安中市松井田町松井田の琴平宮。

松井田琴平宮 (1)
松井田琴平宮の創建は弘化年間(1844~48年)とされるが定かではない。ここは鎌倉時代の創建とされる九蔵坊という塔頭(たっちゅう)があり、修験僧が修業を行う場所だったようだ。江戸前期には徳川綱吉から朱印地を賜るほどであったが、明治初年の廃仏毀釈の流れを受け廃寺となっている。

松井田琴平宮 (2)
鳥居は昭和8年(1933年)の建立。

松井田琴平宮 (3)
一の鳥居前には大きな燈籠がある。

松井田琴平宮 (4)
松井田琴平宮は小山の頂上にあるので、急な石段を上っていく。

松井田琴平宮 (5)
石段の横にはもう少し緩やかに上れる参道がある。滑り止めにマットも敷かれている。

松井田琴平宮 (6)
松井田琴平宮 (7)
参道の途中に天狗を線刻した石碑があった。修験僧の修業場だったことを伺わせる。

松井田琴平宮 (8)
二の鳥居。一般の鳥居と比べると横幅が広いと思う。

松井田琴平宮 (9)
社殿前の燈籠は弘化5年(1848年)の奉納。松井田琴平宮が弘化年間の創建なら、そのときの奉納になる。

松井田琴平宮 (10)
松井田琴平宮 (11)
松井田琴平宮 (12)
社殿は大正4年(1915年)の建立。

松井田琴平宮 (13)
不動明王像。文化8年(1811年)の造立。創建よりも古いので、どこからか移されたものか。

松井田琴平宮 (14)
社殿裏には国道18号松井田バイパスが走っているのが見える。