高崎市三ツ寺町の諏訪神社。

三ツ寺諏訪神社 (1)
三ツ寺諏訪神社 (2)
三ツ寺諏訪神社は慶安4年(1651年)の創建。諏訪大社からの勧請と思われる。石鳥居は享保2年(1717年)の建立。

三ツ寺諏訪神社 (3)
三ツ寺諏訪神社 (4)
社殿の建立年などは不明。社殿前の灯籠は嘉永4年(1851年)の奉納。

三ツ寺諏訪神社 (5)
三ツ寺諏訪神社 (6)
三ツ寺諏訪神社 (7)
本殿には素晴らしい彫刻が施されている。須佐之男命の八岐大蛇退治や天照大神の天岩戸隠れのように見えるが自信はない。

三ツ寺諏訪神社 (8)
三ツ寺諏訪神社 (9)
境内の覆屋内には阿弥陀如来石像と板碑(阿弥陀三尊)があった。板碑は建武2年(1335年)の建碑だが、石破壊により再建とある。再建時期は不明。

三ツ寺諏訪神社 (10)
青面金剛像。右側の像には元禄7年(1694年)の銘があった。

三ツ寺諏訪神社 (11)
三ツ寺諏訪神社 (12)
蠺(蚕)霊神、秋葉大権現、愛宕大権現の石塔と石宮群。

本殿の彫刻が素晴らしいのだが、本殿を囲む板塀によりなかなか上手く写真が撮れなかった。失礼ながら腕を差し込んで撮らせてもらった。