高崎市下佐野町の放光神社。

放光神社 (1)
放光神社の由緒は不詳。上野国神名帳記載の「正四位上放光明神」は当社とされている。当地には放光庵という仏堂があり、文禄年間(1593~96年)の創建と伝わるが、明治9年(1876年)に廃止。その跡地に放光神社が再興されたという。

放光神社 (2)
放光神社 (3)
放光神社 (4)
現在の社殿は平成22年(2010年)新築建立。

放光神社 (5)
社殿脇には放光寺・放光明神跡という碑が建っている。昭和18年(1943年)の建碑。

高崎市山名町の山ノ上碑に記されている放光寺は、従来は佐野の三家(屯倉)の中心地にあったとされてきた(つまりは当所)。しかし昭和56年(1981年)に前橋市総社町の山王廃寺から「放光寺」と彫られた文字瓦が発見され、現在では放光寺=山王廃寺と解釈されている。

放光寺瓦
「放光寺」瓦の実物は、前橋市総社町の総社歴史資料館に展示されている。総社歴史資料館は無料で見学できる。

関連
 「祝・世界記憶遺産登録 上野三碑再訪
 「白鳳時代の大伽藍寺院跡 -山王廃寺跡-
 「前橋市総社歴史資料館