美濃山抜鉾神社 (4)
保美濃山抜鉾神社 (5)
下久保ダムのダム湖・神流湖の岬のような丘上に社殿は建っている。拝殿は正面の軒唐破風の兎の毛通しの裏に、神山和泉守が文政11年(1828年)に建立した旨の墨書銘がある。神山和泉守については分からない。

保美濃山抜鉾神社 (6)
保美濃山抜鉾神社 (7)
拝殿内には絵馬が多数奉納されている。いずれも明治期のもの。

保美濃山抜鉾神社 (8)
保美濃山抜鉾神社 (9)
本殿覆屋の彫刻は、鶴に乗る王子喬仙人と鯉の乗る琴高仙人だろうか。いずれも周(中国)の時代の人とされる。

保美濃山抜鉾神社 (10)
保美濃山抜鉾神社 (11)
境内に敷石住居跡らしき遺構があった。旧鬼石町の文化財を示す標識があった(石棒とある)が、合併後の藤岡市の文化財一覧には見当たらない。石棒自体も見当たらなかった。

ちなみに、御荷鉾山の鬼が投げたという石棒(投石峠のもの)を、村人が担いできて祀ったとの伝説が残っている。「鬼が投げた石」は旧鬼石町(現藤岡市鬼石地区)の名前の由来とされる。(「鬼が投げた石 -鬼石神社-」参照)

保美濃山抜鉾神社 (12)
保美濃山抜鉾神社 (13)
保美濃山抜鉾神社 (14)
南側参道に貞治(1362~67年))、康応(1389年のみ)銘の板碑が2基ある。貞治・康応のいずれも南北朝期の北朝側の元号。その他、無銘の板碑も4基ある。

保美濃山抜鉾神社 (15)
保美濃山抜鉾神社 (16)
昭和43年(1968年)建立の「水没の碑」。揮毫は時の首相・佐藤栄作。昭和43年に完成した下久保ダム・神流湖により、保美濃山地区の大半は水没している。境内から水を湛えた神流湖が見通せる。

上記の板碑も水没地域から抜鉾神社参道へ移転されたものである。



高崎市吉井町黒熊の黒熊山延命寺。

延命寺 (1)
延命地は文禄元年(1592年)の創建と伝わる。

延命寺 (2)
慶長元年(1596年)に焼失、翌年順慶法師が再建している。室町時代の作とされる一木彫りの勢至菩薩像(像高37cm)がある。本尊は薬師如来なので、阿弥陀三尊の脇侍と思われる勢至菩薩像は、もともと別寺のものか。

延命寺 (3)
延命寺 (4)
延命寺 (5)
墓地の宝篋印塔と五輪塔。宝篋印塔のひとつには元文3年(1738年)の紀年名が読み取れた。

延命寺 (6)
明治7年(1874年)には黒熊小学校(現入野小)が置かれた。現在も境内にブランコや滑り台などの遊具が設置されている。

延命寺の院号は地蔵院と言い、境内に地蔵菩薩を祀る地蔵堂があるとのことだったが、それらしきお堂は見あたらなかった。見逃したかな。


高崎市西横手町の宝篋印塔。

明徳の宝篋印塔
宝篋印塔は明治5年(1872年)に廃寺となった西福寺跡にあり、明徳元年(1390年)の銘がある。明徳は北朝の元号。

高さ2.9mと県内でも最大級の大きさで、笠が2つある二重式宝篋印塔、あるいは須弥壇式宝篋印塔と呼ばれる形をしている。この形は、群馬県と埼玉県北部にのみ分布する特殊な形式である。


高崎市八幡原町の八幡山円福寺。院号は頼朝院。

円福寺 (1)
円福寺は江戸時代初期に円光寺と長福寺が合併し円福寺となっている。合併開基の乗慶法印の入寂は慶安4年(1651年)。

前回の「八幡原若宮八幡宮」でも書いたが(「源頼朝の創建? -八幡原若宮八幡宮-」参照)、源頼朝が浅間山麓での巻き狩りからの帰途に病にかかり、当地を鎌倉になぞらえた土地にすれば病は治ると占いで出たため、八幡宮を勧請したら快癒したとされる。病に伏せった頼朝が休んだのが長福寺といわれる。浅間の巻き狩りは建久4年(1193年)なので、長福寺の創建はそれ以前となる。

円福寺 (2)
本堂は昭和4年(1929年)に火災で焼失、昭和13年(1938年)に再建されている。

円福寺 (3)
殿鐘には「西上州八幡山頼朝院長福寺願主法印乗舜」の銘がある。長福寺が八幡山頼朝院で、そのまま円福寺に引き継がれたことが分かる。

円福寺 (4)
円福寺 (5)
境内は庭園風に整備されており、一部の木には雪吊が施されている。まあ、この辺では余り雪は降らないと思うけど。

円福寺 (6)
境内の宝塔。享保15年(1718年)の銘があった。

円福寺 (7)
本堂裏には小さい円墳が残されている。

円福寺 (8)
円福寺 (9)
円福寺 (10)
円墳上には観音堂がある。観音様のいわれは分からないようだ。

円福寺 (11)
観音堂への石段脇には、多数の石仏が並んでいた。

明治末までは八幡原に「頼朝塚」と呼ばれる高さ4~5mの丘陵があり、丘上には古碑が建っていたという。その後、開墾され畑になったので碑は円福寺に移されている。と言うことなので探してみたが、見つからなかった。当時、既に碑文は読めないほど風化していたというので、見つけても読めないから分からないか。


渋川市白井の金光山玄棟院春日寺。

玄棟院 (1)
玄棟院は天正3年(1575年)白井城主・長尾憲景が開基、雙林寺10世・操芝英旭禅師の開山。寺名は憲景の法名・梁雄玄棟院殿から。

玄棟院 (2)
玄棟院 (3)
本堂と庫裏が合体したような造りになっている。本堂部分は平成24年(2012年)、庫裏部分は平成16年(2004年)に大改修が行われている。

玄棟院 (4)
玄棟院 (5)
鐘楼は昭和58年(1983年)の建立。

玄棟院 (6)
本堂脇の閻魔大王は、長尾憲景の護持仏と伝えられる。

玄棟院 (7)
玄棟院 (8)
玄棟院 (9)
境内の山水庭園はきれいに整備されており、池には立派な錦鯉がわんさと泳いでいる。ところで、長尾憲景の築園とされる「信玄造り」といわれる枯山水庭園があるということだが、どこにあるのだろう。

玄棟院 (10)
玄棟院 (11)
探してみると、本堂裏にこぢんまりとした枯山水庭園があった。これが長尾憲景築園の庭園なのかは不明。

玄棟院 (12)
玄棟院は高台にあるため、吾妻川や市街地を下に、背景には榛名山という素晴らしい景色が見られる。


吾妻郡東吾妻町岩井の背高地蔵。

岩井の背高地蔵
岩井の背高地蔵は、正徳5年(1715年)岩井村山根の田中八兵衛・十兵衛が中心となって建立された。地蔵尊は高さ2.5mで、台座も含めると4.1m。

田中八兵衛・十兵衛のことはよく分からないが、岩井の分限者とされる。分限者は簡単に言えばお金持ち。

昭和47年(1972年)に県道拡張のため道の反対側から移転している。現在は十字路になっているが、当時は岩井から中之条への渡船場道と、金井・川戸方面へと渋川方面への三本辻であった。昔も現在も往来する人々の安全と住民の安寧を願い見守っている。

地蔵尊が建っているところは道端で、しかも2m位の高台となっており、非常に目立つ。見守っているという表現がぴったりの場所である。


吾妻郡東吾妻町岡崎の柏原の宝篋印塔。

柏原の宝篋印塔 (1)
柏原の宝篋印塔は台座を含めると4mくらいあり、塔部分でも3m以上ある大型の宝塔。ただ、見た目の情報以外は何もない。

当地に解説板もなく、東吾妻町のHPにも解説が載っていない。また、東吾妻町の重文であることを示す標柱も折れていた(悲)。

柏原の宝篋印塔 (2)
横に石仏や仏塔などが並んでいる。

立派な宝塔だけに、由緒などを知りたかったなぁ。


渋川市有馬の慈眼山神宮寺。

神宮寺 (1)
神宮寺 (2)
神宮寺 (3)
神宮寺は寛弘年間(1004~11年)の開創と伝わる。山門は昭和63年(1988年)の新築。

神宮寺 (4)
本堂は享保11年(1726年)に焼失したが、享保19年(1734年)に再建。以降改修を重ねた後、昭和56年(1981年)大改修を行っている。

神宮寺 (5)
神宮寺 (6)
聖観音を祀る観音堂。聖観音は恵心僧都の作といわれる。謂れは不明。なお、富岡市の寿福寺にも恵心僧都作といわれる十一面観音像がある。
(「恵心僧都作の十一面観音像 -寿福寺-」参照)

神宮寺 (7)
神宮寺 (8)
観音堂前のふれ愛観音。金ピカな観音様。軒に掛かっている、同じく金ピカの三鐘とセットなのかな。どうでもいい話だけど、中学の同級生(女の子)にすっごい似てるんだなぁ。

神宮寺 (9)
山門脇の大日如来坐像。元禄15年(1702年)の造像。有馬地区内に鎮座していたが、明治の初めに山中に遷され、昭和に入ってから神宮寺に遷っている。

神宮寺 (10)
観音堂となりのとげぬき薬師。とげぬき薬師石仏は室町時代の作といわれ、滝沢川の氾濫時に水澤方面から流れ着いたと言い伝えられている。大正3年(1914年)に神宮寺に遷されている。でも、どの石仏が肝心の薬師如来像か分からなかった。


渋川市北橘町小室の宝篋印塔。

井上家墓地の宝篋印塔 (1)
井上家の古い墓地に、五輪塔や板碑など中世の石造物がまとまっている。

井上家墓地の宝篋印塔 (2)
井上家墓地の宝篋印塔 (3)
その中に応永15年(1408年)銘のある宝篋印塔がある。高さ99.5cmだが、中央の石質が違うように見えるので、数多くあったものから整理し1基にしたと思われる。他の五輪塔なども同様ではないか。

但し、笠の部分の耳状突起の反りや相輪の形状などは、室町時代の特徴をよく表している。

井上家墓地の宝篋印塔 (4)
双体道祖神も2基ある。こちらは年代的にはもっと新しい。

当該宝篋印塔の由緒などは不明であるが、かつて当地に寺院があったといわれている。


高崎市上里見町の橋場の地蔵尊。

上里見橋場の地蔵尊 (1)
上里見橋場の地蔵尊 (2)
橋場の地蔵尊(坐像)は宝暦14年(1764年)の建立で、総高は210cmの大きさ。傍らにある同型像が破損したため、再建されたようだ。信州高遠の石工の作で、旧榛名町内で最大規模を誇る。

当地は旧榛名街道の渡河点があったところ(だから「橋場」)で、草津信州道と榛名街道の分岐点にあたる。往来の旅人の安全を祈願して建立されたと考えられる。


高崎市山名町の山ノ上地蔵尊。

山ノ上地蔵尊 (1)
山ノ上地蔵尊の由緒は不明だが、「お陰地蔵」の異名がある。地蔵堂(?)は平成4年(1992年)に地元の方々の寄進により建立されている。手前にぶら下がっているのは、空き缶で作った風鈴みたいなもの。

山ノ上地蔵尊 (2)
地蔵尊は高さ1.5mほどの坐像。現在も地域の見守り地蔵として敬愛されている。

最初の写真の堂外右にあるのは「百万遍供養塔」で、享保年間(1716~36年)の建立。当地に疫病が流行した際、同じく山名町の光台寺から大数珠を借りて三日三晩念仏を唱えると、疫病は退散したという。


高崎市山名町の来迎阿弥陀画像板碑。

来迎阿弥陀画像板碑 (1)
来迎阿弥陀画像板碑 (2)
板碑は祠のような覆屋内にあり、厳重に鍵が掛けられていて見ることはできない。

来迎阿弥陀画像板碑 (3)
解説版に載っている板碑拓本の拡大写真。板碑は高さ97.5cm、幅33cm、厚さ5cmで、剣菱形の緑泥片岩の上半に薄肉彫りで右斜めを向いた阿弥陀如来を刻んでおり、下半に建治4年(1278年)の銘がある。

阿弥陀如来の頭部には放射状の頭光が線刻されている(この部分は拓本写真からも分かる)。印相は来迎印結び蓮座の上に立ち、信仰者の臨終を極楽浄土に迎える「阿弥陀来迎」の型式をとっている。

鉄扉に2つ丸い穴(窓)が開いているので覗けたのかもしれないが、何かあると嫌なのでやめておいた。


渋川市渋川(上郷)の迦陵山千音寺跡。

千音寺跡 (1)
千音寺に関してはよく分からないが、その墓地に五輪塔がある。総高114cmで永享6年(1434年)の銘がある。旧渋川市地区で年号を刻む最古の五輪塔である。

千音寺跡 (2)
永享の五輪塔の向かって右隣りには延徳4年(1492年)銘の宝篋印塔がある。

これらの宝塔類は今成氏祖先の墓と伝えられている。今成氏については分からない。

千音寺跡 (3)
千音寺跡 (4)
千音寺跡 (5)
子育て地蔵尊。幟に迦陵山千音寺とあるので、旧千音寺の地蔵堂だと思う。由緒などは分からないが、きれいに整備されており地域の方々から篤く信仰されているのが分かる。

千音寺跡 (6)
地蔵堂の脇には、先の大戦で戦死した地元の方々の慰霊碑。合掌。


渋川市渋川(下郷)の子育地蔵。

下郷の子育地蔵 (1)
真光寺37世・義範は、当時まだ残っていた口減らし(間引き)の風習を強く戒めていた。義範は宝暦11年(1761年)に亡くなるが、その徳を偲んだ人々が明和3年(1766年)に子育地蔵を建立した。

下郷の子育地蔵 (2)
赤子を抱き片膝がけで座る半肉彫りの地蔵尊は、総高262cm、像高約1m。2段目の台石には、打ち出の小槌やかくれ蓑などもが刻まれている。

当所は、義範が隠居後を過ごした竜雲庵跡である。

北橘町八崎の角谷戸薬師堂の天井絵に「間引き絵」があり、間引きの風習はなかなか無くならなかったことを示している。(「天井の間引き絵 -角谷戸薬師堂-」参照)


藤岡市篠塚の道標付笠石四角塔。

道標付笠石四角塔 (1)
道標付笠石四角塔 (2)
道標付笠石四角塔は篠塚地区の通称「東四ツ辻」に建っている。総高は128.9cmで、天明7年(1787年)の銘がある。塔身部の3面に薬師如来や地蔵菩薩の名が3体ずつ刻まれている。

道標付笠石四角塔 (3)
道標付笠石四角塔 (4)
蓮華台座の東面に「右くらかの・左ふしおか」、南面に「右志んまち・左よしい」と刻まれ、道標にもなっている。

笠塔婆は本来供養塔であるので、元は供養塔として建てられたが、道ばただった(もしくは後に道ばたになった)ため、道標の役割も付加されたものと考えられる。


渋川市北橘町分郷八崎の東円山観音堂。

東円山観音堂 (1)
東円山観音堂 (2)
東円山観音堂は元々お寺だったと思われるが、由緒などは分からない。仁王門には大悲殿の扁額が掛かる。

東円山観音堂 (3)
東円山観音堂 (4)
仁王門は平成23年(2011年)の再建。仁王像は享保2年(1717年)の造像で、大正13年(1924年)に修繕の記録が残る。旧北橘村では唯一の仁王像。

東円山観音堂 (5)
東円山観音堂 (6)
東円山観音堂 (7)
東円山観音堂 (8)
境内には青面金剛塔、閻魔像、脱衣婆像、庚申塔、馬頭観世音、念仏供養塔(百万遍塔)など多種・多数の石仏・供養塔がある。最初の写真中央の青面金剛塔は寛政12年(1800年)の銘がある。

東円山観音堂 (9)
特徴のある石仏だが地蔵菩薩とあった。全文字は読めなかったが、奉納・供養の文字と寛文8年(1668年)の銘があった。

境内の石仏群は写真以外にもたくさんあり、当時の民間信仰の実情を知る上で貴重な民俗資料となっている。そのため石仏が一括で渋川市の重文に指定されている。

東円山観音堂 (10)
東円山観音堂 (11)
建立年は分からないが、比較的新しめの観音堂。ご本尊は千手観音。

東円山観音堂 (12)
東円山観音堂 (13)
観音堂内部は天井絵も施され、欄間彫刻も見事だ。千手観音像は厨子内のようだ。千手観音像は行基作といわれ、永承4年(1049年)に僧・順永が安置したといわれている。

東円山観音堂 (14)
鰐口は青銅製で直径120cmの大きさ。明治18年(1885年)の鋳造。伊勢崎市の石山観音に次ぐ大きさかな。(「日本一(?)の大鰐口 -万徳寺(石山観音)-」参照)


富岡市田篠の石造如来三尊坐像。

田篠の石造三尊坐像 (1)
田篠の石造如来三尊坐像は、「原田篠の薬師様」と地域での信仰も厚い。南北朝時代(1300年代後半)の特徴を有している。いずれも材質は牛伏砂岩である。右から阿弥陀如来、胎蔵大日如来、弥勒菩薩である。地元では「薬師様」と呼ばれているが、なぜか薬師如来は含まれていない。(この3体が富岡市の重文になっている)

田篠の石造三尊坐像 (2)
坐像の隣に一石三尊石像がある。これ薬師三尊像? 風化していてわかりずらいのとオレの知識不足のため、明確には分からない。

当所には他にも石仏があるので、すべてまとめて「薬師様」と信仰されてきたと考えた方がいいのだろう。

「石造如来三尊坐像」というのが富岡市の重文の名称だが、これはまぎらわしいな。


富岡市妙義町菅原の女神像碑と十一面観音菩薩碑。

女神像碑 (1)
女神像碑 (2)
女神像碑は高さ77cm、幅31cmの自然石に、線刻で女性の合掌像が刻まれている。裏面に永徳2年(1382年)の銘がある。ちなみに、永徳は南北朝期の北朝の年号。現在でも女性像がはっきり見て取れるが、この女性が何を表しているかは不明。

十一面観音菩薩碑 (1)
十一面観音菩薩碑 (2)
十一面観音菩薩碑は高さ117cm、幅40cmの自然石に、線刻で十一面観音が刻まれている。残念ながら逆光だったことと苔が多数付いていることなどから、線が見える程度で像容は分からず。

女神像と十一面観音像があるのは菅原の波己曽神社跡地。妙義山麓には「七波己曽」と呼ばれる7社の波己曽神社があったが、ここはそのひとつ。有名なのは元波己曽神社の妙義神社。その他、現在も波己曽神社として残っているのは1社のみで、他に合祀されたりしている。3社は場所も不明のようである。


太田市富若町の名号角塔婆。

富若の名号角塔婆 (1)
富若の名号角塔婆 (2)
富若の名号角塔婆は高さ78cmであるが、上部が欠けているため本来の高さは不明。幅は28cm。みどり市笠懸町産出の天神山凝灰岩製。正面に永仁5年(1297年)の銘がある。「南無阿弥陀仏」の六字名号が4面に刻まれており、造立者は薗田(園田)氏一門と推定される。

名号角塔婆は中世の浄土宗信仰にもとづく供養塔で、県内では太田市、桐生市、みどり市の各一部地域の35基しか確認されていない。これは薗田氏の支配地と共通している。鎌倉初期の当主・薗田成家が京都に巡廻警護に上がった際、法然に師事・出家し智明となり、当地に浄土宗を広めたためと考えられている。

関連
 「智明上人の開創 -崇禅寺-
 「名号角塔婆 -永福寺-
 「矢田堀勘兵衛屋敷の名号角塔婆

↑このページのトップヘ