前橋市富士見町時沢の時沢神社。

時沢神社 (1)
時沢神社 (2)
時沢神社は元は諏訪神社で、明治11年(1878年)に菅原神社を合祀し時沢神社と改称している。明治40年(1907年)には琴平宮、八坂神社、大山祇神社などを合祀、同41年(1908年)にも八幡宮、猿田彦神社などを合祀している。

一の鳥居は安永6年(1777年)の建立。扁額は「時澤神社」。先に書いたように時沢神社と改称したのは明治11年なので、扁額は改称後に変更されているようだ。

時沢神社 (3)
時沢神社 (4)
二の鳥居は明治2年(1869年)の建立。こちらも扁額は「時澤神社」。

時沢神社 (5)
時沢神社 (6)
時沢神社 (7)
社殿の建立年などは不明。拝殿の朱色の屋根が村の鎮守といった雰囲気を醸し出している。

時沢神社 (8)
社殿脇に双体道祖神が並んでいる。左から宝暦5年(1755年)、延享2年(1745年)、明和5年(1768年)の造立。

時沢神社 (9)
時沢神社 (10)
境内社・末社群以外に、合祀された旧社の石宮も並んでいるようだ。

鳥居前に「富士見かるた」の「し」を紹介する案内板が立っている。「書家は糸成と一徳斎」というものだが、2人の内の奈良一徳斎が時沢生まれにちなんでいるらしい。

一徳際は宝暦12年(1762年)旧不動尊村(現在の時沢地区)の生まれで、医者を業としていたが書道・俳諧・茶華道にも秀でていた。書は角田無幻を師とする。一徳斎の書による道祖神(文字塔)が時沢神社にあるらしいが、見落としたようだ。