渋川市北橘町下箱田の鈴嶽山玉泉院。

玉泉院 (1)
玉泉院は慶長2年(1597年)に葉林春益和尚と一翁恵純和尚が開基となり、前橋市の橋林寺11世・明岩鑑察和尚を招いて開山とした。数度の火災により古記録などを焼失、詳細寺歴は不詳となっている。

玉泉院 (2)
玉泉院 (3)
本堂は昭和41年(1966年)の建立。

玉泉院 (4)
境内は広くないが、木々に覆われている。その中のお釈迦様(寝釈迦)像。

玉泉院 (5)
玉泉院 (6)
本堂前の石仏群(如意輪観音像や馬頭観音像)と百番供養塔、石宮。

玉泉院 (7)
聖観音像。平成18年(2016年)の造立。

玉泉院 (8)
玉泉院 (9)
鐘楼は新築建立のようだ。

玉泉院 (10)
経堂には大般若経600巻を保管する。明治19年(1886年)の新添。大般若経は玄奘三蔵がインドより唐の国に持ち帰ったお経として有名。