邑楽郡大泉町北小泉の雷電神社。

小泉雷電神社 (1)
小泉雷電神社 (2)
北小泉雷電神社の由緒は不詳。明治40年(1907年)小泉神社に合祀されたが、西原地区氏子の皆さんの懇願により旧社地に再び雷電神社として祀られている。

小泉雷電神社 (3)
小泉雷電神社 (4)
小さなお社の中に神殿が鎮座している。

小泉雷電神社 (5)
境内は狭いがその大半が緑で覆われ、しかも整備も行き届いている。藤棚のように見えたので、その季節には花も綺麗だろう。

西原地区の言い伝えでは、大昔に大洪水があり雷電さまのお宮が板倉まで流され、そのまま板倉で祀られたという。そのため、西原の雷電さまは板倉の雷電神社より古く、霊験もあらたかだといわれる。