前橋市元総社町の功叡山徳蔵寺。

徳蔵寺 (1)
徳蔵寺は文明3年(1471年)室町幕府8代将軍・足利義政の祈願所として創建された。開山は重海法印。往時は寺中7院、末寺17寺を擁する大寺院であった。

慶長12年(1607年)に秋元長朝が菩提寺を創建する際、徳蔵寺の寺中4院移し光巌寺としている。光巌寺創建時は、徳蔵寺13世・亮慶が両寺の住職を兼務している。
(光巌寺は「秋元氏の菩提寺 -光巌寺-」参照)

また。徳蔵寺は神仏習合時は上野国総社神社の別当寺だった。別当寺とは神仏習合が許されていた江戸時代以前に、神社を管理するために置かれた寺のこと。

徳蔵寺 (2)
徳蔵寺 (3)
本堂などの伽藍は明治6年(1873年)に再建・整備されている。現在の本堂は昭和28年(1953年)の建立。

徳蔵寺 (4)
参道にある淡嶋様。昭和4年(1929年)の造立。淡嶋神は女神で、夫人の下の病に霊験があるといわれ、安産祈願や縁結びの神として祀られる場合も多い。

徳蔵寺 (5)
十王尊像。十王とは地獄において亡者の審判を行う10尊のこと。没後の初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、 七七日(四十九日)及び百か日、一周忌、三回忌には、順次十王の裁きを受けることになるという信仰。十王の中では閻魔(大)王が有名。というか閻魔王しか知らないと思う。他の九王の知名度が低すぎるのが原因かな。

上記以外にも、不動明王像など多数の石仏がある。

ところで、由緒にも書いたが足利義政の祈願所として創建とされている。疑うわけではないが真偽はどうなんだろ?