前橋市鼻毛石町の鼻石。

鼻石 (1)
鼻石 (2)
鼻石は赤城山の噴火時に飛来した噴石とされる。鼻の形をしているからと言われるが、良く分からない。鼻石には石祠が祀られており、神の宿る石「ご神石」として古くから雨乞い信仰の対象であったようだ。

当地が「鼻毛石」と呼ばれるようになったのは鼻石から来ている。「鼻石」「鼻ヶ石」などと表記されることもあったようだが、明治22年(1889年)の町村制施行時には「宮城村大字鼻毛石」となっている。

赤城山南麓には巨石信仰が多く残っており、みな往古の赤城山噴火の噴石や岩屑なだれの集積である。

関連
 「安産の神様と巨石群 -産泰神社-
 「巨石祭祀遺跡 -七ツ石雷電神社-
 「日本一(?)の大鰐口 -万徳寺(石山観音)-