高崎市高浜町の駒形神社。

高浜駒形神社 (1)
高浜駒形神社 (2)
高浜駒形神社の創建年代は不詳だが、牧畜が盛んだったため人・畜馬の健康を祈念するために創建されたといわれる。一説には鎌倉時代とも伝わる。

高浜駒形神社 (3)
高浜駒形神社 (4)
一時衰退していたが、享徳2年(1453年)に村の人々が資金を出し合い社殿を改築し、村の鎮守としている。享徳2年の棟札が残っている。

現在の社殿の建立年などは不明。社殿前の狛犬は平成4年(1992年)、灯籠は平成6年(1994年)の奉納。

高浜駒形神社 (5)
手水舎は平成19年(2007年)の奉納。

高浜駒形神社 (6)
高浜駒形神社 (7)
高浜駒形神社 (8)
境内社の天神社。でもなぜか狐像が置かれている。明治41年(1908年)に村内の田子稲荷神社などを合祀しているので、その狐像かな。

直接的には関係ないが、前橋市には駒形町があり駒形神社も鎮座している。名馬「磨墨」の蹄と伝えれれるものがご神体の一部となっている。
(「名馬『磨墨』の蹄がご神体 -駒形神社-」参照)