前橋市堀越町の不二山金蔵院観音寺。

金蔵院 (1)
金蔵院はもとは不二山普門院金胎寺といい、元亀元年(1570年)祐慶上人の開山。明治42年(1902年)に玉蔵院と西方寺を合併し金蔵院と改称している。

金蔵院 (2)
参道のは桜の木が並ぶ。春には綺麗な花を咲かせることだろう。

金蔵院 (3)
金蔵院 (4)
山門は平成9年(1997年)の建立。

金蔵院 (5)
金蔵院 (6)
本堂は昭和58年(1983年)の建立。

金蔵院 (7)
金蔵院 (8)
鐘楼堂は平成8年(1996年)の建立。

金蔵院 (9)
金蔵院 (10)
金蔵院 (11)
六地蔵や念仏供養塔(如意輪観音)、宝塔など。

金胎寺と合併した玉蔵院は、大胡城内にあり二宮赤城神社の別当寺であった。元は玉蔵院が金胎寺の本寺であったが、度重なる火災に遭い堂塔、什器、旧記を失っていた。