前橋市富士見町時沢の明王山安楽寺。

明王山安楽寺 (1)
安楽寺の由緒は不詳。後に記載する不動堂の由緒から、戦国時代には創建されていた考えられる。

明王山安楽寺 (2)
明王山安楽寺 (3)
本堂などは慶応4年(1868年)に火災により焼失。現在の本堂は平成15年(2003年)の新築建立。

明王山安楽寺 (4)
赤城型と称される多宝塔。安山岩製で一部欠損しているが、南北朝期の造立と推定される。

明王山安楽寺 (5)
不動堂の山門。当初は2階建てであったが、慶応4年の火災より焼失。大正3年(1914年)に再建。吾妻郡川原湯・榛名神社の空社を買取り改造したものである。

明王山安楽寺 (6)
門前の御神灯は万延元年(1860年)の奉納。

明王山安楽寺 (7)
明王山安楽寺 (8)
仁王像は天明2年(1782年)の造立。板鼻(安中)の碓氷という仏師の作とされる。慶応4年の火災時は、村人のよって運び出され難を逃れている。仁王像は昭和11年(1936年)、同60年(1985年)に修復されている。

明王山安楽寺 (9)
扁額は前橋藩3代藩主・酒井忠行の書とされるが、実際の揮毫は酒井家姫路藩の分家、姫路新田藩初代藩主・酒井忠交となっている。写真はどう頑張っても手前の保護ネットにピントが合ってしまって。

明王山安楽寺 (10)
沢が流れており(きれいに改修されているが)、ご神橋を渡って行く。

明王山安楽寺 (11)
明王山安楽寺 (12)
不動堂。不動堂の始まりは、南北朝期に橘勝章という者が沼田から七谷川村(当時の時沢の村名)に移り住んできた。橘氏は不動明王を守り本尊としていたので、お堂を建て不動明王を安置したことによる。

戦国時代に武田勝頼に攻められ不動堂は焼失。その灰は川へ捨てられた。その後、その川の橋を馬に乗って通ると落馬したり、橋の下から怪しい光が射したりするので、調べたところ石垣の間に不動尊が立っていた。その不動尊を安楽寺境内に祀ったのが、この不動堂とされる。

現在の不動堂は天明2年(1782年)の建立。扁額は前橋藩2代藩主・酒井忠世の書とされるが、実際の揮毫は酒井家姫路藩3代藩主・酒井忠道となっている。

明王山安楽寺 (13)
本尊の不動明王像は厨子の中。境内に「ご開帳記念」などとの碑があったので、秘仏になっているようだ。

明王山安楽寺 (14)
明王山安楽寺 (15)
向拝の龍や木鼻彫刻は着色されていて微妙な色合い。

明王山安楽寺 (16)
不動堂前の宝篋印塔。明和3年(1766年)の造立。

明王山安楽寺 (17)
如意輪観音像(女人講)は寛政5年(1793年)の造立。

明王山安楽寺 (18)
明王山安楽寺 (19)
百番供養塔、念仏供養塔、庚申塔など。百番供養塔は天明6年(1786年)、庚申塔は宝暦8年(1758年)の造立。

この不動明王は霊験あらたかで「お不動さま」と、広く村民から信仰された。そのため江戸時代には「不動堂村」と呼ばれるようになった。明治9年(1782年)に中島村と合併し、現在に通じる「時沢村」になっている。