佐波郡玉村町板井の諏訪神社。

板井諏訪神社 (1)
板井諏訪神社 (2)
板井諏訪神社の由緒は不詳。昭和61年(1986年)に地区内赤城神社を合祀している。鳥居は令和4年(2022年)の建立。

板井諏訪神社 (3)
板井諏訪神社 (4)
社殿前の狛犬は昭和26年(1951年)の奉納。

板井諏訪神社 (5)
内部本殿(祠)横には合祀された赤城神社の他に八坂神社の名も見えるので、それ以前に合祀されているのだろう。

板井諏訪神社 (6)
境内社・末社群。詳細は分からない。

板井諏訪神社 (7)
双体道祖神は宝暦6年(1756年)の造立。

板井諏訪神社 (8)
お地蔵さんの顔が丸い石と置き換えられている。明治初年の廃仏毀釈で破壊されてしまったのだろう。

境内には桜の木が多く、4月は一面桜がきれいに咲き誇る。玉村町のHPでも、町のマスコットキャラである「おたまちゃん」と「たつながさま」が「境内一面に咲く桜がきれいだね!」と紹介している。