前橋市上小出町2丁目の小出神社。

小出神社 (1)
小出神社 (2)
小出神社はもとは赤城神社で、その由緒は不詳。上野国神名帳記載の「従五位上小出明神」とされるが、ご祭神が豊城入彦命であることから赤城神社と呼ばれるようになったと伝えられている。

明治40年(1907年)に霜川神社、諏訪神社、菅原神社、八幡社などを合祀し小出神社と改称している。また、昭和56年(1981年)前橋市の区画整理事業に伴い、西方に25mほど遷座している。

一の鳥居は平成8年(1996年)の建立。

小出神社 (3)
小出神社 (4)
二の鳥居は宝暦13年(1763年)の建立。もとは一の鳥居だったもの。

小出神社 (5)
小出神社 (6)
小出神社 (7)
社殿は大正7年(1918年)の建立。昭和56年の遷座時に修築されている。社殿前の狛犬は昭和10年(1935年)の奉納。

小出神社 (8)
三峰神社。昭和56年の前橋市区画整理事業に伴い、小出神社境内に遷座している。

小出神社 (9)
小出神社 (10)
境内社・末社群。稲荷神社、雷電神社、大神宮、大原神社、など。

小出神社 (11)
藍沢無満の句碑。藍沢無満は安永4年(1775年)当地の生まれで、苦学の末に俳諧や書道で名を成し、後に寺子屋で多くの子弟の教育を行った。船津伝次平も俳諧の門弟のひとりである。元治元年(1864年)90歳で死去。