安中市松井田町二軒在家の烏留諏訪神社。

烏留諏訪神社 (1)
烏留諏訪神社 (2)
烏留諏訪神社は弘化年間(1844~48年)の創建と伝わる。その他は不詳である。

烏留諏訪神社 (3)
社殿の建立年などは不明。

烏留諏訪神社 (4)
烏留諏訪神社 (5)
本殿(覆屋)には大きな奉納額が掛かっているが、消えてしまっており判読できない。

烏留諏訪神社 (6)
石尊大権現など。

烏留諏訪神社 (7)
一段高いところにお堂があるが詳細不明。

当所は明治8年(1875年)までは烏留(からすどまり)村であった。烏留村は同年に二軒在家村と合併し二軒在家村となった。その後、明治22年(1889年)に二軒在家村は人見村、八城村、行田村と合併し西横野村となっている。

さらに昭和29年(1954年)には 松井田町、臼井町、坂元町、九十九村、細野村と合併して松井田町、平成18年(2006年)安中市と松井町が合併し安中市となっている。

現在の住所表記は安中市松井田町二軒在家だが、旧烏留村地域の神社なので「烏留諏訪神社」とした。