邑楽郡大泉町西小泉の天照山正善院。

正善院 (1)
正善院は龍泉院7世・伝国正的が松原庵として創建。庵近くに神明社があり、そこから天照山の山号とした。万治元年(1658年)当地の石井家が僧・全鉄を迎え一宇を建立。その後、明和8年(1771年)に石井家が開基となり伽藍を整備し正善院となっている。

正善院 (2)
正善院 (3)
本堂は平成20年(2008年)の新築建立。

正善院 (4)
六地蔵は平成6年(1994年)の奉納。

正善院 (5)
境内の聖観音像。

正善院 (6)
正善院 (7)
延命観音菩薩像。通称ぽっくり観音とある。平成15年(2003年)の建立。

延命観音は呪いや毒害から守り、寿命を延ばす功徳があるとされる。人生最後の病に伏せりしも、延命観音の手引きによりぽっくり極楽浄土に導かれることから「ぽっくり観音」というらしい。