Tigerdream の上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

カテゴリ: 藤岡市・多野郡


藤岡市、神流町、上野村

藤岡市神田・五智山高倉寺
藤岡市金井・薬師堂
日野のお天狗 -上日野鹿島神社-
藤岡市下日野・瀧向山示春院
藤岡市上日野・実大山養浩院
血のり神社? -野宮神社-
平維盛の子・維基の末裔? 小柏氏の開基 -養命寺-
藤岡市上日野・大弘山千手院
義民・馬之助の墓 -興春寺-
行基作の不動明王像を祀る板倉不動尊 -大聖峯寺-
藤岡市下日野・弘法井戸
藤岡市金井・稲荷神社
藤岡市藤岡(芦田町)・神明宮
日本武尊の妃・弟橘媛の髪を祀る -乃久里神社-
大蛇の棲む滝 -龍神の滝-
上野村新羽・新羽神社
藤岡市譲原・子宝神社
藤岡市三波川・琴平神社
行基の開基 -堅固山金剛寺-
藤岡市三波川・子育日切地蔵尊
藤岡市三波川・妹ヶ谷不動尊
三波川村の総鎮守 -姥神社-
藤岡市保美濃山・抜鉾神社
藤岡市浄法寺・日枝神社
緑埜屯倉の守護 -御倉御子神社-
日本武尊伝説 -野栗神社-
室町幕府13代将軍・足利義輝の孫が開山? -光源院-
酒井雅楽頭忠清の念持仏 -立石寺-
藤岡市下栗須・稲荷神社
小林重義の守本尊を祀る -大慈悲山千手寺-
平井城の鬼門除け -美国神社-
奈良時代創建の古社 -高山御霊神社-
2つの白狐伝説 -金光寺-
藤岡市立石新田・伊勢島神社
武田信玄奉納の石灯籠(竿石) -御巡部神社-
高山社2代目社長・町田菊次郎の墓 -龍田寺-
神流町・鯉のぼり祭り
藤岡市・日航機事故の碑
藤岡市・清涼山西蓮寺
芦田康国の開基 -龍源寺-
赤穂浪士・神崎与五郎を祀る -与五郎殿-
新田義貞四天王・篠塚伊賀守重廣を祀る -篠塚神社-
芦田康勝の創建 -良信寺-
藤岡市岡之郷・温井熊野神社
藤岡市・無量山光蓮寺
芦田康勝の室・了源院の墓 -天龍寺-
日蓮の聖跡・長源寺跡 -祖師堂-
罔象女神を祀る -水宮神社-
藤岡市・神明山源水寺
藤岡市・天田山水宮寺
藤岡市・瑠璃光山西勝寺
葵御前伝説 -葵八幡宮 その2-
文覚上人の創建? -椿社神社-
藤岡市・小林山寿楽寺
藤岡市小林・大塔寺天満宮
失せ物稲荷 -藤岡市保美・稲荷神社-
藤岡市篠塚・道標付笠石四角塔
神流町・お蝶ヶ穴
石材のみの古墳 -原古墳-
藤岡市下戸塚・水沼神社
藤岡市中栗須・神明宮
藤岡市宮本町・子育て地蔵尊
立派な本殿彫刻 -土生神社-
天保4年の鳥居扁額 -丹生神社-
梶原景時の創建? -万場八幡宮-
255年間土中に埋まっていた銅鑼 -大林寺-
道忠禅師の供養塔 -浄法寺 その2-
藤岡市・高山社情報館
文永銘の板碑 -福持寺-
南毛観音霊場第三番札所 -浄雲寺-
藤岡市譲原・文明の板碑
木地師の墓 その2 -上野村・泉龍寺-
火渡りの護摩行 -中正寺-
木地師の墓 -上野村・宝蔵寺-
土屋山城守高久の墓
月舟宗胡の墨蹟 -東福寺-
二間社造りの本殿 -中山神社-
神流町・岩壺観音堂
丸岩のほとりに鎮座 -神流川鮎神社-
樹齢350年のしだれ桜 -龍松寺-
神流町・阿弥陀三尊画像板碑
弘法大師作の観音様? -藤岡・観音寺-
松井宗直の墓 その2 -光徳寺 その3-
松井宗直の墓 -源性寺-
緑埜精糸社跡
南毛観音霊場第8番札所 -藤岡市・大雲寺-
久しぶりに獅子舞を観た -藤岡市神田・浅間神社-
藤岡市保美・子育て地蔵尊
藤岡市・山崎の古碑(応永の板碑)
藤岡市・平成の道祖神
藤岡市山崎地区の鎮守様 -山崎神社-
藤岡市・天保飢饉の碑
延慶の板碑 -医光寺-
藤岡市東平井・秋葉神社
神流川の合戦の戦死者を祀る -胴塚稲荷神社-
吉良上野介の父・義冬の創建 -龍泉寺-
足腰守護の神仏 -藤岡市高山・子之権現宮-
山内上杉家の守り本尊・薬師如来を祀る -藤岡市高山・薬師堂-
鮎川の両岸に鳥居がある -地守神社-
参道真ん中を国道が横断する神社 -藤岡市白石・飯玉神社-
福島式桑刻機を発明 -福島元七顕彰碑-
高山社2代目社長・町田菊次郎生家
高山遠江守重栄の墓 -興禅院 その2-
高山長五郎の墓 -興禅院-
浅間山の火山灰を集めた丘に鎮座 -藤岡市保美・稲荷神社-
南蛮画・泰西王侯図 -満福寺-
藤岡市体験学習館MAG(マグ)
平井城から移築の山門 -藤岡市・光明寺-
ゼロ戦の生みの親・堀越二郎展 -藤岡歴史館-
藤岡市・霊符殿古墳
鬼が投げた石 -鬼石神社-
池泉式鑑賞庭園と言うけど・・・ -永源寺-
藤岡・諏訪神社と諏訪古墳
藤岡という地名の由来 -富士浅間神社-
道端に鎮座 -藤岡・平井七地蔵尊-
関東管領・山内上杉顕定の菩提寺 -常光寺-
関東管領・山内上杉氏ゆかりの神社 -藤岡・三嶋神社-
蝸牛石(だいろいし) -仙蔵寺-
藤岡・上杉乳母神社
山内上杉氏累代の墓 -円満寺-
瓦屋根の洋風建築 -旧多野会館-   
舟形石棺が保存されている -宗永寺-
巴御前ゆかりの聖観音 -一行寺-
小さな仏像がたくさん -金井千体仏-
涅槃釈迦像 -清見寺-
菊川英山の墓 -成道寺-
江戸時代の道標 -増信寺-
立派な土塁が残っている -芦田城(藤岡城)址-
算聖・関孝和の墓 -光徳寺 その2-
芦田氏の菩提寺 -光徳寺-
武田家家臣・長井正實の開基 -天陽寺-
神流町・閻魔大王像と奪衣婆像
神流川にゴロ~ン -丸岩-
上野村・全国郷土玩具館
3つの玄関がある旧家 -旧黒澤家住宅-
上野村森林科学館
江戸時代からの景勝地 -三波石峡-
520名の御霊を祀る -慰霊の園-
葵御前を祀る? -葵八幡宮-
藤岡・戸塚神社古墳
藤岡・平地神社古墳
浅間山・天明の大噴火の記録 -千部供養塔-
藤岡市中大塚・縄文時代敷石遺構
藤岡・平井地区1号古墳
藤岡・皇子塚古墳
義民・堀越三右衛門の墓
藤岡譲原・石器時代住居跡
秘仏(?)ご開帳! -虚空蔵堂-
美麗な石室 -伊勢塚古墳-
養蚕群馬の牽引者 -高山長五郎/高山社跡-
藤岡市本郷・埴輪窯跡-
日本三辻のひとつ -土師神社-
伝教大師ゆかりの寺 -浄法寺-
ただの川原? -蛇喰渓谷-
関東一の鍾乳洞 -不二洞-
恐竜の足跡!? -神流町恐竜センター-
珍しい資料館 -譲原・地すべり資料館-
関東管領・山内上杉氏の居城 -平井城址-
藤岡市・白石稲荷山古墳
藤岡市・七輿山古墳
藤岡市・吉良上野介の産湯を汲んだ井戸

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市神田の五智山高倉寺。

高倉寺 (1)
高倉寺は大永2年(1522年)同市高山地区に開創。元和2年(1616年)火災により焼失、元禄4年(1691年)僧・勧海が再興している。明治42年(1909年)に神田・光明寺と合併し、同寺に移り高倉寺として存続している。

高倉寺 (2)
高倉寺 (3)
本堂の建立年は不詳だが、平成5年(1993年)に大改修を行っている。

高倉寺 (4)
六地蔵は本堂落慶(改築)時の奉納(平成5年)。

高倉寺 (5)
境内の延命観音。由緒などは不明。そう古くはなさそう。

高倉寺 (6)
高倉寺 (7)
境内から墓地にかけて、多くの庚申塔がある。庚申信仰が盛んだった地区なのかな。

高倉寺は「上毛国風土記」(平安時代?)にもその名が見えることから、開創は相当古く、大永2年は中興ではないかとの説もあるようだ。

また、高山地区にある薬師堂(山内上杉家の守り本尊・薬師如来を祀る)は、旧高倉寺の良山和尚が建立したもの。関東管領・上杉憲政が北条氏に攻められ越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼って落ち延びる際、家来に背負わせ旧高倉寺に避難させたと伝えられている。
(「山内上杉家の守り本尊・薬師如来を祀る -藤岡市高山・薬師堂-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市金井の薬師堂。

金井薬師堂 (1)
金井薬師堂の由緒は不詳だが、元禄16年(1703年)に高山氏により当地に移築されている。享保12年(1731年)に山崩れにより倒壊、高山半兵衛重寛が再建。現在のお堂は平成4年(1992年)の新築建立。

高山氏は桓武平氏・平良文の流れをくむ秩父氏の一族。秩父三郎が武蔵国高麗郡高山邑(埼玉県飯能市にある高山不動)に住して高山三郎を名乗り、初代・高山三郎重遠となる。重遠は後に上野国緑野郡高山(藤岡市高山)を本拠とした。

高山社を興した高山長五郎や、江戸期の寛政三奇人のひとり・高山彦九郎はその末裔にあたる。

金井薬師堂 (2)
金井薬師堂 (3)
境内には石仏・宝塔、供養塔などが並ぶ。

金井薬師堂 (4)
金井薬師堂 (5)
本尊の薬師如来像。

金井薬師堂 (6)
薬師堂の前には藤岡市の重文を示す解説板がある。重文は「伝山内上杉顕定公愛用の碁盤」。上杉顕定は平井城主の関東管領。碁盤は室町時代の作で、現存する碁盤の中では全国でも古い部類に入るという。

ところで、この碁盤の所有者は仙蔵寺になっている。仙蔵寺は藤岡市西平井にあるお寺。ただ、碁盤の所在地はこの薬師堂の住所になっているので堂内にある? このお堂の管理も仙蔵寺なのかな。

碁盤には後世の加筆による「西平井村 平岩山 文殊院」という墨書があるというが、現在の西平井には同名の寺院はない。平岩山文殊院が廃寺にでもなったので、仙蔵寺に移されたのか。でも、上杉顕定の菩提寺といわれる常光寺もあるので、なぜそちらではないのかとの疑問もあるけど。

関連
 「蝸牛石(だいろいし) -仙蔵寺-
 「関東管領・山内上杉顕定の菩提寺 -常光寺-

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市上日野の鹿島神社。

上日野鹿島神社 (1)
上日野鹿島神社は建久7年(1196年)に平維盛の子・維基が小柏と改姓した際に建立し、所蔵の甲冑や武具を納めたという。
(平維基に関しては「平維盛の子・維基の末裔? 小柏氏の開基 -養命寺-」参照)

上日野鹿島神社 (2)
上日野鹿島神社 (3)
参道を進むと山すそ(北麓)に鳥居と割拝殿(瓦屋根の幅広の建物)が見えてくる。

上日野鹿島神社 (4)
上日野鹿島神社 (5)
割拝殿は懸崖造りで、床下には藁を巻き付けた筒状の物が多数ある。何だろう?

上日野鹿島神社 (6)
上日野鹿島神社 (7)
社殿は延享元年(1744年)火災により焼失、翌年に再建されている。再建の中心になったのは地元の豪族・酒井興惣左衛門。社殿は割拝殿をから境内に入ると右手にある。境内は狭いので、再建時に社前を広く取るために移されたと考えられている。

上日野鹿島神社 (8)
拝殿内にはきれいな絵馬が掲げられていた。題材は分からない。

上日野鹿島神社 (9)
拝殿の掲額。天狗の絵が描かれているが、当社は「日野のお天狗」と呼ばれている。新井左京という人物が安政2年(1855年)に秋熱病に罹り、大山石尊に祈願したところ全快した。それから右京には天狗が乗り移り、呪占師のようなことを行っていた。その弟子や神職も同様に境内で呪占をやっていたことから。

この風習は昭和初期まで続いていたといから、ちょっと驚き。(額の内容は薄れていて読み切れないが、第二次世界大戦がどうのとある)

上日野鹿島神社 (10)
上日野鹿島神社 (11)
神楽殿。社殿のすぐ隣にある。春の例祭時に奉納されていた(現在は行われていない)。

上日野鹿島神社 (12)
上日野鹿島神社 (13)
境内社の鳥居。ちょっとエッチな雰囲気を醸し出す。

上日野鹿島神社 (14)
金精さま(左)。右は分からないが、女陰関係かな。金精さまは子宝、安産、縁結びのご利益があるので、昔から各地に祀られている。

上日野鹿島神社 (15)
上日野鹿島神社 (16)
リアルなオブジェがある。平成2年(1990年)地元の方々の奉納。

ところで、上日野鹿島神社には天正18年(1590年)の国峰城落城時に、国峰城を守っていた小幡信秀(城主・小幡信貞の養嗣子)が社殿内に隠れ、難を逃れたという伝承が残っている。同じような話が甘楽町の向陽寺(「甘楽町天引・向陽寺」参照)にも伝わっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市下日野の瀧向山示春院。

示春院 (1)
示春院 (2)
示春院は元和元年(1615年)柴崎氏の開基、正室曇栄和尚の開山。柴崎氏は下日野村の名主で、「日野の名主5家」のひとつ。他は上日野村・小柏氏、小柴氏、下日野村・黒澤氏、金井村・高山氏。

鮎川にかかる金属製の橋を渡っていく。

示春院 (3)
昔の橋だろうか。木橋らしきものが見えた。

示春院 (4)
山門は昭和50年(1975年)の新築建立。

示春院 (5)
示春院 (6)
本堂は明治33年(1900年)に火災により焼失。同年に再建されている。本尊の如意輪観音を祀る。

示春院 (7)
平成14年(2002年)建立の聖観音。

示春院 (8)
示春院 (9)
由緒などは分からないが、地蔵尊が祀られていた。

ところで、地図を見る限り川に架かる橋以外示春院へ行く道がないんだよね。橋は車は通れないので、お寺の人はどうしてるんだろう。川の手前に1階が駐車場になっている仮家みたいのがあるので、これがお寺のものかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市上日野の実大山養浩院。

養浩院 (1)
養浩院は永正年間(1504~21年)酒井氏の開基。埼玉県児玉郡の大興寺・章室祖文の開山。酒井氏は地元の郷氏だったが、現在は絶家している。

養浩院 (2)
山門(鐘楼門)への石段は急すぎて怖い。写真は上から撮ったが、ほぼ垂直(まあ言い過ぎだけど)。それくらいに感じる。

養浩院 (3)
石段横の地蔵菩薩像は文化7年(1810年)の建像。

養浩院 (4)
お地蔵さまの隣には松尾芭蕉の句碑がある。「志ばらくは 花のうえなる 月夜かな」。明治3年(1870年)に当地の俳人たちが芭蕉の墓に参詣し、金2円を寄進して墓土をもらい受け、明治5年(1872年)に俳塚の形式で建立したもの。

養浩院 (5)
養浩院 (6)
享和3年(1803年)鋳造の梵鐘は先の大戦時に供出。近年鋳型の一部が発見され、それを元に昭和49年(1974年)に再鋳造されている。

養浩院 (7)
養浩院 (8)
本堂は天保年間(1831~45年)の建立。明治期に小学校校舎として利用されている。明治42年(1909年)以降、数度の渡り改修が行われている。

鐘楼門から本堂までの距離が短く、どうやっても本堂の全景写真が撮れなかった・・・。

養浩院 (9)
養浩院 (10)
弘法大師石像。

養浩院 (11)
養浩院 (12)
子育て地蔵(左)と水子地蔵(右)。

養浩院 (13)
養浩院 (14)
養浩院は県道71号線から少し山側に入るが、入口に六地蔵がある。県道にかかる小さな橋は「六地蔵橋」というらしい。

養浩院には明治40年(1907年)に陸軍大将・寺内正毅が奉納した砲弾4個(日露戦争紀年)が宝物として遺されている。奉納の経緯は分からない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市上日野の野宮神社。

野宮神社 (1)
野宮神社の創建は不詳。永禄年間(1558~70年)に当社から半里(約2km)ほどの谷合で、小柏左馬助高政が武田氏に属し北条氏と戦い、敵十数人を滝に斬り落としたという。このとき、大谷川下流の鮎川との合流地点に七日七夜に渡り血が流れ着いたので、血のりの宮となり、後に野宮となったとされる。

野宮神社 (2)
大谷川と鮎川の合流地点。ここが真っ赤になった? ところで、大谷川の上流に「千が滝」という滝があり、ここが高政が敵を切り落とした場所とされる。千が滝の名は、高政が千人の敵を斬り落としたことから名付けられたという。千人とは大きく出たな(笑)。

野宮神社 (3)
野宮神社 (4)
参道は木々が覆い、ちょっと不安な状態。この先に神社があるのか、すごく心配してしまったが、すぐに鳥居(1枚目の写真)が見え一安心。

野宮神社 (5)
野宮神社 (6)
野宮神社 (7)
社殿内に祀られているご本尊は日本武尊。他に鹿屋野比売命。こちらは草(萱)の女神。

野宮神社 (8)
舞台があるが、神楽が伝わっているのな。

ところで、社名の由来ともなっている登場人物・小柏高政は、平清盛の嫡孫・維盛の子・維基の末裔といわれる。高政は維基から17世といわれる。
(「平維盛の子・維基の末裔? 小柏氏の開基 -養命寺-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市上日野の小柏山養命寺。

養命寺 (1)
養命寺 (2)
養命寺は天正年間(1573~92年)小柏氏がその先祖と家臣の菩提寺として開基、宝積寺(甘楽町)10世・魯獄林誉禅師を招いて開山。小柏氏は江戸時代に上日野村の名主を務めた名家。

養命寺 (3)
養命寺 (4)
天和年間(1681~84年)に宝積寺21世・祥山寂瑞禅師が中興開山。

小柏氏は平清盛の嫡孫・維盛の末裔といわれる。維盛は源平の合戦の中で、平家が没落する原因となった富士川の合戦と倶利伽羅峠の合戦の総大将で、後に一ノ谷の合戦前後に逃亡。その後の消息には諸説あるが不明。平家物語では那智の沖で入水自殺したとされるが、相模国で病没説や、生き延びて子をなしたなど様々ある。

この維盛の子・維基が上日野村小柏に土着し小柏姓を名乗ったとされる。戦国時代には高政・定重父子が武田家家臣として武功をあげ、武田勝頼から甲冑・武具を添えて感状が贈られたという。

どういう経緯で小柏氏が維盛の子孫ということになったのかは不明だが、山深い(失礼!)日野地区に平家の落ち武者伝説っぽい伝承があるのは、何となく分かるような気もする。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市上日野の大弘山千手院法輔寺。

千手院 (1)
千手院は永禄年間(1558年~70年)柴崎松之助の開基。松之助は下日野村名主・柴崎家の分家で、子もなく無常を感じて出家、居宅を寺としている。

千手院 (2)
千手院 (3)
千手院の本寺は藤岡市浄法寺の浄土院で、本寺にあった千手院を移し寺号を授かったといわれる。

ちなみに、浄土院は天文年間(1532~55年)に兵火にかかり焼失、北条氏に寺領を没収されたため、現在は明暦年間(1655~58年)開創の戒禅寺の境内となっている。

千手院 (4)
千手院 (5)
本堂は昭和17年(1942年)の焼失、昭和48年(1973年)に再建されている。けっこう長い期間仮本堂だったんだね。

千手院 (6)
境内の子育て地蔵。昭和63年(1988年)の建立。

千手院 (7)
千手院近くの道ばたに庚申塔・道祖神が集められていた。昭和63年(1988年)に整備されたらしい。

千手院 (8)
千手院のあるところは、上日野の尾根という地区。その名の通り、けっこう高い場所。山に囲まれ緑がきれいだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市下日野の猪田山興春寺。

興春寺 (1)
興春寺 (2)
興春寺は興禅院2世・雪山東天和尚の開山。創建年は定かではないが、雪山東天の没年が寛永18年(1641年)なので、江戸初期の創建と考えられる。興春寺はちょっと山中にあり、山門もなくお寺らしくない佇まい。本堂は比較的新しく、近年の建立と思われる。

興春寺 (3)
興春寺 (4)
お寺らしいものはと言うと、石仏が数基見られるくらい。

興春寺 (5)
本堂脇から山道を登ると狭い墓地がある。そこにある義民・馬之助の墓。

馬之助は下日野村の農民で「御荷鉾山一件」の農民総代。訴願により目的を達したが、所払い(追放)となった。後に赦免されたが帰村せず、嘉永2年(1849年)奥州白河で没している。

「御荷鉾山一件」とは、文政・天保年間(1818~45年)に上日野・下日野・金井3村の農民による哀訴事件。3村の役人と吉井藩役人が共謀し、吉井宿商人に御荷鉾山(土地)を売却、入会権を守るため3村農民が幕府に強訴したもの。

総代4名(上日野村・常吉、下日野村・馬之助、金井村・作右衛門と繁右衛門)と、金井村の幸右衛門(繁右衛門の子)、寅五郎の6名が捕縛・入牢。幸右衛門と寅五郎は獄死。繁右衛門は宿預け後に病死。常吉、馬之助、作右衛門は所払いとなった(後に赦免)。

一般にはまったく知られてない農民の強訴事件。群馬県では茂左衛門が有名だけど、他にも数多くの義民が命がけで強訴している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市緑埜の厳上山大聖峯寺。

大聖峯寺 (1)
大聖峯寺 (2)
大聖峯寺の創建は不詳。大正3年(1914年)に正福寺、西福寺、板倉不動尊を合併している。

大聖峯寺 (3)
大聖峯寺 (4)
石段脇の大ケヤキ。樹高18m、幹周り8m、推定樹齢500年(平成2年:1990年データ)。落雷により樹心部が空洞となっているが、石段が波打つほど根がはっており樹勢は良い。

大聖峯寺 (5)
大聖峯寺 (6)
境内の六地蔵と慈母観音。

大聖峯寺 (7)
大聖峯寺 (8)
大聖峯寺の寺域手前に鳥居がある。扁額は「板倉不動尊」。鳥居は平成27年(2015年)の建立。大正3年に合併された板倉不動尊の鳥居である。

大聖峯寺 (9)
大聖峯寺の境内にある板倉不動尊。由緒は不明だが、奥州ヘ安倍氏討伐に向かう源義家が戦勝祈願を行い、勝利後の康平5年(1062年)に7堂伽藍を造営したといわれる。その後、建久8年(1197年)には源頼朝が伽藍を修理、応永4年(1397年)に関東管領・上杉憲実が鳥居7基を奉納している。

上記の逸話は多野藤岡地方誌(昭和51年:1976年刊行)によるが、いくつが誤りがある。康平5年だと前九年の役になり源義家ではなく父の頼義になる。義家ならば後三年の役で寛治元年(1087年)。

また、上杉憲実が出てくるが、憲実の生年は応永17年(1410年)とされており、応永4年ではまだ生まれていない。応永4年時の関東管領は上杉朝宗で、まだ在鎌倉。憲実が関東管領になり、平井城へ下ったのは永享10年(1438年)のこと。

まっ、細かいことはいいか。

大聖峯寺 (10)
大聖峯寺 (11)
大聖峯寺 (12)
不動堂は元禄13年(1700年)僧・祐意が建立したとされる。扁額は中央に「大聖堂」、脇に「不動堂」。

大聖峯寺 (13)
ご本尊の不動明王像は厨子の中のようだ。この不動明王像は行基の作とされ、行基がノミ1本で彫刻したといわれる。

板倉不動尊が中心となり寺院が形成され、その中のひとつが大聖峯寺に発展したということかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市下日野の弘法井戸。

弘法の井戸 (3)
弘法の井戸 (4)
弘法井戸は弘法大師(空海)が山越えをしようとしたが、喉が渇いて進めなくなった。そこで、ある家に行き水を所望したところ、出てきた女性は「しばらくお待ちください」と言って水を汲みに行った。ところがなかなか戻ってこない。やっと戻ってきたので、大師が「どこまで汲みに行っていたのか」と尋ねると、「半里ほど離れた下方の川から汲んできました」。

気の毒に思った大師は、持っていた錫杖で岩の間を突くと、きれいな水がこんこんと湧き出したという。

弘法の井戸 (5)
何の写真だか分からないと思うが、井戸(覆屋の中)の写真。写真下部は澄んだ水がなみなみとしている。

弘法の井戸 (6)
弘法の井戸 (7)
井戸の手前には石塔・石仏が並んでいる。

弘法の井戸 (8)
これは弘法大師像かな。

弘法の井戸 (1)
弘法の井戸 (2)
県道175号線に入口の案内板が立っている。どころが、そこから登っていく道はナビに表示されない(ナビデータが古いわけではない)。ナビ上では右から入る道は表示されるのだが、この道も相当狭く心配になって、いったん県道に戻って案内板の入口から入った。結果的には、どっちもどっちだった・・・。

山間部などで水の便が悪い地域では、この手の伝説が残っている。弘法大師以外にも、伝教大師(最澄)や行基にもあるね。

関連
 「富岡市妙義町・弘法の井戸

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市金井の稲荷神社。

金井稲荷神社 (1)
金井稲荷神社 (2)
金井稲荷神社は享禄年間(1528~38年)に関東管領・山内上杉氏の平井城笹曲輪の守護神として創建された。笹曲輪は平井城二の丸南に永享10年(1438年)に築かれたとされる。

平井城在城最後の関東管領・憲政が北条氏の追われ越後・長尾景虎(上杉謙信)の元へ逃れた後は荒廃したが、江戸時代に入ると高山氏が再興している。

金井稲荷神社 (3)
金井稲荷神社 (4)
一の鳥居、二の鳥居とも扁額は「正一位 稲荷大明神」。どちらも平成4年(1992年)の建立。

金井稲荷神社 (5)
石段下の灯籠は平成9年(1997年)の奉納。石段上部脇には古い灯籠も残っているが、紀年銘は読み取れなかった(元年しか読めなかった)。

金井稲荷神社 (6)
金井稲荷神社 (7)
金井稲荷神社 (8)
幣殿、本殿は白壁に囲まれている。余り見ない構造だ。

金井稲荷神社 (9)
金井稲荷神社 (10)
金井稲荷神社 (11)
境内社の宗像神社。県内ではあまり見たことがない(同じ市杵嶋姫命をご祭神とする厳島神社はあるけど)。

宗像神社の総本山である宗像大社は、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」として平成29年(2017年)に世界遺産に登録されたことは記憶に新しい。特に宗像大社・沖津宮の沖ノ島が、島全体がご神体で神の島だと話題になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市藤岡の神明宮。旧町名は芦田町。

芦田町神明宮 (1)
藤岡(芦田町)神明宮は、天正18年(1590年)に藤岡に移封された芦田康勝が、その祖・芦田光玄の霊を祀った信州芦田・神明神宮を遷し、芦田大明神と称したのが始まり。神明宮になったのは明治時代。

芦田町神明宮 (2)
芦田大神宮ともいわれていたようで、社殿がある山を「大神宮山」と言う。

芦田町神明宮 (3)
芦田町神明宮 (4)
芦田町神明宮 (5)
領主の祖先を祀った神社なので、創建当初は荘厳な社殿だったと考えられるが、現在は屋根の修理もままならい地域の神社になっている。

芦田氏が藤岡領主だったのは慶長5年(1600年)までのたった10年。康勝が不始末を犯し改易され後は、幕末まで諸小領に細分統治された(主に旗本領)。忠臣蔵の悪役で有名な吉良義央も藤岡(白石)に領地を持っていた。

芦田町神明宮 (6)
立派な境内社。社名は不明。

芦田町神明宮 (8)
境内の「神明宮昇格之碑」。裏側には説明ではなく寄付者名が記されているだけなので詳細不明。当初は芦田光徳を祀っていたのだろうが、後にご祭神を天照大神に変更し、神明宮として認可された記念なのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


多野郡上野村新羽の乃久里神社。

乃久里神社 (1)
乃久里神社の創建は不詳だが、日本武尊の妃・弟橘媛の髪の毛を祀っている。

当地で日本武尊は今ままで身につけていた弟橘姫の遺髪を祀り、重臣を残してこれを護らせた。当地に留まった重臣は「残りの臣」と称したが、後に「のこり」が「のぐり」と変じ、「野栗郷」と呼ばれるようになったといわれる。当社も野栗神社と呼ばれるようになったが、現在は乃久里と表記している。この理由は分からない。

乃久里神社 (2)
鬱蒼とした森の中に鎮座しており、いかにも鎮守の森といった雰囲気。

乃久里神社 (3)
乃久里神社 (4)
社殿前の灯籠には寛政(1789~1801年)の元号が見て取れた。社殿も寛政の頃の建立かも。

乃久里神社 (5)
神楽殿。乃久里神社の神楽は、旧中里村(現神流町)の産泰神社から伝わった説と、同じく旧中里村の中山神社から伝わった説の2説ある。面や衣装は中山神社の神楽と共通している。

乃久里神社 (6)
乃久里神社 (7)
境内社の根之権現とえびす(と思われる)像が置かれている社。山間部なので足腰の神(子の権現)が祀られている? また、えびすさんは漁業の神でもあり上野村とは不釣り合いのように思えるが、実は神流川での漁が盛んだった。

乃久里神社 (8)
山々に囲まれたのどかないい場所だ。

乃久里神社には「お川瀬下げ」の神事が伝わっており、毎年8月に行われる。神事で神流川に小麦団子を流すが、弟橘媛には77人の子どもが有り(伝説)、それを祀っている各社に捧げるためという。

ちなみに神流川の名前の由来は、野栗郷で疫病が流行った際に野栗の神の怒りと感じた住民たちが、ご神体(遺髪)の穢れを浄めるために川に流したことから髪流川、神流川となったといわれる(諸説あり)。

かなり川下だが、藤岡市浄法寺の野栗神社にも似たような伝説が残っている。
(「日本武尊伝説 -野栗神社-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


多野郡上野村新羽の龍神の滝。

龍神の滝
龍神の滝は野栗沢川にある落差約20m(上段15m・下段5m)の2段の滝。大蛇が棲むとの伝説のあり、大蛇が龍となって昇天する姿に見えることからその名がついている。

上野村には大小多くの滝があるが、一番お気楽に行けるところだと思う。すぐ手前の野栗キャンプ場までクルマで行けて、しかもそこから徒歩1分! しかも滝壺脇まで降りられ、中間の崖にも上がれる。でも、やっぱり危険もあるので、写真くらいのところからのんびり眺めるのがいいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


多野郡上野村新羽の新羽神社。

新羽神社 (1)
新羽神社 (2)
新羽神社は元八幡神社で、その創建は不詳。明治42年(1909年)に地区内他社を合祀し新羽神社となっている。

新羽神社 (3)
岩をくり抜いた手水鉢。

新羽神社 (4)
新羽神社 (5)
新羽神社 (6)
春日造りの拝殿など、社殿の建立年は不明。

新羽神社 (7)
灯籠の建っている場所が、鳥居からの参道とずれている。鳥居を新しく建立する際に位置をずらしたみたいだ。それとも灯籠の方をずらしたのか。

新羽神社 (8)
鳥居横に文字の刻まれた岩があったが、読めなかったので何か分からない。

新羽神社には「お川瀬下り」の神事が伝わっている。これは日本武尊妃・弟橘媛が入水された様子を遺すものとの説もある。

神流町(旧中里村地域)から上野村にかけては、いくつかの神社に「お川瀬下げ」の神事が伝わっている。旧中里村の中山神社、上野村の乃久里神社、乙父(おっぷ)神社の3件は、群馬県の無形重文に指定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市譲原の子宝神社。

子宝神社 (1)
子宝神社 (2)
子宝神社は譲原地区が旧三波川村から分離し「村」になる時に、三波川村の総鎮守である姥神社から分祀したのが始まり。その際「姥」に対して「子宝」にしたといわれる。
(姥神社は「三波川村の総鎮守 -姥神社-」参照)

譲原村が三波川村から分離したのがいつかは分からなかった。地名の由来は慶長8年(1603年)に当地を関東郡代・伊奈忠次に「譲り渡した」ことからとされる。忠次は現玉村町周辺の新田開発を行ったことでも知られる。

子宝神社 (3)
写真のイメージよりも急な石段。実は一気に上れずに途中休憩したほど。

子宝神社 (4)
子宝神社 (5)
子宝神社 (6)
余り広くない境内に、こじんまりとした社殿が建っている。平成14年(2002年)に改修が行われている。

子宝神社 (7)
子宝神社 (8)
本殿も以前は彩色され、壁画も描かれていたことを想像させる。

子宝神社 (9)
子宝神社 (10)
舞台かな。中には数枚の奉納絵馬が掲げられていた。写真の絵馬には文政(1818~31年)の文字が見える。

子宝神社のご祭神は大穴牟遅神(おおあなむのかみ)である。分祀したという姥神社のご祭神は石凝姥命(いしこりどめのみこと)と異なっている。詳細は分からない。大国主が縁結びの神ともいわれるので、子宝の名からそうなった?

まあ細かいことは別にして、子宝神社って名前は素晴らしいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市三波川の琴平神社。

三波川琴平神社 (1)
三波川琴平神社は明治21年(1888年)新井岡五郎氏創建の御嶽教神社。同氏は少年期に物乞いの姿で当地に現れた琴平大神から、直々に神技を伝授されたといわれる。現在も新井家が管理している。

三波川に掛かる朱色の欄干が目に付く「瀧乃橋」。

三波川琴平神社 (2)
三波川のかなり上流になるので、川幅も狭い。と言うか沢程度の流れ。

三波川琴平神社 (3)
三波川琴平神社 (4)
明治22年(1889年)には奥の院にあたる雨降山を開山し、山頂付近に御嶽三柱大神を祀り山岳道場としている。

三波川琴平神社 (5)
創建者かと思ったら、創建者のお孫さんらしい。平成元年(1989年)の建像。

三波川琴平神社 (6)
湧き水が引かれていた。

三波川琴平神社 (7)
三波川琴平神社 (8)
二の鳥居以降、ちょっときつめの石段。

三波川琴平神社 (9)
三波川琴平神社 (10)
三波川琴平神社 (11)
社殿の建立年は不詳だが、創建と同時の建立かな。

奥の院のある雨降山は、東西御荷鉾山の東麓にあたる1012.5mの比較的低い山(この辺りでは)でハイカーも多い。5月の山開き時には、火渡り護摩の神事が行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市三波川の堅固山金剛寺。

三波川金剛寺 (1)
三波川金剛寺は養老2年(718年)行基の開基と伝わる。天長3年(826年)弘法大師(空海)が教化の道場とした。そのため、平安時代末には醍醐三宝院の中本寺として、末寺39寺を有していたという。創建は御荷鉾山であったが、山崩れなどのため現在地へ移っている。

三波川金剛寺 (2)
山門前の六地蔵。

三波川金剛寺 (3)
三波川金剛寺 (4)
寛文5年(1665年)の火災により堂宇は焼失。宝暦3年(1753年)に再建されている。その後、本堂は昭和24年(1949年)に老朽化により解体。長きに渡り仮本堂だったが、昭和57年(1982年)に現在の本堂を新築建立。

三波川金剛寺 (5)
三波川金剛寺 (6)
境内の不動堂。近年の建立と思われる、本尊は大同2年(807年)弘法大師作と伝わる。

三波川金剛寺 (7)
本堂裏の「十三仏積庭石」というもの。十三仏がいるのかなとと思って一生懸命探したが、写真の1体しか見つけられなかった。

三波川金剛寺 (8)
三波川金剛寺 (9)
三波川金剛寺 (10)
本堂裏山にお堂があり、「厄除 弘法大師」とあった。中には石仏があり、風化していてのっぺりしているが弘法大師像なのかな。

三波川金剛寺 (11)
山門手前の庚申塔群。寛延2年(1749年)、宝暦2年(1752年)の銘が見られる。

三波川金剛寺 (12)
三波川金剛寺 (13)
訪問した時は裏山のヤマツツジが満開で、斜面を赤く染めていた。

ところで、金剛寺には源義経が寄進したとされる鞍と鐙(あぶみ)が寺宝として残されている。吾妻鏡にも義経が金剛寺を宿願所としたと書かれている。義経と三波川地区・金剛寺との関係性はよく分からない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市三波川の子育日切地蔵尊。

三波川 子育日切地蔵 (1)
三波川子育日切地蔵尊の建像年などは不詳だが、古くから子どもを病気などから護り、日限(期限)を切ってお願いすると全快するといわれる。

三波川 子育日切地蔵 (2)
三波川 子育日切地蔵 (3)
地蔵尊は地域の方々が奉納した(と思われる)様々なものを身につけ、石の部分はお顔の一部しか見えない。

三波川 子育日切地蔵 (4)
三波川 子育日切地蔵 (5)
三波川 子育日切地蔵 (6)
庚申塔が多く並んでいる。奥には青面金剛像もあった。

石碑には子どもの夜泣き・かんの虫・夜尿症などから、大人の頭痛・腹痛・肩痛・腰痛などへの効能も書かれていた。さらには、交通安全・無病息災などの諸願が成就するともあり、地域の護り神的な存在のようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤岡市三波川の妹ヶ谷不動尊。

妹ヶ谷不動尊 (1)
妹ヶ谷不動尊 (2)
妹ヶ谷不動尊は元禄8年(1695年)江戸小石川無量院4世・快慈がお堂を建て、不動明王像を安置したのが始まりとされる。妹ヶ谷は字名。三波川に掛かる橋を渡って行く。

妹ヶ谷不動尊 (3)
境内入口前に湧き水が引かれていた。きれいな水だったが、飲むのはパス。

妹ヶ谷不動尊 (4)
最後の石段を登ると境内。

妹ヶ谷不動尊 (5)
妹ヶ谷不動尊 (6)
現在の不動堂は明治元年(1868年)の建立。祀られている本尊(不動明王像)は勇尊和尚の作とされる。像高約54cmの純金製というが本当だろうか。

妹ヶ谷不動尊 (7)
妹ヶ谷不動尊 (8)
妹ヶ谷不動尊 (9)
お堂の彫刻は素晴らしい。

妹ヶ谷不動尊 (10)
旧不動堂だろうか。

妹ヶ谷不動尊 (11)
神楽殿かな。

妹ヶ谷不動尊 (12)
妹ヶ谷不動尊 (13)
明治初年に梵鐘が寄進されたが、先の大戦時に供出。現在の梵鐘は昭和21年(1946年)の寄進。

妹ヶ谷不動尊 (14)
比較的新しい不動明王像。

妹ヶ谷不動尊 (15)
松尾芭蕉の句碑(裾山や 虹はくあとの 夕つつじ)。天保年間(1831~45年)の建碑。

妹ヶ谷不動尊 (16)
境内の宝篋印塔。元文3年(1738年)の銘が読み取れた。

妹ヶ谷不動尊 (17)
不動堂に向かって山道を歩いている途中に「不動滝入口」の案内板があったので、帰りに寄ってみた。かなり急な道を下って行く。

妹ヶ谷不動尊 (18)
こじんまりとしているが、よく見ると2段の滝。弘法大師(空海)が巡錫の際に修行した場所との伝承もある。

妹ヶ谷不動尊 (19)
滝壺というほどではないが、そのほとりに仏塔らしきものが見えた。よく見ると石を積んだだけのものだった。宮崎・高千穂などでよく見かけるが、石を積みながら願い事をすると叶うといわれるので、訪れた人が積んだのだろう。

ところで、妹ヶ谷の地名は平家に縁があるとされる。同じ藤岡市の日野地区(妹ヶ谷から山を越えると日野地区)の小柏氏は平維盛の子・維基の末裔とされる(真偽は・・・)。その小柏氏の妹が住んだ所なので「妹ヶ谷」との地名になったといわれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市三波川の姥神社

姥神社 (1)
姥神社は大同年間(806~10年)の創建と伝わる古社である。祖母大明神と称していたが、宝暦6年(1756年)神祇官領長上・卜部朝臣兼雄から宣旨を受け姥大明神と改称している。

姥神社 (2)
現在の鳥居は昭和5年(1930年)の建立。

姥神社 (3)
姥神社 (4)
社殿の建立年などは不明。

姥神社 (6)
姥神社 (7)
境内社と道祖神。

姥神社のご祭神は石凝姥命(いしこりどめのみこと)。石凝姥命は日本神話に登場する神で、天照大神の岩戸隠れの際に八咫鏡を作ったことで知られる。三波川地区と鏡作部の関係はよく分からないが、旧鬼石町から神流町、秩父市(埼玉県)一帯では、古代の石器・石棒が多く発見されている。これは同地域が青石の産地であるためとされる。

三波川流域は三波石(青石の一種)の産地であるので、古代から祭祀にかかわる石器の産地でもあったのかもしれない。石凝姥命を祀るのはその繋がりからかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市保美濃山(ほみのやま)の抜鉾神社。

保美濃山抜鉾神社 (1)
保美濃山抜鉾神社 (2)
保美濃山抜鉾神社 (3)
保美濃山抜鉾神社の創建は不詳だが、貫前神社(抜鉾神社)から経津主命の分霊を勧請したものと思う。

保美濃山抜鉾神社 (4)
保美濃山抜鉾神社 (5)
下久保ダムのダム湖・神流湖の岬のような丘上に社殿は建っている。拝殿は正面の軒唐破風の兎の毛通しの裏に、神山和泉守が文政11年(1828年)に建立した旨の墨書銘がある。神山和泉守については分からない。

保美濃山抜鉾神社 (6)
保美濃山抜鉾神社 (7)
拝殿内には絵馬が多数奉納されている。いずれも明治期のもの。

保美濃山抜鉾神社 (8)
保美濃山抜鉾神社 (9)
本殿覆屋の彫刻は、鶴に乗る王子喬仙人と鯉の乗る琴高仙人だろうか。いずれも周(中国)の時代の人とされる。

保美濃山抜鉾神社 (10)
保美濃山抜鉾神社 (11)
境内に敷石住居跡らしき遺構があった。旧鬼石町の文化財を示す標識があった(石棒とある)が、合併後の藤岡市の文化財一覧には見当たらない。石棒自体も見当たらなかった。

ちなみに、御荷鉾山の鬼が投げたという石棒(投石峠のもの)を、村人が担いできて祀ったとの伝説が残っている。「鬼が投げた石」は旧鬼石町(現藤岡市鬼石地区)の名前の由来とされる。(「鬼が投げた石 -鬼石神社-」参照)

保美濃山抜鉾神社 (12)
保美濃山抜鉾神社 (13)
保美濃山抜鉾神社 (14)
南側参道に貞治(1362~67年))、康応(1389年のみ)銘の板碑が2基ある。貞治・康応のいずれも南北朝期の北朝側の元号。その他、無銘の板碑も4基ある。

保美濃山抜鉾神社 (15)
保美濃山抜鉾神社 (16)
昭和43年(1968年)建立の「水没の碑」。揮毫は時の首相・佐藤栄作。昭和43年に完成した下久保ダム・神流湖により、保美濃山地区の大半は水没している。境内から水を湛えた神流湖が見通せる。

上記の板碑も水没地域から抜鉾神社参道へ移転されたものである。


このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市浄法寺の日枝神社。

浄法寺日枝神社 (1)
浄法寺日枝神社は元応2年(1320年)に当地の引田氏が近江国二宮(日吉大社)の分霊を勧請し、山王大権現として創建されたと伝わる。明治初年に日枝神社と改称。なお、引田氏については分からない。

浄法寺日枝神社 (2)
浄法寺日枝神社 (3)
拝殿は寛保2年(1742年)、本殿は正徳5年(1715年)の建立。以降の改築なども棟札が残っているという。

浄法寺日枝神社 (4)
明治42年(1909年)に合祀された稲荷神社。

浄法寺日枝神社には、常陸国鹿島神宮から伝習したとされる獅子舞が伝わっており、現在も例祭時に奉納されている。

当地は「山王の森」と呼ばれていたが、当然のごとく現在は「森」の面影はまったくない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市浄法寺の御倉御子神社。

御倉御子神社 (1)
御倉御子神社 (2)
御倉御子神社 (3)
御倉御子神社の創建は不詳。日本書紀の安閑天皇2年(532年)の条に、全国26ヶ所に屯倉を設置とあり、その中に上毛野国緑埜の地名が見られること、またご祭神が稲倉魂命(うかのみたまのみこと:穀物・食物の神)であることから、この一帯が緑埜屯倉でその守護のために祀られたと考えられる。

御倉御子神社 (4)
鳥居前の石段脇に「表参拝道」の標識。横には「御倉御子神社男坂」とある。まあ、あまり深く考えずに登り始める。

御倉御子神社 (5)
山あいなので参道は長くはないが、写真のイメージよりもず~っと急坂。しかも中ほどで石段がなくなってしまう。

御倉御子神社 (6)
「自分で道撰び ここより石段がありません。あなたの好きな道を撰び登坂してください。(中略)急な険しい道ですので注意して登ってください。痛いのはあなた持ちですよ!」とのこと。

御倉御子神社 (7)
これが本当にけっこう危ない。足場を選びながら慎重に登る。足が痛い。でも「あなた持ちですよ」と言われているので(苦笑)。

御倉御子神社 (8)
御倉御子神社 (9)
御倉御子神社 (10)
何とか割拝殿にたどり着いたと思ったら、境内から見たら神楽殿だった。御倉御子神社の太々神楽は藤岡下栗須(稲荷神社?)から伝えられたもので、流派は大和流。元は江戸の流れをくんだ当地にて、最初に奉納舞を行ったとされている。

御倉御子神社 (11)
御倉御子神社 (12)
御倉御子神社 (13)
社殿は安政2年(1855年)建立。近年建て替えられているようだ。狛犬は平成14年(2002年)の奉納。

御倉御子神社 (14)
御倉御子神社 (15)
鳥居前を通り過ぎ、舗装道を緩やかに上って行くのが「裏参拝道」「女坂」。回り込む感じで境内に入れる。

御倉御子神社 (16)
社殿裏の末社群。

御倉御子神社 (17)
御倉御子神社 (18)
末社群の横からさらに登っていく道があったので行ってみた。しばらく行くと石宮があった。奥の院(奥宮)かな。

参拝するには「表参拝道、男坂」から登っていくのが正道かな。でも「裏参拝道、女坂」なら社殿脇(ちょい下)まで車で行けるよ。でも、道は狭い。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市鬼石の野栗神社。

野栗神社 (1)
野栗神社の創建は不詳だが、次のような伝説が残っている。日本武尊が野栗沢(上野村)から流した弟橘媛の髪の毛が、神流川の屏風岩に漂い着いたとき、神が馬に乗って屏風岩の断崖を駆け上って、ここに鎮座したという。

知っている限りでは、神流川岸に屏風岩という岩はないと思うが、三波石峡に屏風石というのがある。同じく駒足石というものある。何か関係ある?

野栗神社 (2)
灯籠は昭和62年(1987年)の奉納。

野栗神社 (3)
石祠は昭和42年(1967年)の建立。

野栗神社 (4)
野栗神社 (5)
鳥居前には石仏や庚申塔、道祖神などが並んでいる。

群馬県は各地に日本武尊伝説・伝承が残されており、吾妻郡や嬬恋村の由来にもなっている。藤岡市(旧鬼石町)にもあるのね。

神流川は「野栗(上野村)で疫病が流行したとき、野栗神社(現乃久里神社)のご神体である弟橘媛の髪を流したて浄めた」ことから、髪流川、神流川となったといわれる(諸説あり)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市篠塚の義輝山光源院。

光源院 (1)
光源院は木喰覚海上人が篠塚伊賀守重廣の館跡に、万仏の中心である大日如来祀り開山したのが始まりと伝わる。当時は無量山大日寺と言ったが、開山の木喰覚海上人が、実は室町幕府第13代将軍・足利義輝の孫だったため、後に義輝山光源院となっという。光源院は義輝の戒名「光源院融山道圓」からと思われる。

ところで、足利義輝は永禄8年(1565年)に松永久秀、三好三人衆に攻められ殺害されている。記録に残る義輝実子は輝若丸がいるが、3ヶ月で病死したとされる。真偽不明な説では、義高(2男)、義辰(3男)がいたともいわれる。

光源院 (2)
光源院は明治初年に廃寺になっており、現在は「閻魔堂」と呼ばれるお堂があるのみ。なので、正確には「旧光源院」と言った方がいいのかもしれない。地元では光源院よりも「閻魔堂」の名称で呼ばれている。

光源院 (3)
屋根瓦には「足利二つ引」家紋が刻されている。

光源院 (4)
開山塔と呼ばれる木喰覚海上人の墓。木喰覚海上人は高野山で僧となり湯殿山で修行した修験者とされる。天台宗の僧兵に追われ当地に来たといわれる。

光源院 (5)
光源院10世で、中興とされる実相の墓。文政7年(1824年)没。

光源院 (6)
実相墓の隣の墓碑(写真左)は、実相没後の33回忌にあたる安政3年(1856年)に建てられたもの。発起人筆頭に馬庭念流18世・樋口定伊の名がある。学問・仏教の弟子だったようだ。

この墓碑に「当院は覚海義高僧正の剏(はじ)むる所なり」とある。「義高」は義輝の2男とされる義高のことかな。 まあ、義輝の子でも孫でも、そういう謂れが残っているのは、木喰覚海上人が足利氏ゆかりの人だと信じる何かがあったのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市立石の若宮山立石寺。

立石寺 (1)
立石寺 (2)
立石寺は大永2年(1522年)東林上人の開山。寛文8年(1669年)に前橋藩主・酒井雅楽頭忠清の祈願寺となっている。

天明3年(1783年)に堂宇を焼失、本堂は文政4年(1821年)の再建。平成4年(1992年)に屋根の葺替えを行っている。地蔵殿堂の扁額がかかるが、何だろう。本尊は薬師如来のはずだが。

立石寺 (3)
鐘楼は慶応元年(1865年)の再建。梵鐘はない。先の大戦で供出し、そのままなのかな。

立石寺 (4)
六地蔵は比較的新しい。

立石寺 (5)
双体道祖神。 平成8年(1996年)檀家の方の奉納。

立石寺 (6)
大正2年(1913年)建立の宝塔。

立石寺 (7)
立石寺には多数の仏像が安置されており、その内4体が藤岡市の重文に指定されている。指定仏像が安置されている宝物殿らしき建屋。

4体は、薬師如来立像(像高56.5cm、製造年代は室町時代と江戸時代初期の2説ある)、阿弥陀如来立像(像高77.5cm、鎌倉時代)、十一面観音立像(像高70cm、鎌倉時代)、不動明王像(像高98cm、鎌倉時代)。

本尊でもある薬師如来立像は酒井忠清の念持仏である。念持仏とは、個人が身辺に置き私的に礼拝する仏像のこと。また、不動明王立像の背面裾には「立石寺」の墨書があるみたいだが、後世の追加だと思う。不動明王像の製造年代と立石寺の創建と年代が合わないので。

このエントリーをはてなブックマークに追加


藤岡市下栗須の稲荷神社。

下栗須稲荷神社 (1)
下栗須稲荷神社 (2)
下栗須稲荷神社は文暦元年(1234~35年)の創建と伝わる。その後荒廃していたが、当地の豪族・金山図書之助が伊勢外宮から分霊として神鏡を受け再興したという。

下栗須稲荷神社 (3)
下栗須稲荷神社 (4)
下栗須稲荷神社 (5)
下栗須稲荷神社 (6)
社殿は天正16年(1588年)焼失、宝暦2年(1752年)に再建されている。これが現在の社殿とされる。最近では、平成4年(1992年)に改修されている。

下栗須稲荷神社 (7)
神楽殿。比較的新しい。

下栗須稲荷神社 (8)
下栗須稲荷神社 (9)
社殿右に境内社の諏訪神社。左には他の境内社(末社)がまとめられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ