佐波郡玉村町南玉の住吉神社。

南玉住吉神社 (1)
南玉住吉神社 (2)
南玉住吉神社の創建年などは不詳だが、摂津国(現在の大阪府北中部と兵庫県南東部)の住吉大社から分霊を勧請したと伝わる。

南玉住吉神社 (3)
鳥居の横には大黒天。元治元年(1864年)の造立。この大黒天は甲子講のもの。大黒天の縁日である甲子(きのえね)の夜に集まって大黒天を祀る講。江戸時代中頃から盛んになっている。

南玉住吉神社 (4)
社殿前の狛犬は昭和32年(1957年)の奉納。

南玉住吉神社 (5)
南玉住吉神社 (6)
南玉住吉神社 (7)
社殿は平成11年(1999年)に改修が行われている。本殿は18世紀初期の建立とされる。

南玉住吉神社 (8)
南玉住吉神社 (9)
神域を囲むように数多くの庚申塔が並ぶ。玉村町誌(平成7年:1995年刊)によると104基あるという。

南玉住吉神社 (10)
社殿裏に幹が横に丸く湾曲して伸びている松があった。幹が湾曲している松は、記憶にある限りでは桐生市・美和神社の「美和の上り松」、東吾妻町・奥田白鳥神社の「妙なる松」などがある。(「上野国十之宮 -美和神社-」「東吾妻町・奥田白鳥神社」参照)

住吉神社の松も何か名前を付けて名物にしたら?