前橋市茂木町の赤城山円城寺。

円城寺 (1)
円城寺は天長5年(828年)慈覚大師円仁の創建と伝わるが、寛永年間(1624~45年)の火災で古記録を失い、由緒・沿革は明らかでない。寛永5年(1628年)に全海法印が再建(中興)したといわれるので、火災はそれ以前と思われる。

円城寺 (2)
円城寺 (3)
境内の庚申塔や念仏供養塔など。

円城寺 (4)
石段を上ると観音堂と墓地がある。

円城寺 (5)
円城寺 (6)
円城寺 (7)
観音堂には本尊の千手観音(木像)を祀る。観音像は元禄元年(1688年)の造立。像高は4尺1寸(約123cm)。厨子の中のようだ。

旧観音堂は昭和42年(1967年)の台風により倒壊。その棟札には正徳3年(1713年)とあった。

円城寺 (8)
墓域の宝塔。紀年銘などは読めず。

写真はないけど、本堂前というか境内というか駐車場というかには、大きな桜の木(と思われる)が複数あり、春には相当美しい花を咲かせるのではないかと思った。