安中市松井田町人見の諏訪神社。

人見諏訪神社 (1)
人見諏訪神社 (2)
人見諏訪神社は文久2年(1862年)の創建と伝わる。明治42年(1909年)に村内神社を合祀している。現在のご祭神をみると、八坂神社、大山祗神社、厳島神社などが合祀されたようだ。

人見諏訪神社 (3)
人見諏訪神社 (4)
鳥居の両側に道祖神が3基ある。

人見諏訪神社 (5)
人見諏訪神社 (6)
人見諏訪神社 (7)
社殿は明治7年(1874年)火災で焼失、明治22年(1889年)に再建されている。

人見諏訪神社 (8)
人見諏訪神社 (9)
境内社の稲荷神社。

人見諏訪神社 (10)
社殿裏の御嶽神社・三笠神社・八海神社(中)、摩利支天(左)、天照皇大神(右)の石塔。

人見諏訪神社 (11)
御嶽神社などの石塔前には普寛霊神の石塔もあった。普寛は木曽御嶽山、越後八海山、上州三笠山などを開山したことで知られる行者。旧松井田町は妙義山の麓になるので、山岳信仰(御嶽教の講)が盛んだったのかな。