高崎市宮沢町の抜鉾神社。

宮沢抜鉾神社 (1)
宮沢抜鉾神社 (2)
宮沢抜鉾神社は貞観3年(861年)甘楽郡抜鉾神社(貫前神社)の分霊を字大間に勧請したと伝わる。その後現在地(字行人塚)に遷座している。上野国神名帳記載の抜鉾若御子明神は当社とされる。

鳥居は享保(1716~36年)の建立。奉納者のお名前もまだしっかり読める状態。

宮沢抜鉾神社 (3)
境内奥側の入口にも鳥居が建っている。

宮沢抜鉾神社 (4)
宮沢抜鉾神社 (5)
拝殿の建立年は不明だが、ちょっと老朽化気味。

宮沢抜鉾神社 (6)
経津主神を祀る本殿(上屋)は大正5年(1916年)の建立。

宮沢抜鉾神社 (7)
宮沢抜鉾神社 (8)
社殿横の建屋。中にあるのは相殿4座(天照大神、建御名方神、八坂刀売神、倉稲魂命)だと思われる。

宮沢抜鉾神社 (9)
現在も創建時の石祠があるとのことだが、そこまで古いものは見当たらなかった。写真は明治期に合祀されたと思われる境内社。

ちょっと草が生い茂っていて難渋。まあ、例祭前などは刈られるのだろうが。