Tigerdream の上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

カテゴリ: 群馬の古民家・西洋建築


高崎市元町の小見家住宅。

水村園(小見家住宅) (1)
小見家は安政4年(1857年)創業のお茶を扱う老舗で、水村園の店名で現在も営業している。150年の歴史を持つ店の敷地には、江戸末期から明治・大正時代にかけて建造された建造された土蔵とレンガ蔵がある。

高崎城下町時代の名残りの間口9.6m、奥行46mの南北に細長い敷地に、土蔵群が建ち並ぶ。

水村園(小見家住宅) (2)
水村園(小見家住宅) (3)
桁行7間半、梁行2間の規模で、東面は煉瓦造りで防火壁としている。西面は木柱を建てて吹放ちとし、南北棟の桟瓦葺寄棟屋根を架ける。煉瓦造りと木造の混合構造になっている。

水村園(小見家住宅) (4)
敷地の東北隅に建つ桁行4間、梁行2間半規模の木造2階建。
寄棟造り、桟瓦葺建屋で、2階を8畳と4畳半の隠居部屋としている。小見家おける住居構成の変遷を物語る遺構。

非公開の土蔵に保管されている明治14年(1881年)産の茶葉は、日本最古のものとされ、TV番組でも取り上げられたことがある。

残念ながら、旧店舗は残っていないが(国道354号の拡幅工事により取り壊された)、小見家の土蔵群は幕末から昭和初期にかけての、建築形式を伝える貴重な資料となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉の猿ヶ京関所跡。

猿ヶ京関所 (1)
猿ヶ京関所は、寛永8年(1631年)に江戸と越後・出羽方面を結ぶ要路であった三国街道に設置された関所。関所の建物は長さ18m、幅12.6mもの大きさだったという。

猿ヶ京関所 (2)
猿ヶ京関所 (3)
猿ヶ京関所 (4)
関所は真田氏が管理していたが、その改易後は高野、木村、戸部、片野の4家が、関守として管理をした。

関所役宅(片野家)は、現在資料館として関所手形、猿ヶ京関所付近絵地図などを展示している。

猿ヶ京関所 (5)
文化10年(1813年)の猿ヶ京関所の図(片野家所蔵)。左側に屋敷牢がある。

関所破りは捕まれば磔となったが、捕まって吟味中に牢屋で死んだ者でも、塩漬けにされ刑場で磔にされるほど重い罪であった。でも幕末には手形のない旅人でも、猿ヶ京の宿屋や茶店の印鑑を貰い、五十文払えば通れたと言うから、かなり綱紀が緩んでいたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沼田市利根町日影南郷の旧鈴木家住宅。

旧鈴木家住宅 (1)
鈴木家の先祖は、当地に熊野神社を建設するために神官として来村し、代々名主を務めた家柄。当家は、検地などで訪れる役人の逗留施設でもあった。

主屋は、東北地方の民家でよく見られる曲屋(まがりや)形式。L字に曲がっている部分は「うまや」として、数頭の馬の飼育に使われていた。

旧鈴木家住宅 (2)
旧鈴木家住宅 (3)
上段の間である「オクノデイ」は、他の部屋より段が高くなっている。正面にオドコ(雄床)、メドコ(雌床)を設け、向かって左手には付け書院を、これと対応した右側には敷居を一段高めた「帳台構え」を設け、正式な書院造りを構成している。

旧鈴木家住宅 (4)
当時使用した民具・農具などが展示されている。

旧鈴木家住宅 (5)
旧鈴木家住宅 (6)
土瓶で沸かしたお湯で入れたお茶と、キャラ葺をご馳走になった。管理人さんが「寒いでしょ」ということで、薪をくべてくれたんだけど、ちょっと煙かった。

旧鈴木家住宅 (7)
旧鈴木家住宅 (8)
敷地内に、南郷温泉「しゃくなげの湯」から源泉を引いた足湯があった。ちょこっと浸けてみたけど、けっこう気持ちいいもんだ。

写真にキレイな足(?)が映っているけど、ご勘弁を。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沼田市白沢町高平の書院。

高平の書院 (1)
慶安2年(1649年)4代真田沼田藩主・真田信政が、高平の宿割などを行ったおりに設置され、その後は領主の領内見回りや鷹狩の休憩所として利用された。当時、敷地内に7棟の建物が配置され、書院はその一部である。その後、黒田氏が藩主時代(江戸時代中期)に再建されている。

高平の書院 (2)
主室には 床・脇床・平書院を設け、次ノ間にも間口2間の床を備えている。数寄屋風書院としては、県内屈指の建築物だという。

高平の書院 (3)
高平の書院 (5)
敷地内には推定樹齢約400年の五葉マツがある。高さ18m、目通り2.5m。高平の宿割の際、書院の庭木として植樹されたものと伝えられている。(慶安2年の植樹だとすると、360年余りとなる。)

五葉マツとしては、この地方まれに見る巨木で、樹勢も旺盛である。品種は南方系(四国系)に属し、この地方にあることは珍しい。

高平の書院 (6)
もう少し整備(修復)し、有料でもいいので公開すれば、と思った。個人所有のままでは難しいので、群馬県、沼田市も何か考えたほうがいいよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市仲町の桐生倶楽部会館。

桐生倶楽部 (1)
社団法人「桐生倶楽部」は、明治33年(1900年)に誕生した産業人の社交機関「桐生懇話会」をその設立母体としている。当時桐生町と周辺町村の有力者は協力して、桐生停車場、銀行誘致、電話設置などに尽力、桐生町発展の基礎を作った。

桐生倶楽部 (2)
桐生倶楽部 (3)
桐生倶楽部会館は、大正8年(1919年)に桐生倶楽部の活動拠点として造られた木造2階建て、寄棟、瓦葺きの大正モダニズムの薫りを伝える洋館。縦長の上げ下げ窓、4本の煙突、玄関ポーチにはギリシャ神殿風の柱、玄関扉上部はファンライトと呼ばれる半円形の欄間を設えている。

桐生倶楽部 (4)
外壁はリシン吹き付けで、桐生倶楽部のマーク(?)「K」の文字が。

桐生倶楽部 (5)
桐生倶楽部 (6)
桐生倶楽部 (7)
各部屋は机や椅子、暖炉にランプ、絵画など、それぞれの部屋の用途、雰囲気に合った調度品が置かれ、部屋の個性をさらに引き立てている。

大正時代は15年と短かったが、日本が大きく変化した時期である。このように大正モダニズムを感じる建物は数少なくなっており貴重と思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市堤町の水道山記念館。

水道山博物館 (1)
水道山博物館 (2)
桐生市水道課(現在の桐生市水道局)の配水事務所として昭和7年(1932年)に建設された。木造平屋建、外壁はスクラッチタイル貼り、屋根は瓦葺である。

昭和47年(1972年)、40年に及んだ配水場事務所としての役割を終え、昭和60年(1985年)から昭和61年(1986年)にかけて改修工事が行われ、「水道山記念館」と改称している。

昭和初期に造られた貴重な近代化遺産である。

水道山博物館 (3)
現在は資料展示と会議や研修会などで、市民に利用されている。

桐生市には西洋風やモダンな建築物が多いね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市相生町の桐生明治館。

桐生明治館 (1)
明治11年(1878年)に衛生所兼医学校として、前橋(現群馬会館位置)に建設される。その後、昭和3年(1928年)に山田郡相生村役場として移築される。

昭和59年(1984年)から昭和61年(1986年)にかけて保存・修理工事行い、創建当時の姿に復元されている。

桐生明治館 (2)
建物は木造二階建の桟瓦葺で、当時の洋風潮流に基づくポーチやベランダを付けた典型的な擬洋風建物。玄関を中心に、ほぼ左右対称。

桐生明治館 (3)
桐生明治館 (4)
明治期の人力車・自転車・カメラ、ピアノや家紋入りのドローイングデスクなど、身の回りの品が展示されており、当時の面影を感じることができる。ピアノは桐生随一の豪商・12代書上文左衛門が、大正11(1922)年に納入したもの。

桐生明治館 (5)
2階中央の貴賓室。奥の赤い二脚の椅子は、明治35年(1902年)に皇太子時代の大正天皇がご来桐の折にご使用になられたもので、昭和9年(1934年)に行幸された昭和天皇が再びご使用になられたものらしい。(ただ、この明治館とは関係ないみたいだけど。)

明治の初期洋風建築のさまざまな特徴が見られ、古き時代の面影と異国情緒を今に伝えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沼田市西倉内町の旧土岐邸洋館。

旧土岐家洋館 (1)
旧土岐家洋館 (2)
土岐頼稔が寛保2年(1742年)、黒田氏の後を受けて沼田藩主となって以来、12代頼知まで127年間この地を治めていた。明治4年(1871年)に沼田を離れ東京に転居した土岐家は、明治政府から子爵に叙せられている。

ちなみに歴代沼田藩主は、真田氏5代後、天領、本多氏3代、黒田氏2代、土岐氏12代を経て、明治維新を迎えている。

この洋館は土岐章・子爵が大正13年(1924年)、現在の東京都渋谷区に平屋の和館部と連接して建築したもの。平成2年(1990年)に、土岐實光氏より沼田市が寄贈を受け、沼田公園内へ移築している。

旧土岐家洋館 (3)
玄関を入ると、土岐沼田藩初代藩主・土岐頼稔の像がある。

旧土岐家洋館 (4)
旧土岐家洋館 (5)
洋間の内部意匠は、装飾を豊かに用いた明治期の西洋館と異なり、壁・天井ともに白漆喰仕上げをして、表面の装飾的な扱いを避け、生活空間の充実を基本としている。

旧土岐家洋館 (6)
旧土岐家洋館 (7)
1階にも2階にも和室があり、和洋折衷になっている。

なんだかんだ言って、旧大名家は明治になっても爵位を得て、優雅に暮らしていたということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


沼田市西倉内町の旧生方家住宅。

旧生方家住宅 (1)
旧生方家住宅は妻入・板葺の町家で、その様式・技法から見て17世紀末の建築とされ、東日本で最も古い町家造りの建築物とされる。

沼田市の繁華街の中心にあったが、昭和48年(1973年)沼田市に寄贈され、沼田公園内に移築している。

旧生方家住宅 (2)
旧生方家住宅 (3)
旧生方家住宅 (4)
生方家は旧沼田藩の薬種御用達を勤めた家柄で、建物構造も商家ならではの造り。薬を調合する匙や天秤などが展示されている。

旧生方家住宅 (5)
旧生方家住宅 (6)
旧生方家住宅 (7)
隣には、元沼田町長であり旧生方家住宅の前所有者であった生方誠氏が、生前収集した書や出土品などが展示されている資料館がある。資料館の建設費用は、たつゑ夫人が寄付している。

ちなみに、夫人は歌人で沼田市名誉市民。

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤岡市藤岡の旧多野会館。

旧多野会館 (1)
昭和13年(1938年)に建てられた、木造2階建ての和風近代建築。元々は旧藤岡町役場?? 全く知らないけど、だいたいこういう建築物って役場が多いから。(勝手な推論)

旧多野会館 (2)
旧多野会館 (3)
建物自体はこのての近代建築物としては、非常に大きく立派なもの。現在は多野藤岡農協(JAたのふじ)の本店として使われている。農協なんかに使われて、もったいない。これはオレの農協への偏見に基づく。オレ、農協って組織大嫌いなんだよね。

瓦屋根(和風)とレンガ貼りの外観(洋風)が、それなりに調和しているからおもしろい。建屋自体が大きいから、重厚感も感じる。

*追記
  現在取り壊されて、現存していません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


伊勢崎市曲輪町のいせさき明治館。

いせさき明治館 (1)
明治45年(1912年)に建てられた洋風建築。元は明治30年(1897年)に当地で開業した今村医院。今村家が東京に転出した昭和初期に黒羽根医院が購入、昭和59年(1984年)まで使われていた。

いせさき明治館 (2)
いせさき明治館 (3)
正面中央に車寄せ風の玄関ポーチを構え、独立柱の柱頭飾りやテラス開口部周りの柱頭飾りなどは、手の込んだ装飾が施されている。

いせさき明治館 (4)
洋風建築の象徴といえば、上げ下げ式の窓(個人的な意見)。この窓にも山形や櫛形風の化粧破風などが施されている。

明治末に一個人が自宅兼医院として、これだけのものを建てたことがすばらしい。

平成14年(2002年)に市に寄贈されたのを機に、現在地まで約100mを2日間かけて曳き屋移転したそうだ。

県内最古の木造洋風「医院」建築であるらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


みどり市東町花輪の今泉嘉一郎の生家。

今泉嘉一郎
今泉嘉一郎は慶応3年(1867年)東村花輪に生まれた。その後明治45年(1912年)に、友人だった白石元治郎とともに、初の民間製鉄会社である日本鋼管(現在のJFEグループ)を設立した。

衆議院議員や日刊工業新聞社長などを歴任し、日本の製鋼、鋼管技術の育成、発展に尽力、昭和16年(1941年)に亡くなっている。

今泉嘉一郎の生家 (1)
今泉嘉一郎の生家 (2)
今泉嘉一郎の生家 (3)
門構えは腕木門と称される造りで、屋根面にむくりをつけた「起り破風」を持ち、門と一体をなす屋根塀と異なる意匠となっている。

今泉嘉一郎の生家 (4)
今泉嘉一郎の生家 (5)
主屋は、江戸時代末期に建てられたと考えられ、木造2階一部平屋建で、背面屋根を葺き下ろしている。嘉一郎の母・常子は当時では珍しい女医で、ここで医院を営んでいた。

嘉一郎は花輪小学校校舎の改築や、旧東村への電気の敷設に多額の寄付を寄せるなど郷土への思いも強く、現在も地元の人々の敬愛を集めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


みどり市大間々町桐原の桐原郷蔵。

桐原郷蔵 (1)
桐原郷蔵 (2)
郷蔵は江戸時代、年貢を一時的に貯蔵するために造られたもので、桐原村の郷蔵は、弘化4年(1847年)に建造されたものである。

寛政2年(1790年)に幕府から貯穀令が出され、村々には郷蔵を建てるように命じられた。しかし、桐原村の場合資金不足のため、すぐには建設できなかった。そのため、民家の蔵を借りて代用していたという。

弘化3年(1846年)に、長年の懸案事項であった郷蔵建設が本格化し、村の入会地であった手振山の立木や葛根を売り払い、資金13両で建設された。それ以来、明治初期まで郷蔵として使用されてきた。

桐原郷蔵 (3)
建設当初は板葺きであったが、数度の改修を経て現在は鉄板瓦葺きとなっている。

関係する古文書も豊富にあり、その経緯等を知ることができる。史料の概要は、近世中期以降の典型的な村方文書群といえる。

郷蔵訪問は、前橋の上泉郷蔵に続き2例目である。
(「江戸時代の年貢貯蔵庫 -上泉郷蔵-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


みどり市大間々町高津戸の高津戸峡。

足尾山地から流れ出る渡良瀬川の中流に位置する。吾妻峡とともに「関東の耶馬渓」と称される。(吾妻峡は、上毛かるた紀行「耶馬溪しのぐ吾妻峡」参照。)

高津戸峡 (1)
高津戸峡 (2)
高津戸峡にかかる「はねたき橋」は、歩行者専用橋で、全長120m、全幅3.5m。その名は「水が飛散する様が滝のように見える」ことに由来する。はねたき橋は、横、縦どちらから見ても三角形に見える。

高津戸峡 (3)
高津戸峡 (4)
高津戸峡 (5)
はねたき橋から見た高津戸峡。

高津戸峡 (6)
高津戸峡 (7)
遊歩道があったので、ちょっと下に降りてみた。下流の高津戸橋までの間、約500mにわたり遊歩道が整備されている。写真はないけど、ポットホールやゴリラ岩などの奇勝を見ることができる。

高津戸峡 (8)
少し下流(ながめ余興場あたり)では、川面が少しグリーンっぽく見えた。

ながめ余興場
番外編になるが、ながめ余興場。

ながめ余興場は、昭和12年(1937年)に竣工した木造二階建の劇場建築。形式は切妻造り妻入りと称されるもので、建物正面の中央に唐破風をつけて客の入場口とし、その左右には千鳥破風を付けるなど、劇場らしい変化に富んでいる。

しかし、はねたき橋から遊歩道へ降りたはいいが、帰りの登りに太ももが・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


多野郡上野村楢原の旧黒澤家住宅。

旧黒澤家住宅 (3)
旧黒澤家住宅 (4)
江戸時代、現在の上野村・神流町などは幕府の天領であり、黒澤家はその一部(神山郷)の大総代(大庄屋役)を努めた旧家である。

旧黒澤家住宅は、19世紀中ごろの建築と考えられ(18世紀中ごろとの説もあり)、間口22m、奥行き16mの総二階の切妻造り。屋根は簡単に手に入り、水に強い栗の木が使われている。

旧黒澤家住宅 (1)
旧黒澤家住宅 (2)
黒澤家には、玄関が3つある。代官等を迎えるための「式台」、村の行事等に使用された「村玄関」、家族などが日常的に使用した「大戸口」。これは、他に例が見られないもので、黒澤家の当時の役割がうかがえる。

旧黒澤家住宅 (9)
旧黒澤家住宅 (8)
囲炉裏のある「ちゃのま」は31畳半もある。また、主人の座る席の後ろには大きな神棚があり、城郭のような形をしている。

旧黒澤家住宅 (5)
西側には4つの座敷が並んでいる。幕府の代官等がこの地を訪れたときに使用された。「上段の間」「中段の間」「中の間」「休憩の間」。「上段の間」と「中段の間」の境にある欄間は、両面の絵柄が異なるなど、隅々にきめ細やかな意匠が施されている。

旧黒澤家住宅 (6)
旧黒澤家住宅 (7)
2階は仕切りのない広い板の間で、養蚕のために使われていた。現在は、養蚕・機織り・紙漉き・生活(畑仕事・炭焼き等)に分けて民具などを展示している。

当時、上山郷には鷹の保護地区があり、毎年将軍家に「鷹狩り」の巣鷹を献上していた。黒澤家は代々、その御林守として御巣鷹山の管理にも当っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


利根郡みなかみ町藤原の雲越家住宅。
現在は、資料館として雲越仙太郎翁が使っていた農具や生活用品を中心に展示している。

雲越家住宅 (1)
雲越家住宅 (2)
雲越家住宅 (3)
明治20年(1887年)に建てられた木造2階建て、茅葺き両妻兜造の典型的な山村地域の農家。雲越家9代目・仙太郎翁が昭和55年(1980年)84歳で亡くなるまで居住しており、日本の原風景がそのまま残されている。

雲越家住宅 (8)
雲越家住宅 (7)
仙太郎翁は11歳で父親を事故で亡くし、その後は家族のため寝る間も惜しんで働き続けた。昭和35年(1960年)に母親が亡くなった後の高度成長時代においても、時代の変化を無視するかのように、自給自足に近い生活を続けた。

雲越家住宅 (4)
雲越家住宅 (5)
雲越家住宅 (6)
内部には、仙太郎翁が生前に使用していた食器、布団、家具類、農具などの生活用品がそのまま展示されている。

仙太郎翁は金銭を出して安易に物を買うことを嫌い、生活必需品の多くは自ら身近な材料を使い、創意工夫をして作り上げている。そのため、ここでしか見られない貴重な家財道具等も多い。

帰り際に管理人さん(?)に、囲炉裏で焼いたジャガイモをいただいた。うっ、うまっっ!!って感じで、アツアツのジャガイモをほうばった。ちょこっと仙太郎翁の心持ちが分かったような・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


利根郡みなかみ町藤原の奥利根民俗集古館。

奥利根民俗集古館 (1)
茅葺き屋根の築300年以上の農家を利用し、奥利根地方の農具や民俗資料などを多数を展示している。

奥利根民俗集古館 (6)
奥利根民俗集古館 (7)
囲炉裏に火が入っており、暖かかった。写真が青っぽくなっているのは、囲炉裏からの煙。

奥利根民俗集古館 (3)
熊の剥製があった。今年は山の木の実が豊富だったみたいで、熊が人里まで降りてきていない、と経営者の奥さん(?)が言っていた。

奥利根民俗集古館 (2)
甲冑が2体あったが、顔の部分に変な絵が(笑)。1体は頭にキジが・・・。壁には、時計やら帽子やら提灯が、所狭しと掛けてある。

奥利根民俗集古館 (4)
奥利根民俗集古館 (5)
2階は狭い通路以外は、農具や草鞋、かんじきなどがぎっしり。展示というよりも、山積みに置いてあるって感じ。

近所の人がいろいろ持ってきて、最初は預かっておいて、ってことだったけど、誰も取りに来ないから、こんなに集まったんだって。

お茶とお菓子とらっきょうをご馳走になりながら、昔話や藤原地区の冬の様子を、いろいろ聞かせてもらった。最近ではなかなか味わえない、レトロでアットホームな雰囲気だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加


吾妻郡中之条町大道の冨澤家住宅。

冨澤家住宅 (1)
冨澤家住宅 (6)
冨澤家住宅は、18世紀末に建てられた大型の養蚕農家で、2階に蚕室を持つ農家としては、国内最古のものである。

冨澤家は、江戸時代初期以来名主を務めるとともに、米作、養蚕、麦、繭の取引から、運送業、金融業まで営んでいた豪農である。

冨澤家住宅 (5)
冨澤家住宅 (3)
冨澤家住宅 (2)
木造2階建て、茅葺、入母屋造りで、東西24m、南北13m。1階には広い土間があり、その隣は居間として使われた座敷がある。その奥は「でえ」、「なかのでえ」、「上段」の3間続きの部屋になっており、ここは幕府の役人等の宿泊に使われた。

冨澤家住宅 (4)
冨澤家住宅は、大きな屋根の正面部分を切り上げ、屋根裏部分に光と風が入るようにして、蚕室として利用できるようになっている。屋根の正面を切り上げた形は、武士のかぶる兜に似ていることから、前兜型と呼ばれる。

ところで、「とみざわ」の表記だが、資料によって富澤、富沢、冨澤、冨沢と、いろんな記載があったが、現地案内標が「冨澤」になっていたため、「冨澤」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加


吾妻郡中之条町中之条町の歴史と民俗の博物館「ミュゼ」。
(住所間違ってるわけではないので、念のため。)

中之条町歴史と民俗の博物館 (1)
建物は明治18年(1885年)に開校した吾妻第三小学校のもので、明治初期の洋風学位建築の数少ない建造物として、非常に貴重である。

中之条町歴史と民俗の博物館 (3)
中之条町歴史と民俗の博物館 (5)
中之条町歴史と民俗の博物館 (4)
歴史資料展示は、年代別に構成されている(原始、古代、中世、近世)。
縄文時代後期のハート形土偶があった。もちろんレプリカだけど。

歴史的な価値は良く分かんないけど、非常に展示物が豊富である。町の歴史資料館って、ちょこちょこって感じのが多いけど、ここは立派!

中之条町歴史と民俗の博物館 (7)
中之条町歴史と民俗の博物館 (6)
民俗資料の展示は、分野別に分かれている(明治資料、開校当時の教室、温泉資料、地理模型、民俗資料、大正・昭和資料)。

数々の資料に加え、写真パネルや解説文などで当時の様子をわかりやすく伝えている。写真に写っている足踏みオルガンで、一曲弾いてきたぞ。

小学校の校舎を活用しているので、各教室がそれぞれ展示室になっている。歩くたびにミシミシする所もあるけど、かえって趣を感じさせる。展示物も豊富で、久しぶりの「当たり」の資料館(博物館)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市上泉町の上泉郷蔵。

上泉郷倉 (1)
上泉郷倉 (3)
郷蔵は江戸時代、年貢を一時的に貯蔵するために造られたもので、上泉郷蔵は寛政8年(1796年)に造られた土蔵。間口8間(14.4m)奥行3間(5.4m)の平家の切妻屋根、土壁造り。もともとは萱葺きであったが、寛政5年(1858年)に瓦葺きになっている。

上泉郷倉 (4)
上泉郷倉 (2)
郷蔵は県内各地に造られたが、現在残っているものは3例のみ。上泉郷蔵は明治42年(1909年)まで実際に使用されていた。また、関係する古文書も豊富にあり、その経緯等を知ることができる。

もともとこの辺りは上泉城があったところで、この郷蔵はその本丸跡に建っている。そうすると、寛政8年(1796年)にはもう城はなかったことになる。

すぐ隣には上泉町自治会館があり、前回の西林寺で紹介した上泉信綱の銅像が建っている。
(「剣聖・上泉信綱の墓 -西林寺-」参照。)

このエントリーをはてなブックマークに追加


上毛かるた紀行、第40弾!

よ
(よ) 世のちり洗う 四万温泉

四万温泉の名前は、四万の病を癒す霊泉である、という伝説に由来する。さて、伊香保なら石段、草津なら湯畑、というシンボルがあるけど、四万と言ったら? 思いつかないので調べてみると、「積善館本館は、数少ない湯宿の建造物として県の重要文化財に指定されている。」

ということなので、ここに行くことにした。

積善館 (3)
積善館 (2)
積善館 (1)
積善館は四万村名主・善兵衛が、元禄4年(1691年)から湯小屋を建て、湯宿として営業を始めたらしい。

積善館 (4)
昭和5年(1930年)に建てられた前新は3階建てで、1階の浴場(元禄の湯)は鉄筋コンクリート造り、大正時代を偲ばせるアーチ型の窓を備えている。廊下橋は、トラスト状に組んだ支柱に切妻屋根を乗せ、腰板を貼ってある。

四万温泉には初めて行ったんだけど、、温泉街の道は狭いわ駐車場はないわで、けっこう難儀した。でも、四万川に沿って温泉旅館が並んでおり、歴史を感じさせる風情があった。

そう言えば、小学生くらいの時、「よ」の札を取ると必ず女子から「エッチ」、「すけべ」と言われたなぁ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加


大室公園最後は、旧関根家住宅。

旧関根家住宅 (3)
旧関根家住宅 (1)
旧関根家住宅 (2)
赤城南麓地方にみられる、典型的な養蚕農家 。屋根の正面中央部が切り落とされているのが、「赤城型民家」の特長。これは屋根裏で行う、養蚕の採光と通風を得るための仕掛けである。

旧関根家住宅 (6)
正面入り口から入ると、左手には田の字型に配置された4つの部屋がある。表側の室は上手がコザ、下手をオモテザシキと呼び、来客や冠婚葬祭などに使われた。

旧関根家住宅 (9)
旧関根家住宅 (8)
屋根裏はニケエと呼ばれ、主に養蚕のために使われていた。梁等の横材は曲がりくねった1本の木材で、江戸時代住居の特徴である。

下の写真は2階奥にある一種のつり天井(乗ると床が抜ける)。泥棒除けだと管理人さんが言っていた。

旧関根家は江戸末期に建てられたと言われており、前橋市が関根順次氏 (前橋市飯土井町)から寄贈を受けて、大室公園内に移築・復元したもの。

茅葺きのまま現存する民家は非常に少なく、貴重な文化財である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市柏倉町の阿久沢家住宅。

阿久沢家住宅 (1)
阿久沢家住宅 (4)
17世紀末に建てられた群馬県内最古の農家建築のひとつ。屋根は寄棟、茅葺で、「赤城型民家」と呼ばる平側の一部を切り取り、養蚕のために採光や通気がし易いように工夫されているが、住居部は開口部が少なく、赤城型民家より一時代古い民家の形式を伝えている。

阿久沢家住宅 (2)
阿久沢家住宅 (3)
桁行8間、梁間4.5間と規模としては中規模で、平面的には広間型三間取りなどから当時の農家建築の典型とされる。

阿久沢家は阿部宗任の後裔と伝えられ、室町末期に赤城南麓に住みついたといわれている。江戸時代中期には、名主や組頭をつとめた旧家だとか。

群馬県の農家は、ほとんどこの建物の形式(間取り)が、戦前まで踏襲されていたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


高崎市箕郷町の旧下田邸の書院と庭園。高崎市箕郷支所南に隣接している。

旧下田邸書院、庭園
箕輪城主・長野氏の重臣であった下田大膳正勝の子孫が、落城後この地に土着し、代官として居を構えた屋敷跡。江戸時代の書院と、堀部安兵衛が築庭したと伝わる庭園が残されている。

旧下田邸書院&庭園 (1)
旧下田邸書院&庭園 (4)
書院は平屋造り、切り妻で東に玄関があり、下の間12畳半と上の間10畳により構成されている。式台を設けた玄関など、武家屋敷としての格式を備え、欄間のぶどうにりすを配した模様は、桃山時代の様式を伝える。

旧下田邸書院&庭園 (2)
旧下田邸書院&庭園 (3)
庭園は、忠臣蔵で有名な堀部安兵衛が設計・築造したと伝えられている。池を配した庭園は、回遊できる城郭式庭園で、「青翠園」と呼ばれる。

堀部安兵衛は、江戸へ出る途中、吉井の馬庭念流・樋口十郎右衛門将定の門弟となり、剣術修行をしていた。その時に、たびたび下田家を訪れており、その際に設計・築造したものといわれる。

意外にも、こんなところで堀部安兵衛の名が出てくるとは。

群馬県にも、いくつか赤穂浪士との接点(吉良側も含む)があるので、過去記事も見てやってください。

吉良上野介の産湯を汲んだ井戸
赤穂浪士の石像
伝赤穂藩士・大野九郎兵衛の墓 -松岸寺-

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市伊香保町の旧ハワイ王国公使別邸。
前回の伊香保御関所からすぐ。

日本に残る旧ハワイ王国唯一の関連施設である。

旧ハワイ王国公使別邸 (2)
旧ハワイ王国公使別邸 (3)
旧ハワイ王国公使別邸 (1)
かつてハワイが独立国だった頃の日本駐在公使・ローバート・
ウォーカー・アルウィンが、明治27年(1894年)に伊香保温泉の石段街の入口に建てた別荘。

大正14年(1925年)に亡くなるまで毎夏、避暑のために過ごしたと伝えられている。

木造2階建ての質素な日本建築の内部には、当時の日本とハワイの交流を示す貴重な資料や写真のほか、使用していた食器などが展示されている。ということだが、現在改修中のため2012年3月まで閉館中。

日本に残る旧ハワイ王国唯一の建物とのことなので、またの機会に。

公使別邸があることなどの縁から、平成9年(1997年)に旧伊香保町はハワイ州ハワイ郡と姉妹都市締結をしている。毎年8月には、伊香保ハワイアンフェスティバルが開催されている。

ちなみに、ハワイ王国は1795年(江戸時代の寛政7年)から1893年(明治26年)まで、ハワイ諸島に存在した王国。1893年のクーデターで共和制となり、1898年(明治31年)にアメリカに併合された。

まあ、アメリカからの入植白人が先兵となって、ハワイを侵略したようなもんだね。観光地としての繁栄は別にして、カメハメハ大王(1世)も、悲しんでると思うよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


高崎市鼻高町の少林山達磨寺境内にある洗心亭。

洗心亭 (1)
ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが、昭和9年(1934年)から2年3ヶ月間この洗心亭で暮らしていた。家具・和紙・漆器など、日本の素材を生かし、モダンな作品を発表。また、建築理論の構築に勤しみ、桂離宮を評価した著書を著す等している。

洗心亭 (4)
洗心亭 (3)
洗心亭は大正時代の建築で、もともと東京帝大学長・佐藤寛治博士の別荘だったが、当時空いていたためタウトが暮らすことになった。

洗心亭 (5)
洗心亭 (6)
内部は6畳、4畳半の2間と、いたって質素な造りである。

洗心亭 (2)
碑にはタウトの「ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR」(私は日本の文化を愛す)という言葉が刻まれている。地域の方々との交流で、タウトは日本文化のすばらしを実感したんだと思う。

タウトは、昭和11年(1936年)イスタンブール芸術アカデミーから建築科教授、兼政府最高建築技術顧問としての招聘があり、日本を離れている。

送別会の席では、「出来得るならば、私の骨は少林山に埋めさせて頂きたい」と言っている。タウトは翌年トルコで死去しているが、エリカ夫人によりデスマスクが少林山に納められた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


館林市尾曳町の旧秋元別邸。
最後の館林藩主・秋元家の別邸として、明治末期に建てられた。時の当主・秋元興朝(おきとも)と、その子・春朝が使用した。

旧秋元別邸 (3)
旧秋元別邸 (1)
木造平屋建て、入母屋、瓦葺き、庭園側がほぼ全面ガラスの引き戸で構成されている。

旧秋元別邸 (2)
離れの洋館は、昭和初期、東京の本邸から移築されたもの。

秋元家は、弘化2年(1845年)出羽山形から移封される。館林初代・志朝(ゆきとも)は、安政2年(1855年)の大地震を機に藩政改革を実施し、藩学求道館(のち造士書院と改名)を設置し文武を奨励するなどした。地元では評判の良い殿様のようだ。

秋元家は、総社藩主として、今の前橋市総社町付近一帯を治めていた(関ヶ原直後)時代も、天狗岩用水を引くという灌漑事業を行い、新田開発を推進し、地元領民から慕われていた。

ちなみに秋元家は、総社→甲斐谷村→川越→山形→館林と移っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


館林市城町の旧上毛モスリン事務所。
館林市第2資料館敷地内にある。

上毛モスリン株式会社は、明治29年(1896年)に毛布織合資会社として設立され、明治35年(1902年)上毛モスリン株式会社と改称。大正中期に最盛期を迎えたが、 大正末期に倒産している。

旧上毛モスリン事務所 (1)
旧上毛モスリン事務所 (3)
明治41年(1908年)から43年にかけて建てられた木造二階建の擬洋風建物で、上毛モスリン株式会社の本館の事務所として使われた。明治期の洋風志向の特徴をよく表している。

旧上毛モスリン事務所 (2)
旧上毛モスリン事務所 (4)
旧上毛モスリン事務所 (5)
玄関から続く中央部に廊下を設け、左右に事務室を分けている。
廊下と事務室の境にある、左右2本づつのけやき柱は、中央部にふくらみを持たせたエンタシス式で、建築当時のままの姿を残している。

馬車が展示されていた。正田家(皇后様ご実家)ゆかりの馬車らしい。

ちなみにモスリンとは、羊毛などの繊維を伸ばし、長さをそろえケバなどを取って糸にしたものを織りあげる、梳毛(そもう)織物のひとつ。チグリス河畔のモスール地方で作られたことから、モスリンと言った。

現在、震災の影響で2階は見学できない。外観上では分からないが、被害を受けているらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


館林市大手町の武鷹館(ぶようかん)。旧館林藩の中級武家屋敷である。

武鷹館 (5)
武鷹館 (4)
館林藩(秋元藩)時代は、藩士・伊王野惣七郎の居宅として、廃藩後は旧藩士・山田家の住宅として使用されてきた。

武鷹館 (6)
武鷹館 (3)
部屋を横一列に配置する、武家住宅特有の間取りが特徴。棟札が発見できなかったため、建築年は明確ではないが、柱間の長さや間取り、柱配りなどから、江戸時代後期に造られたものと考えられている。

武鷹館 (2)
武鷹館 (1)
兜や刀が展示(?)されており、武家屋敷の雰囲気を出している。

武鷹館 (7)
この長屋門は大正時代の建築らしく、武家屋敷とは関係ない模様。まあ、武家屋敷との組み合わせは一般的なので、関係のない組み合わせでも、違和感はないのだが・・・。

写真はないけど、武鷹館の近くのマンション前にも屋敷塀が作られており、微妙な雰囲気。マンションという近代的な建物との組み合わせは、さすがにちょっと違うんじゃないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市大手町の臨江閣。

臨江閣 (6)
本館、別館、茶室から成り、本館は明治17年(1884年)、当時の群馬県令・揖取素彦(かとり もとひこ)や市内の有志らの協力と募金により、迎賓館として建てられた。

臨江閣 (8)
明治26年(1893年)には、明治天皇が行幸されている。

臨江閣 (3)
臨江閣 (4)
臨江閣 (2)
2階には大正天皇の漢詩と、昭和天皇の結婚式の引き出物と言われる人形が飾られていた。

臨江閣 (7)
臨江閣 (5)
別館は明治43年(1910年)、1府14県連合共進会の貴賓館として建てられた書院風建築。2階には舞台を備えた180畳敷きの大広間がある。別館の建築に際しては、安中杉並木の巨木30本が使われている。

ところで、群馬県初代県令・揖取素彦は旧名を小田村伊之助と言って長州萩の出身である。そのためか、吉田松陰との関係が深い。実は、揖取素彦は吉田松陰の妹2人を妻にしている。2人目は久坂玄瑞の妻であったが、玄瑞が蛤御門の変(1864年)で戦死したのち、揖取素彦に嫁している。

けっこうおもしろい事実でしょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ