高崎市稲荷台町の稲荷神社。

稲荷台稲荷神社 (1)
稲荷台稲荷神社 (2)
稲荷台稲荷神社は元禄15年(1702年)の創建と伝わる。鳥居は安永7年(1776年)の建立。

稲荷台稲荷神社 (3)
稲荷台稲荷神社 (4)
現在の社殿の建立年は不明だが、昭和35年(1960年)に瓦葺きに、平成18年(2006年)にも改修が行われている。

稲荷台稲荷神社 (5)
社殿脇に石宮や石仏が数多く鎮座している。詳細は分からない。

稲荷台村は江戸初期に総社藩・秋元氏の命により、藤井八左衛門を先達に22軒が入植・開拓したという。そして村の発展とともに穀物・農業の神である倉稲魂命を祀り鎮守としたという。