Tigerdreamの上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

カテゴリ: 安中市


安中市

日本武尊の「冠石」と「腰掛石」? -磯部神明宮跡-
安中市中秋間・大森神社
群馬県内最古の橋供養塔 -三角の橋供養塔-
安中市・中後閑神社
伝・源為朝陣屋跡に鎮座 -十二山神社-
日本武尊の馬に水を飲ませた小型石棺(馬舟さま) -東神社-
安中市・磯部神社
秋元長朝屋敷跡 -清元寺-
安中市・中野谷神社
白鬚の老人が日本武尊を救う -白鬚神社-
安中市松井田町・茶釜石
五料の地蔵さん -夜泣き地蔵-
磯部温泉・楫取素彦別邸跡
磯部温泉薬師
磯部温泉・赤城神社
仙石因幡守の頌徳碑
安中市・八本木の旧立場茶屋
日本三地蔵 -八本木延命地蔵尊-
安中の時の鐘 -真光寺-
彫刻の寺 -長伝寺-
碓氷郡の一宮 -碓氷神社-
中山道坂本宿 下の本陣・金井家の墓 -青松寺-
日本武尊の勧請 -坂本八幡宮-
碓氷馬車鉄道顕彰碑
井伊家ゆかりの寺? -成就院-
安中市原市・榎下神社
簗瀬城址 -城山稲荷神社-
金井忠兵衛の墓
明治天皇腰掛石 -中宿諏訪神社-
小幡信秀の開基 -宗泉寺-
安中忠政の墓 -全性寺 その2-
医学者・荒木寅三郎の墓
安中市野殿・白山比咩神社
日本武尊伝説 -飽馬神社-
お寺の中の博物館 -世界乗物館(龍昌寺)-
山田三川の墓 -龍昌寺 その2-
特攻慈母観音 -蓮久寺-
新島襄の祖父と弟の墓 -妙光院-
安中愛宕神社
伊勢三郎義盛伝説 -遠丸石-
黄金の千手観音? -正龍寺-
安中草三郎の妻・歌の墓? -東光院-
安中草三の碑
ぽっくり不動 -聖不動威怒明王-
安中忠親の墓 -安中・桂昌寺-
安中忠清の墓 -安中・久昌寺-
橋にされていた観音様 -聖観音碑-
下曽根氏累代の墓 -信照寺-
詩人・大手拓次の墓
井伊直孝が社殿を整備 -威徳神社-
井伊直孝(井伊直政次男)からの書状 -北野寺-
金井兵部重久鋳造の梵鐘 -称名寺-
安中市松井田町・寶蔵寺
四季を通じて花のある寺 -雲門寺-
伊勢義盛の墓? -安中市岩井・常楽寺-
安中市・簗瀬二子塚古墳
畑の中のパルテノン -旧松井田役場-
松井田町八城の八塔石紅地蔵
霜災懲毖之碑 -絹笠神社-
見事な山城 -後閑城址-
足利尊氏の開基 -崇徳寺-
源頼朝も参拝 -松井田八幡宮-
親鸞心替血之辻 -本照寺-
源頼光四天王・碓氷定光の開基 -松井田・金剛寺-
依田信濃守政知の開基 -長源寺-
源義国の開基 -満行寺-
磯貝雲峰の墓 -自性寺-
神楽殿をくぐって参拝 -郷原日枝神社-
一遍上人の笈 -聞名寺-
高崎藩主松平康長の娘・露姫の墓 -実相寺-
栄朝禅師の木像 -蓮華寺-
峠の釜めし -おぎのや(荻野屋)-
碓氷峠のめがね橋 -碓氷第三橋梁-
坂本ダムと碓氷湖
大道寺政繁の墓 -補陀寺-
羊太夫を祀る -羊神社-
戦国時代の戦死者? -簗瀬八幡平の首塚-
石川忠房の生祠 -安中・三社神社-
安中の総鎮守 -安中・熊野神社-
太山融斉と柏木義圓の墓 -西廣寺-
妖怪・チャンコロリンの墓 -大泉寺 その2-
小野栄重の墓 -南窓寺-
養蚕の神の白いヘビがいる? -咲前神社-
女の嫉妬物語 -八重が渕伝説-
井伊直政正室・唐梅院の墓 -大泉寺-
けっこうウキウキ -碓井峠鉄道文化むら-
佐々木盛綱祈願所? -普門寺-
伝佐々木盛綱夫妻の墓 -松岸寺 その2-
伝赤穂浪士・大野九郎兵衛の墓 -松岸寺-
武田家の祈願所 -不動寺-
安中 大名小路 その2 -旧安中藩武家屋敷-
安中 大名小路 -旧安中藩郡奉行役宅-
ホームセンターの駐車場? -旧碓井社本社事務所-
皇女和宮のご泊所 -板鼻本陣跡-
和合の鐘 -龍昌寺-
江戸時代の名主屋敷 -五料の茶屋本陣-
招き猫のお寺 -海雲寺-
外から失礼 -安中教会-
今はなき碓井郡 -旧碓井郡役所-
ゴルフ観音 -全性寺-
乗車客が下から2番目 -安中榛名駅-
赤穂浪士の石像
磯部公園の歌詩碑
温泉マーク発祥の地 -磯部温泉-
安中ふるさと学習館

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市磯部の神明宮跡。
神明宮は明治14年(1881年)に磯部神社に合祀され、現在は中磯部住民センターなどになっている。(磯部神社は「安中市・磯部神社」参照)

磯部神明宮跡 (1)
少しばかりの境内跡に、神明宮のご神木であったとされるヒイラギが残っている。

樹齢は250年以上と推定される。写真では分からないが、反対側の幹の内側は大きな空洞になっている。ただ、写真のように緑の葉が覆い、樹勢は旺盛に見える。

磯部神明宮跡 (4)
境内跡の隅に、「五六七会 タイムカプセル」と書かれた標柱があった。何の会かは知らないが、思い出の品などが埋められているようだ。

磯部神明宮跡 (2)
磯部神明宮跡 (3)
神明宮跡地は日本武尊が東征の折、行在所としたと伝わっており、その際に冠を掛けた「冠石」、腰を掛けた「腰掛石」がある。(もちろん、いずれも伝承)

一応、それらしき写真を撮ってきたが、まったく分からない。広くはない境内跡地や住民センター周りを探したが、上の写真くらいしか、それらしき物は見つけられなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市中秋間の大森神社。

大森神社 (1)
大森神社 (2)
中秋間大森神社の創建は不詳だが、もともと飽馬神社だったといわれる。弘治年間(1555~58年)に「飽馬」から「秋間」に文字が変わったとされるので、神社の創建はそれ以前と推定される。

飽馬神社時代に洪水で社殿が流され、里人が樫の木に繋いで流出をくい止めたという。その場所の近傍(現在地)に遷座した際に、大森神社と改称しという。

大森神社 (3)
大森神社 (4)
大森神社 (5)
大森神社 (6)
社殿の棟札に寛永3年(1626年)のものがあり、大工・小藤金左衛門、石井久四郎とある。

大森神社 (7)
木鼻(獅子鼻と漠鼻)がカラフルに着色されているが、これは何?? どういう意図なのかと、ちょっと思案してみたが・・・思い浮かばない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市東上秋間の三角の橋供養塔。

三角の橋供養塔(1)
供養塔は慶長15年(1610年)に東上秋間村の磯貝伊豆守が、秋間川支流の久保川に石橋をかけ供養したもの。磯貝伊豆守についてはよく分からない。また、石橋は現存していない。群馬県内で最古の橋供養塔といわれる。

三角の橋供養塔(2)
阿弥陀三尊を示す種子と「奉造立石橋者我一心志」。磯貝伊豆守の名とともに、願主として甚左衛門(同二拾人)という名も見える。

群馬県最古の橋供養塔と安中市HP、安中市教育委員会案内板に書かれている。調べてみたところ、全国でも慶長以前の橋供養塔は見つからない。なので、全国最古ではないかと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市中後閑の中後閑神社。

中後閑神社 (1)
中後閑神社の創建は文安4年(1447年)と伝わる。元は諏訪神社であったが、明治43年(1910年)近隣の熊野神社、大山祇神社、八坂神社、浅間神社などを合祀し、中後閑神社と改称。

中後閑神社 (2)
けっこう急な石段を登っていく。

中後閑神社 (3)
割拝殿と思われる。境内は草が生い茂っており、あまり訪れる人もいない?

中後閑神社 (4)
中後閑神社 (5)
中後閑神社 (6)
中後閑神社 (7)
主祭神が伊邪那美命・速玉之男命・事解之男命になっており、先に諏訪神社に各社を合祀したと書いたが、存続社は熊野神社のようだ。

この熊野神社は、室町時代に後閑城を築城した依田氏が鎮守として碓氷峠の熊野神社から勧請したもの。歴代後閑城主の崇敬を受けていた。
(後閑氏・後閑城は「見事な山城 -後閑城址-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市東上秋間の十二山神社。
前回の東神社の境内社となっている。
(「日本武尊の馬に水を飲ませた小型石棺(馬舟さま) -東神社-」参照)

十二山神社 (1)
十二山神社 (2)
十二山神社の創建は元和8年(1622年)と伝わる。もともとは源為朝陣屋跡との伝承がある神水の地に鎮座していた。

石祠は埋没していたが、大正5年(1916年)に永楽通宝などの多数の古銭とともに発見された。以後、山の守護、諸病平癒の神として信仰されてきた。平成11年(1999年)安中榛名駅の駅前開発に伴い、東神社の境内に遷座している。

源為朝は源為義の8男。剛弓の使い手で剛勇無双を謳われた。保元の乱(1156年)で兄・義朝や平清盛らに敗れ、伊豆大島に配流されている。

その生涯で安中はおろか上野国との関わりも見つけられない。なぜ為朝の陣屋が安中に? どういう伝承なんだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市東上秋間の東神社。

東神社 (1)
東神社 (2)
東神社 (3)
東神社は天福元年(1233年)の創建と伝わる。創建当初からかは不明だが、諏訪神社として地元に根付いていた。そのため、現在も東神社の標柱と諏訪神社の標柱も建っている。

東神社 (4)
明治42年(1909年)近隣の八坂神社、熊野神社、榛名神社などを合併し東神社と改称している。

東神社 (5)
東神社 (6)
東神社 (7)
「祝神社合併俳句奉納額」明治44年(1911年)と記載されており、この時点で神社合祀事業が完了したと考えられる。

東神社 (8)
境内に旧東秋間村から発掘された小型の石棺「馬舟さま」がある。長さ約1mで材質は地元の秋間石(溶結凝灰岩)、一般的な石棺と比較すると明らかに小さい。蓋と身は別物で、複数あった石棺の蓋と身と考えられている。

この石棺に水を汲み、日本武尊の馬に水を飲ませたという伝説がが残っており、このため「馬舟さま」と呼ばれている。また、日照りの際の雨乞いにも使われたという。


このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市下磯部の磯部神社。

磯部神社 (1)
磯部神社 (2)
磯部神社は鷺宮村の上諏訪神社が、慶長元年(1596年)に当地に遷座したのが始まり。そのため主祭神は建御名方命。

磯部神社 (3)
磯部神社 (4)
その後、数々の神社を合祀し、明治14年(1881年)に磯部神社と改称している。

磯部神社 (5)
磯部神社 (6)
拝殿は入母屋造り、本殿は流造り(と言っても見えないが)。

磯部神社 (7)
神饌舎? かなぁ。

享保8年(1723年)銘の灯籠は、大野九郎兵衛(赤穂事件時の赤穂藩家老)と目される「林遊謙」奉納といわれる(社殿前の灯籠かは不明)。

大野九郎兵衛と目される林遊謙に関しては下記参照。
(「伝赤穂藩士・大野九郎兵衛の墓 -松岸寺-」)

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市中野谷の熊野山清元寺。

清元寺 (1)
清元寺は文禄元年(1592年)から慶長6年(1601年)まで当地を治めていた秋元長朝の屋敷跡である。そのため、長朝が総社へ加増・転封(1万石)で移った慶長6年あたりの創建と考えられる(詳細不明)。

清元寺 (2)
清元寺 (3)
本堂屋根には「三つ柏」と「五七桐」の家紋がある。

清元寺 (4)
清元寺 (5)
清元寺 (6)
山門前の六地蔵と境内の石仏。

秋元長朝は北条氏に仕えていたが、豊臣秀吉の小田原攻めの後、井伊直政の推挙で徳川家臣となり、当地(2000石)を与えられている。その後、長朝は関ヶ原の戦い後に上杉景勝に降伏を勧める使者として会津に赴き、景勝に降伏を受け入れさせた。この功績により、総社(前橋)に1万石を与えられて大名となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市中野谷の中野谷神社。

中野谷神社 (1)
中野谷神社 (2)
中野谷神社 (3)
中野谷神社の創建年は不詳だが、「諏訪大明神」と「熊野三所大権現」の二社並立。「熊野大神 諏訪大神」と呼ばれていたが、明治11年(1871年)に中野谷神社に改称されている。

中野谷神社 (4)
中野谷神社 (5)
中野谷神社 (6)
社殿は明治26年(1893年)の再建。

中野谷神社 (7)
拝殿には「右三つ巴」の家紋がある。「右三つ巴」は一般的には藤原秀郷(俵藤太)の末裔(藤姓足利氏及び庶流)に多い。中野谷神社と藤姓足利氏との関連は、よく分からなかった。

当地は文禄元年(1592年)から慶長6年(1601年)までは秋元長朝が治めており、最初は秋元氏の家紋かと思ったが違った。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町原の白鬚神社。

白鬚神社 (1)
白鬚神社 (2)
白鬚神社の創建は不詳だが、景行天皇40年(110年)日本武尊の創建との伝承がある。これは坂本の八幡宮と同じ由緒。(「日本武尊の勧請 -坂本八幡宮-」参照)

明治41年(1908年)に碓氷峠の熊野神社に合祀されたが、昭和21年(1946年)に分離されている。

白鬚神社 (3)
白鬚神社 (4)
白鬚神社 (5)
日本武尊が東征からの帰途、当地で山の神が白鹿に化けて日本武尊の進路を妨げた。日本武尊は蛭を投げて応戦したが、霧が発生し進退窮まった。すると剣を持った白髭の老人が現れ、白鹿を撃退したので日本武尊は霧から脱出することができたう。

日本武尊はこれを猿田彦命のご加護と考え、石祠を建て祀ったという。これが白鬚神社の起こりといわれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町五料の茶釜石。
前回の夜泣き地蔵の足下にある。
(「五料の地蔵さん -夜泣き地蔵-」参照)

茶釜石
茶釜石と呼ばれる奇石。
叩くと「カンカン」と空の茶釜のような音がするので「茶釜石」と呼ばれる。

茶釜石の上には小石が多数乗っている。叩くために使った石と思われる。オレも叩いてみたが、確かに場所によって乾いた音がする。カンカンという感じではないけど。また、右側の方が良い音がする。そのあたりの中に空洞でもあるのかも。

ここを通った蜀山人も、茶釜石の珍しい音色に
「五科(五両)では あんまり高い茶釜石 音(値)打をきいて通る旅人」
と詠んだという。

ちなみに、蜀山人は江戸時代後期の狂歌師で、狂歌三大家のひとりと数えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町五料の夜泣き地蔵。

夜泣き地蔵 (1)
旧中山道沿いに建っているお地蔵さん。このお地蔵さんには逸話があり、夜泣き地蔵と呼ばれている。(写真1番右)

ある日、荷を運んでいた馬子が荷物のバランスを取るため、落ちていたお地蔵さんの首を荷に積み、深谷(埼玉県)まで行ったところで首を捨ててしまった。すると、夜な夜な「五料恋しや」と泣く声が聞こえるようになったので、首を五料まで戻してお地蔵さんに乗せたという。

この物語は「日本昔話」で「五料の地蔵さん」として放送されている。その際は、首だけ持っていったのではなく、お地蔵さんそのものを持っていったことになっている。主に子どもが観る番組なので、首というのはダイレクトすぎるので配慮したってことだね。

夜泣き地蔵 (2)
夜泣き地蔵 (3)
夜泣き地蔵の足下には、とれた首が置かれている。これが持っていかれた首なのか不明(お地蔵さんに首はあるので)だが、ちょっと怖い光景である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市磯部の楫取素彦別邸跡。

楫取素彦別邸跡 (1)
楫取素彦別邸跡 (2)
初代群馬県令・楫取素彦の別邸跡は、現在「旭館」という旅館になっている。楫取時代の遺構としては「楫取素彦手植えのカエデ跡」があるらしい。跡ってことは・・・(苦笑)。

楫取素彦別邸跡 (3)
楫取素彦別邸跡 (4)
楫取は明治17年(1884年)に元老院議官に転任、群馬を離れている。楫取がいつまで別邸を所有していたかは不明だが、旭館の創業は明治43年(1910年)ということなので、それ以前には手放していたようだ。(楫取は大正元年:1912年に83歳で亡くなっている)

明治18年(1885年)に信越線磯部駅の開業に伴い、磯部温泉は活況を呈し別荘地としても賑わったという。当時の磯部温泉は、高級別荘地であったため、楫取の他にも井上馨(外相)などが別荘を構えていた。

また、多くの文人・文豪も磯部温泉を訪れ、数々の作品を残している。
(「磯部公園の歌詩碑 」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市磯部の薬師堂。

磯部温泉・薬師堂 (1)
磯部温泉薬師の由緒は不明だが、温泉開湯以前よりこの地に鎮座しているといわれる。

いくつかの資料に、磯部温泉の開湯は天明3年(1783年)と書かれているが、万治4年(1661年)の絵図に「温泉マーク」が描かれていることから、それ以前と考えられる。ちなみに、天明3年は浅間山の大噴火により湯量が増し、磯部温泉となった時期だと思う。
(「温泉マーク発祥の地 -磯部温泉-」参照)

磯部温泉・薬師堂 (2)
磯部温泉・薬師堂 (3)
薬師如来が、脇士の日光・月光菩薩を従えている。その周りを十二神将が守護している。

磯部温泉・薬師堂 (4)
湧き水(?)が流れ出していた。ちょっと風情のある竹筒と、瀬戸物と思われる甕の組み合わせがアンバランスではあるが。のどが渇いていたので飲みたかったのだが、ちょっと勇気がなかった。

磯部温泉・薬師堂 (5)
温泉薬師に行くには、石段を登る(下る)。登り下りの中間にあるので。

毎年2月3日には節分厄払い豆まきが行われる。年男たちが旅館やホテル、商店など約300軒を一軒一軒回りながら豆をまくという。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市磯部の赤城神社。

磯部温泉・赤城神社 (1)
磯部温泉・赤城神社 (2)
磯部赤城神社は平安時代初期の元慶年間(877~85年)の創建と伝わる。旧上磯部村・西上磯部村の鎮守である。

磯部温泉・赤城神社 (3)
磯部温泉・赤城神社 (4)
明治期に近隣の諏訪社、八幡宮、白山社などが合祀されている。

磯部温泉街にあるため、古くから湯治客などが多く参拝している。半七捕物帳で知られる岡本綺堂は、大正6年(1917年)発表の「葉桜まで」に春祭の様子を描いている。

毎年8月15日の磯部温泉祭では、源泉で神事の後、御輿の渡御が行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市磯部の仙石因幡守の頌徳碑。

仙石因幡守の碑
仙石因幡守久俊の頌徳碑は、嘉永5年(1852年)の建立。撰文は亀田鵬斉の子・亀田綾瀬。(亀田綾瀬は「亀田三先生の筆跡 -上五箇愛宕神社-」参照)

仙石因幡守は4000石の旗本で、磯部村に領地を持っていた。磯部村は水利が不便で、農民は用水不足に悩んでいた。そこで、碓氷川からの用水を考えたが、取水地が隣の人見村だったため幕府の力を借りるしかないと考え、自らの磯部領を幕府へ返上、寛文9年(1669年)に摂津・河内へ移った。

天領となった磯部村は、幕府代官の手により寛文13年(1673年)に人見堰が完成し、村内の水田を灌漑することができた。磯部の住民は大いに感謝し、仙石因幡守を稲葉大権現として祀り、その徳を讃えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市原市の八本木旧立場(たてば)茶屋。

八本木旧立場茶屋 (1)
八本木旧立場茶屋 (2)
旧中山道沿いの八本木旧立場茶屋である山田屋。

立場は江戸時代、主要街道の宿場町が遠い場合や峠のような難所に設けられた休憩施設。茶店や売店が併設されている場合が多い。立場には藩が設置したものと地域住民(民間)設置のものがある。八本木立場が官民どちらの設置かは知らない。

八本木は中山道の安中宿と松井田宿の間にあり、さらに立場茶屋前はちょっとした坂の頂点になっている。(車で走っているとあまり感じないが、歩くと確かに坂道ではある)

前回の延命地蔵堂(「日本三地蔵 -八本木延命地蔵尊-」参照)と、旧中山道を挟み反対側にあるので、多くの旅人が参拝&休憩を取ったことだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市原市の八本木延命地蔵尊。

八本木延命地蔵 (1)
八本木延命地蔵 (2)
地蔵堂に祀られている延命地蔵菩薩像は、大永5年(1525年)安中忠清が越後国新発田から近戸明神、米山薬師とともに勧請したといわれる。

八本木延命地蔵 (3)
延命地蔵像は木造寄木造りで、岩座の上に趺座し、右手に錫杖を持ち、左手は膝上で手のひらに宝珠を持つ延命地蔵菩薩通形の形。室町時代初期の作と推定される。

秘仏とされ、100年に1度ご開帳される。内部の写真を撮ったら、それらしきお地蔵さんが映っているが、前立像と思われる。

前立像を寄進したのは、江戸初期の高崎藩主・酒井家次。家次はこの延命地蔵に大いに帰依し、お堂の改築なども行っている。

八本木の延命地蔵は日本三地蔵のひとつ(他は新発田と壬生)と案内板にあった。色々調べてみたけど、日本三大地蔵に八本木を入れている資料は見つからなかった・・・。ちなみに、岩船地蔵(栃木県)、木之元地蔵(滋賀県)、猿羽山地蔵(山形県)の組み合わせが多かった。

八本木延命地蔵 (4)
境内の聖徳太子像。太子16歳時の孝養像。天保6年(1835年)の銘がある。

八本木延命地蔵 (5)
安中市最古といわれる庚申石祠。寛永2年(1625年)の造立。

八本木延命地蔵 (6)
元々はお寺だったようで、歴代住職の墓(立派な五輪塔)が残っている。一般(檀家さん?)の墓地もある。

八本木の延命地蔵堂は旧中山道に面しており、参勤交代時の大名もみな下馬下乗し参拝したという。

関連
 「北関東の三大地蔵 -地蔵院-

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市原市の真光寺。

真光寺 (1)
真光寺の由緒は不明。天保3年(1832年)に火災で焼失。

真光寺 (2)
真光寺 (3)
梵鐘は原市の仁井与惣衛門が寄進したもの。安中藩主・板倉勝暁(在位 安永9年:1780年~寛政9年:1792年)の代に「時の鐘」として許可され、鋳直し天明元年(1781年)から撞かれている。

天保3年の火災後も、昼夜怠らず時を知らせ続けたことから、先の大戦においても供出を免れることができた。

真光寺 (4)
現在、鐘楼は本堂隣にあるが、元々は中山道からの入り口すぐの東側にあった。

安中市では、この真光寺の鐘以外に、称名寺、桂昌寺の鐘も供出を免れている。
 「安中忠親の墓 -安中・桂昌寺-
 「金井兵部重久鋳造の梵鐘 -称名寺-

真光寺 5)
墓地内に「書家 仁井楽圃の碑」があった。申し訳ないがどのような方かは不明。仁井という名から、梵鐘を寄進した仁井与惣衛門の関係者(末裔)かも。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市板鼻の八幡山長伝寺。

長伝寺 (1)
長伝寺 (2)
長伝寺は天文元年(1532年)長源寺9世・為景春和が八幡八幡宮境内に創建。豊臣秀吉の小田原攻め(天正18年:1590年)の際に八幡八幡宮とともにが焼失、慶長9年(1604年)現在地に再建されている。

山門の扁額が「第一義」。これは最高の道理、究極の真理などを意味する仏教用語。もちろん、一般用語でも使う(最も大切な根本的な意義、価値)。

長伝寺 (3)
長伝寺 (4)
本堂は慶応4年(1868年)の再建。石原常八、金子文五郎などの彫刻が数多く施されている。いずれも石原流(元祖は石原吟八)の名工である。

長伝寺 (5)
長伝寺 (6)
長伝寺 (7)
長伝寺 (8)
向拝上部の唐獅子や中備えの龍、正面入り口の両脇に波に千鳥など。しかし、実際に石原常八、金子文五郎の見事な彫刻は本堂内部(欄間彫刻など)に多く見られる。

これら彫刻を施したためか、本堂の再建には十数年かかっている。

長伝寺 (9)
境内の仏足石。

本堂の欄間彫刻は2代目石原常八の最後の作とされている。他には、板倉町の雷電神社や埼玉県熊谷市妻沼の歓喜院聖天堂の彫刻が有名である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町五料の碓氷神社。

碓氷神社 (1)
碓氷神社 (2)
碓氷神社の創建年は不詳だが、碓氷峠熊野神社の分霊を勧請したのが始まりと伝わる。

碓氷神社 (3)
けっこう急な石段を登っていく。

碓氷神社 (4)
碓氷神社 (5)
慶安年間(1648~52年)に熊野神社の里宮と位置づけられ、社殿を改築している。

建久年間(1190~99年)に源頼朝が浅間山麓で巻狩りを行った際、当社に祈願し境内に御所を置いたという。そのため、この地を御所平という。吾妻郡高山村の泉龍寺には、巻狩りの際に源頼朝が植えたという高野槙がある。
(「源頼朝が植えた高野槇 -泉龍寺-」)

また、建武4年(1337年)に光明天皇が碓氷郡の一宮と定めたといわれる。光明天皇は北朝(第2代)側の天皇である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町坂本の青松寺。

青松寺 (1)
青松寺 (2)
青松寺の由緒は不明。現在は阿弥陀堂が残るのみ。と言っても、一見物置のような造り。

青松寺 (3)
坂本宿の本陣・金井家の墓。
立派な石塔が数多くある。写真左の大きな石塔は、後から笠を乗せたのかな?

坂本宿は中山道69次の17番目の宿場。碓氷峠と碓氷関所の間にあるため、大名行列のすれ違いのため、本陣が2つあった。上の本陣・佐藤家と下の本陣・金井家。

金井家本陣には、文久元年(1861年)公武合体のため徳川家茂に嫁ぐ和宮内親王が宿泊している。

青松寺 (4)
失礼ながら墓碑を見させていただいたところ、「金井淡路守高勝四男金井源三郎勝治十三代」との記載があったので、倉賀野城主・金井淡路守秀景の末裔のようだ。(金井秀景と金井高勝の関係は分からず)

以前紹介した板鼻宿で牛馬宿を営んでいた金井忠兵衛(旅行記を残す)も金井秀景の末裔といわれている。(「金井忠兵衛の墓」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町坂本の八幡宮。

坂本八幡宮 (1)
坂本八幡宮の創建年代は不詳だが、景行天皇40年(110年)日本武尊の勧請との伝承がある。安中市から吾妻郡方面には、日本武尊伝説が多数残っているので、さもありなんかな。

坂本八幡宮 (2)
扁額の揮毫は高橋道斎と伝わる。(高橋道斎は「高橋道斎の墓 -常住寺-」参照)

坂本八幡宮 (3)
延喜年間(901~23年)に社殿を建立(現在地とは別場所)。江戸時代に「坂本宿」が確立した時期に、現在地に遷座している。また、近郷の諏訪神社、白山神社、坂本神社、菅原神社などを合祀している。

坂本八幡宮 (4)
拝殿内部を除いたら、本殿が2つ鎮座していた。ひとつは「品陀和気命」(八幡宮)、もうひとつは「建御名方命」(諏訪神社)だと思われる。

坂本八幡宮 (5)
坂本八幡宮 (6)
神輿庫。

坂本八幡宮 (7)
鳥居脇に双体道祖神が2体あった。

境内の杉木立が荘厳さと雰囲気の良さを醸し出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町横川の碓氷馬車鉄道顕彰碑。

碓氷馬車鉄道顕彰碑 (1)
碓氷馬車鉄道は、横川駅から軽井沢駅との間をつないでいた馬車鉄道である。明治20年(1887年)に日本で2番目の馬車鉄道として設立され、翌明治21年(1888年)に営業開始したが、鉄道開通のため明治26年(1893年)に廃止されている。

太平洋側と日本海側を結び、日本経済の充実を図り国力を増強するという高い目標があったからこそ、難工事や多くの苦難を乗り越え開設・営業に至ったものである。

そのような意義を歴史に残そうと、「うすいの歴史を残す会」の皆さんが平成25年(2013年)に顕彰碑を建立している。

碓氷馬車鉄道顕彰碑 (2)
馬車鉄道はその名の通り馬が車両を引いていたのだが、横川-軽井沢間は
標高差が555mもあるため、馬2頭立てで片道2回交代していた。急峻でカーブの多い峠道は、馬への負担は相当大きかったと思われる。

そんな碓氷峠の鉄路(信越線)は、平成9年(1997年)の長野新幹線開通により、横川-軽井沢間は廃止されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市松井田町小日向の龍王山成就院栄福寺。

成就院 (1)
成就院は弘和元年(1381年)足利鶏足寺の僧・慶秀の創建と伝わる。慶秀が七寺建立の大願を立て、七寺目の当寺で大願成就したため成就院としたとされる。(弘和は北朝の年号で、南朝では永徳になる)

成就院 (2)
本堂は平成7年(1995年)の改修。

成就院 (3)
成就院 (4)
本堂裏山には歴代住職のものと思われる五輪塔が並んでいる。開基・慶秀のものもあるらしいが、雑草に覆われていて見分けることができなかった。

成就院 (5)
境内の宝篋印塔(?)。彦根・金亀山北野寺25世高幢の銘があった。彦根の北野寺は彦根藩2代藩主・井伊直孝が、彦根寺を北野寺と改称したお寺。江戸時代に入ると、彦根北野寺と成就院は密接な関係にあったと推定される。

と言うことは、成就院は井伊家(直孝)と深い関係があったことになる。安中市「ふるさと学習館」の企画展「井伊家と安中」のチラシを見ると、井伊家ゆかりの地の中に成就院が記載されている。(色々調べてみたけど、理由は分からなかった)

成就院には徳川家光からの31石を与える旨の朱印状(写)が残されている。これは直孝が家光の後見役(大政参与)に任じられていたからと推定される。

プチ情報だが、成就院は映画・寅さんシリーズの14作目のタイトルバックに使われているらしい。

関連
 「井伊直孝(井伊直政次男)からの書状 -北野寺-

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市原市の榎下(えげ)神社。

榎下神社 (1)
榎下神社は大永5年(1525年)に、越後国新発田より知賀戸明神を勧請して知賀戸神社として創建。その後、正徳3年(1713年)近津神社となり、明治時代に榎下神社となっている。

榎下神社 (2)
比較的長い参道は杉並木で覆われ、緑の中を心地よく歩ける。

榎下神社 (3)
榎下神社 (4)
榎下神社 (5)
社殿は明治27年(1894年)に大がかりな改修が行われている。社殿裏には八咫川が流れ、参道を含む神域は荘厳な雰囲気が漂う。

榎下神社 (6)
形状が珍しい御神燈。天保14年(1843年)とあった。

榎下神社 (7)
神楽殿では、かつて神事芸能が行われていたという。

夏祭りが例大祭で、神輿が各地区を渡御する。明治期には碓氷川に御輿が渡御し、喧嘩御輿により勝った村には疫病が流行らないとされていた。

元々当地には諏訪神社があったが、安中忠清が榎下城を築いた際、城の鬼門として遷座させたため、榎下神社はその跡地に建っている。ちなみに、榎下城は現在の久昌寺(寺域を含む)あたりにあった安中氏の居城。(「安中忠清の墓 -安中・久昌寺-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市簗瀬の城山稲荷神社。

城山稲荷神社 (1)
城山稲荷神社は原市の個人邸内に鎮座していたが、文化年間(1804~18年)に現在地に遷座している。

城山稲荷神社 (2)
城山稲荷神社 (3)
城山稲荷神社 (4)
拝殿は文政6年(1823年)、本殿は文化年間(1804~18年)の造営。

城山稲荷神社は中御門家の祈願所となっており、同家が文政7年(1824年)に奉納した抱柏御葉牡丹の紋の「紫縮緬幕」が社宝となっている。

城山稲荷神社 (5)
境内地は簗瀬城址と伝えられる。建治元年(1275年)の築城ともいわれるが、資料的な裏付けはない。

写真の案内板が立っているところは虎口の雰囲気。社殿裏(北側)には土塁が残っている。とは言え、周囲は住宅地になっており、オレのような素人は言われなければ城址と気づかない可能性が大きい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市板鼻1丁目の金井忠兵衛の墓。

金井忠兵衛の墓
金井家墓所にある金井忠兵衛の墓。

金井家は倉賀野城主・金井秀景の末裔といわれ、中山道・板鼻宿で牛馬宿を営んでいた名家。牛馬宿は宿場の本陣・脇本陣に次ぐ宿格で、その名の通り牛や馬などを泊める以外にも幕府役人などの定宿となっていた。

ちなみに本陣は木島家で、幕末の公武合体で14代将軍・徳川家茂に嫁ぐため中山道を下った和宮内親王がご宿泊された書院が残っている。
(「皇女和宮のご泊所 -板鼻本陣跡-」参照)

忠兵衛は旅日記「伊勢参宮 並 大社拝礼紀行」を残したことで、その名を残している。文化5年(1822年)に自身の伊勢神宮、長崎、出雲大社などへの旅の記録。

この旅行記には、各地の宿の食事の内容や、泊まり心地の善し悪しなど、現在のガイドブックブックとグルメ本を合わせたような内容。

さらには、各地の文化風習に加え、どこそこに美人がいたなどの記載もある。長崎では、地元では絶対にお目にかかれない異国人(オランダ人や清国人)や異国船の様子も綴っている。

忠兵衛の「伊勢参宮 並 大社拝礼紀行」は、末裔が土蔵から発見したものであるが、当時の旅事情のみならず各地の食文化を知る上で大きな役割を果たしている。

なお、この「伊勢参宮 並 大社拝礼紀行」は、平成3年(1991年)に「金井忠兵衛旅日記」(金井方平編、高崎市・あさを社)として出版されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


安中市中宿の諏訪神社。

中宿諏訪神社 (1)
中宿諏訪神社の創建は天正年間(1573~93年)と伝わる。

中宿諏訪神社 (2)
中宿諏訪神社 (3)
中宿諏訪神社 (4)
当地を治めていた安中氏は、永禄5年(1562年)武田氏に服属していることから、領内に諏訪神社を創建したと考えられる。(武田氏が諏訪明神を守護神として信奉していたため)

この辺の事情は、小幡氏が領内(富岡・甘楽)に諏訪神社を多数勧請しているのと同様と思われる。

中宿諏訪神社 (5)
中宿諏訪神社 (6)
境内の御嶽山座王権現。多数の白狐が奉納されていた。御嶽山と白狐の関係は分からない。

中宿諏訪神社 (7)
明治天皇が明治11年(1878年)北陸・東海巡幸のおり、当地で小休止した際に腰掛けた石がある。

中宿諏訪神社には、明暦年間(1655~58年)に始まる「糸繰り灯籠人形」が伝承されている。和紙製の人形の中にカンテラを灯し糸で操る物。明治時代に途切れたが、昭和28年(1953年)に復活し、現在も不定期に境外公演されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ