前橋市総社町総社の八坂神社。

総社八坂神社 (1)
総社八坂神社の創建は不詳だが、元総社の巣烏分から遷宮している。当初は用水路上に遷座していた。同様に巣烏分から遷座している巣烏神社が慶長9年(1604年)なので、総社八坂神社の遷座も同年頃と考えられる。(「前橋市総社町・巣烏神社」参照)

総社八坂神社 (2)
昭和8年(1933年)の大渡橋新架橋・道路拡幅により用水路は南側に移ったため、八坂神社は現在地に移転している。お社はまだ新しそうだ。

総社八坂神社 (3)
庚申塔(左3つ)と湯殿講碑(一番右)。

総社八坂神社 (4)
女人講(地蔵菩薩)碑。如意輪観音が彫刻されているものは多いが、地蔵菩薩はあまり見ない気がする。

総社八坂神社 (5)
総社八坂神社 (6)
馬頭観音と石神・石仏群。

総社八坂神社は巣烏神社から北に50mくらいのところに鎮座している。巣烏神社の案内板「境内には八坂社・疱瘡神・菅原社などが合祀されており(中略)社地には湯殿講碑、月待塔、庚申塔など庶民信仰の石神・石仏が安置されている」と内容が合致するので(疱瘡神・菅原社は見あたらないが)、ここは巣烏神社の境外地かもしれない。