Tigerdream の上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

カテゴリ: 前橋市(旧市部)


前橋市東大室町の赤城山最善寺。
最善寺には大室城主・石川氏の墓があり訪問済みだが、旧普蔵寺から移された供養塔もあり再訪した。(「石川氏の墓 -最善寺-」参照)

最善寺2 (1)
旧普蔵寺供養塔は、高さ134cmの輝石安山岩製の板碑型供養塔。この供養塔は、東大室にあった普蔵寺(廃寺)に安置されていたもの。正面を将棋の駒形に彫り込み、その中に阿弥陀三尊の種子と銘文「為之凡四型康生元乙亥十一」(康生元年:1455年)が刻まれている。

最善寺2 (2)
最善寺2 (3)
最善寺2 (4)
最善寺2 (5)
最善寺2 (6)
前回紹介しなかった境内の石仏群。

最善寺2 (7)
阿修羅像。元前橋市長の萩原弥惣治氏が建立したとあった。

最善寺2 (8)
松尾芭蕉像。

阿修羅と松尾芭蕉は、はっきり言って位置づけがよく分からない(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市今井町の今井神社古墳。

今井神社古墳 (1)
今井神社古墳は全長71mの前方後円墳で、前方部幅50m、後円部径44mである。昭和55年(1980年)の調査によると、墳丘周囲には馬蹄形の周堀が巡り、これを含めると全長は約90mになる。

今井神社古墳 (2)
今井神社古墳 (3)
多数の円筒埴輪も出土しており、墳丘上に配列されていた。主体部からは「組合せ式石棺」と思われる石棺の一部が掘り出されている。築造は5世紀と考えられている。

今井神社古墳 (4)
今井神社古墳 (5)
今井神社古墳 (6)
後円部には今井神社が鎮座している。今井神社は嘉禄元年(1225年)に天満宮の分霊を勧請。つまり菅原道真がご祭神。明治40年(1907年)赤城神社を合祀し、今井神社となっている。

今井神社古墳 (7)
前方部には観音堂があり、利根左岸十三仏の内の観音様が祀られている。

かつては今井神社古墳を中心に27基の古墳があったと言うが、現在はほぼ消滅してしまっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市富田町の宝塔。

富田の宝塔 (1)
富田の宝塔は輝石安山岩製で、総高205.9cmの相輪・笠石・塔身・基礎からなり、室町時代初期の特徴を示している。

富田の宝塔 (2)
相輪の請花には蓮弁が陰刻されている。相輪は上から宝珠、竜車、九輪、請花・伏鉢、露盤。塔身は上部が太く、下部に行くにしたがって細くなる亀型となっている。

宝塔は一般的には赤城塔といわれ、県内では赤城南麓(前橋市、旧勢多郡、桐生市方面)に多く分布している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市堀之下町の正円寺古墳。
前回の正円寺の本堂裏(北側)にある。
(正円寺は「上州七福神・福禄寿を祀る -正円寺-」参照)

正円寺古墳 (1)
正円寺古墳 (2)
正円寺古墳は全長65m、高さ7mの前方後円墳で、後円部径46.5m、前方部幅48mの規模を誇る。6世紀中ごろの築造と推定される。

正円寺古墳 (3)
南側は正円寺の本堂などで削られている。

正円寺古墳 (4)
後円部墳丘上には祠が数個あった。後円部には自然石を用いた横穴式石室が確認されている。石室の全長は9.7m、玄室長3.9m、奥幅1.8m、羨道長5.8m。くびれ部からは竪穴式石槨も確認されている。

正円寺古墳 (5)
墳丘上から見た赤城山(木々でちょっと見づらいが)。

盗掘のため副葬品は見つかっていないが、遺骨が五体確認されたことから「五霊大明神」と呼ばれていた。つまり神社として信仰されていたということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市堀之下町の施無畏山正円寺。

正円寺 (1)
正円寺の由緒は不明。

正円寺 (2)
参道に般若心経が文字パネルのように貼られている。

正円寺 (3)
正円寺 (4)
正円寺 (5)
山門は「萩の門」と呼ばれ、大胡城の北門(裏門)を移築したものとされる。当時の山門は棟木が萩の木であったことが由来とされる。平成9年(1997年)に改修されている。

正円寺 (6)
宝船に乗った七福神。正円寺は上州七福神の福禄寿を祀っているらしい。お堂があるようだが、見落としてしまったようだ。

群馬県内には鏑川七福神(下仁田、富岡、高崎・山名)、小幡七福神(甘楽)、桐生七福神、太田七福神、館林七福神、邑楽七福神などがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市東片貝町の桂萱大塚古墳。

桂萱大塚古墳 (1)
桂萱大塚古墳 (2)
桂萱大塚古墳は全長57mの前方法円墳で、後円部の高さは7m。片貝神社の社殿裏(北側)にあるが、片貝神社や市道などで大きく削られており、後円部の一部が確認できるのみである。(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)
6世紀後半の築造と推定される。

桂萱大塚古墳 (3)
石室は南側に開口している。パッと見、石室には見えない。周りの石は最近の物と思うが、石垣のようになっており、曲がった鉄柵と合わせ排水溝のようだ(笑)。

桂萱大塚古墳 (4)
どうやっても覗けなかったので、適当にカメラを差し込み写真を撮った。大きく写っているは天井石だろうか? だとすれば、石室はほぼ土砂で埋まっている状態。

桂萱大塚古墳 (5)
墳丘上には、月山大神、湯殿山大神、出羽大神、猿田彦大神など多数祀られていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市東片貝町の早虎稲荷神社。
片貝神社の境内社である。
(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)

早虎稲荷神社 (1)
早虎神社は寛延2年(1749年)、前橋藩主・松平朝矩が前橋城の鬼門除けとして造営した。

片貝神社に虚空蔵菩薩が祀られていた(虚空蔵菩薩は丑寅の守り神)ことも関係しているのかな。早虎稲荷が創建当時から片貝神社の境内社だったのか、遷座してきたのかは知らない。

早虎稲荷神社 (2)
早虎稲荷神社 (3)
鳥居が多く奉納されているのは、稲荷神社の特徴でもある。

鳥居がいっぱい並んでいるのは、本家の伏見稲荷大社が有名である。群馬県では、知っている限りでは伊勢崎市の小泉稲荷神社。(「鳥居がいっぱい -小泉稲荷神社-」参照)
願いごとが「通る」あるいは「通った」お礼の意味で、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降広まったから。

鳥居がたくさんある稲荷神社ほど、願い事が「通る」「通った」ということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市東片貝町の能満虚空蔵地蔵尊。
前回の片貝神社の境内(というか社殿横)に祀られている。
(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)

片貝虚空蔵地蔵 (1)
片貝虚空蔵地蔵 (2)
片貝虚空蔵地蔵 (3)
慶応4年(1868年)の神仏判然令により、片貝神社に祀られていた虚空蔵菩薩像が安置されている。

片貝虚空蔵地蔵 (4)
片貝虚空蔵地蔵 (5)
虚空蔵菩薩が丑(うし)・寅(とら)年の人の守り本尊とされることから、お堂の前には「牛像」と「虎像」が置かれている。

片貝虚空蔵地蔵 (6)
お堂の献額。右側は何かの故事だろうか?

片貝虚空蔵地蔵 (7)
虚空蔵尊鰻池。鰻は虚空蔵菩薩の使者や化身という理由から、虚空蔵菩薩を祀る地域および丑・寅年生まれの人は鰻を食べないという風習がある。片貝地区の住民も鰻を食べる者はいなかったという。

また、眼病治癒に霊験あらたかな事から、難病や眼病の治癒祈願のため鰻を奉献する事を誓い、大願成就したら鰻をこの池に放流した。現在でも沢山の信仰者からこの池に鰻が奉納されている。

ちなみに、能満虚空蔵菩薩とは虚空蔵菩薩の5つの智恵を5体の菩薩像で表したもの(五大虚空蔵菩薩)の中の宝光虚空蔵菩薩のこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市東片貝町の片貝神社。

片貝神社 (1)
片貝神社 (2)
片貝神社は弘仁2年(811年)に伝教大師の弟子・宥海上人がこの地に庵を結び、自ら彫った虚空蔵菩薩像を安置したのが始まりという。

片貝神社 (3)
片貝神社 (4)
片貝神社 (5)
慶応4年(1868年)の神仏判然令により、虚空蔵菩薩像は隣の虚空蔵堂に祀られるようになり、片貝神社は天之御中主神をご祭神としている。(虚空蔵菩薩に関しては別掲する)

片貝神社 (6)
境内の枝垂れ桜。「第62回伊勢神宮式年遷宮記念」とあったので、平成27年(2016年)に植樹されたばかりのようだ。けっこう大きいので、今年初めて咲くのかな。

片貝神社 (7)
片貝神社の太々神楽は五穀豊穣・疾病退散を祈願するもの。明治の初めに総社神社から伝えられ、現在まで中断することなく伝承されてきた。

片貝神社・太々神楽
神楽の写真は前橋市教育委員会から。

前橋市のHPに動画が紹介されているので貼っておく。(表のNo.3)
前橋市の郷土芸能

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市小屋原町の薬師山泉蔵寺。

泉蔵寺 (1)
泉蔵寺 (2)
泉蔵寺の創建年は不明だが、蓮生上人の開山と伝えられる。蓮生は熊谷次郎直実の出家後の法名である。

熊谷直実は一ノ谷の戦いで、平敦盛を討ち取った話が有名である。その後、法然の弟子となり出家している。直実の出家は建久4年(1193年)とされており、本領の熊谷に戻ったのは正治2年(1200年)頃と推定されるので、泉蔵寺の創建もその頃ではないか?

泉蔵寺 (3)
泉蔵寺 (4)
創建当初の本尊は薬師如来であった(山号になっている)が、現在は地蔵菩薩になっている。この地蔵菩薩にも謂れがあって、源義経を追い奥州を目指していた静御前が、当地から鎌倉へ戻らざるえなくなり、何度も後ろを見返ったという。この本尊・地蔵菩薩が静御前に似ていることから「見返り地蔵」と呼ばれている。

ちなみに、前橋市には「静御前の墓」といわれる石造物が2つある。
(「静御前のお墓? -養行寺-」「静御前のお墓??」参照)

泉蔵寺 (5)
大日如来と伝教大師像、歴代住職の位牌を安置する開山堂。

泉蔵寺 (6)
境内にある平敦盛の供養塔。蓮生(熊谷直実)が建立したと伝わる。蓮生は敦盛を偲んで、さめざめと泣いたことから「蓮生の悌涙石」との名がついている。

熊谷直実はもともと平家の子孫(熊谷氏の祖は平貞盛)で、石橋山の戦いを契機に源頼朝の御家人となっている。一ノ谷の戦いを共に戦った愛馬「権田栗毛」ゆかりの地(終焉の地)は高崎市倉渕町にある。(「伝・権田栗毛 終焉の地」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市敷島町の小石神社。

小石神社 (1)
小石神社は江戸時代後期に前橋市横山町(現千代田町4丁目)に赤い御霊石を祀ったのが始まり。この赤い御霊石は南橘村(現前橋市南橘町)の橘山にあった疫病にご利益があるという聖石。

小石神社 (2)
小石神社 (3)
小石神社 (4)
当初は八坂神社と言ったが、明治44年(1911年)に数社を合併し小石神社となった。昭和46年(1971年)当地に遷座している。遷座前は大酉祭が行われていた。(現在は熊野神社で行われている)
(「『おくまんさま』の三つ足八咫烏石 -前橋市・熊野神社-」参照)

旧地は前橋スズランのある場所で、スズランの屋上には小石神社の分社があるという。

小石神社 (5)
社殿右手に「赤い石」があり、願い事を書いた祈願石が納められている。言い伝えの赤い御霊石にちなんだものと思われる。

ちなみに、ご神体の「赤い石」は意外と大きいらしい。色は黒っぽく溶岩のような石で非常に重いという。元々は小石だったが大きく育って重くなったという伝説がある。

小石神社 (6)
社殿前にある縁結び石。この石に触れると素晴らしい出会いやご縁があるといわれる。見づらいが、石の両側から手を入れられるようになっており、中でつなぐとより一層結ばれるという。

小石神社 (7)
でも、この石についていた説明文には
「素敵な出会いやご縁が訪れるかも?」
「より一層結ばれるかも?」
と、最後に「?」がついている。神様が予防線を張っちゃダメじゃないの?(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市千代田町3丁目の熊野神社。

熊野神社 (1)
熊野神社 (2)
熊野神社の創建は不詳だが、出雲の八束熊野からの勧請といわれる。熊野神社に願をかけると必ず成就すると、厚い信仰を集め「恩熊野様」と崇拝されてきた。この「恩熊野様」が子どもたちには「おくまんさま」と聞こえたため、「おくまんさま」と称され親しまれてきた。

熊野神社 (3)
熊野神社 (4)
熊野神社 (5)
社殿は太平洋戦争中に焼失したが直後に再建。しかし平成4年(1992年)台風により奥の院が崩壊。それを機に社殿を大修復している。

拝殿の西壁面には、八咫烏御影石がはめ込まれており、触れれば運気が取りこまれるという。古来より「開運の扉」として崇められている。

熊野神社 (6)
境内東側には三つ足八咫烏石がある。八咫烏は幸運を導く太陽の中にいるとされる神の使者である。平成4年(1992年)の台風で奥の院が崩壊し、その再建時に基礎石の中に三つの足跡のある石を発見し、開運の証として祀ったもの。

熊野神社 (7)
そう言われると烏の足跡が三つあるように見えなくもないが・・・。

熊野神社 (8)
熊野神社 (9)
社殿のすぐ右手にある笠欠け三猿塔。奉納時(江戸時代と推定)は笠をかぶっていたが、空襲の爆風により笠を失った。戦果を避け神社境内に避難していた人々の身を守ったと伝えられている。

熊野神社では昭和49年(1974年)から大酉祭が行われている。かつて大酉祭は、現在の前橋スズランの場所にあった小石神社にて行われて、商売繁盛を願う市として糸商人をはじめ商店街が賑わっていた。小石神社は昭和46年(1971年)に敷島公園西に移転し、大酉祭は熊野神社に引き継がれ現在に至っている。

大酉祭は、初市祭り・七夕祭り・前橋祭りと並ぶ前橋4大祭りのひとつといわれる祭りであり、当日は熊手や縁起物などを売るたくさんの露店が並び、多くの参拝客で賑わう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市上新田町の佐藤垢石(こうせき)の碑。
前回の上新田雷電神社境内に建っている。
(雷電神社は「お沓の言い伝え -前橋市・上新田雷電神社-」参照)

佐藤垢石
佐藤垢石は当地出身の随筆家、釣りジャーナリスト。本名は佐藤亀吉で、号の「垢石」は鮎釣りの用語のようだ。

垢石は前橋中(現前橋高)時代に、校長排斥を要求し退学になっている。早稲田大も中退しており、比較的自由人だったのかなぁ。その後、報知新聞記者を経て文筆家となっている。昭和16年(1941年)、名随筆との評価がある「たぬき汁」を発表。

佐藤垢石の碑
碑には「たぬき汁」と「釣随筆」の一節が刻まれている。

昭和31年(1956年)68年の生涯を閉じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市上新田町の雷電神社。

上新田雷電神社 (1)
上新田雷電神社 (2)
上新田雷電神社は天正元年(1573年)未風山福徳寺の覚伝の創建と伝わる。

上新田雷電神社 (3)
上新田雷電神社 (4)
上新田雷電神社 (5)
貞亨2年(1685年)に石宮が建造され、元禄元年(1688年)に拝殿が建立されている。現在の社殿は、昭和8年(1933年)に焼失した後の再建である。

上新田雷電神社 (6)
春季例大祭(4月8日)には、地元の人々により太々神楽が奉納される。明治23年(1890年)に総社神社から伝わったという。

上新田雷電神社 (7)
ご祭神の雷神が白馬に乗って天空を駆けるとき、足に履いているのが藁で作られた「お沓」であると言い伝えられてきた。

お沓を受け奉納すると、落雷の災害から逃れられるなど、家運隆昌のご利益があるという。方法は、神社からお沓1足を借りて家のかまど周りにお供えする。翌年にそのお沓にもう1足新しいお沓を添えて2足を奉納し、帰りに掛けてある1番古いお沓を1足借りて帰る。これを繰り返すというもの。

戦後、お沓作りは衰退し消滅の危機を迎えていたが、上新田町長寿会の皆さんが、平成元年(1989年)に復活させたという。

こういう風習(ある意味文化財)が、後世に継承されていくことはすばらしいことである。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市鳥羽町の大日如来像と笠塔婆。

鳥羽の大日如来および笠塔婆 (1)
鳥羽の大日如来および笠塔婆 (2)
前橋市の重文である大日如来坐像と笠塔婆は、鳥羽町の東部公民館の敷地内にある。

鳥羽の大日如来および笠塔婆 (3)
大日如来坐像は一石で彫刻された大日如来の舟形石造坐像で、頭部に宝冠をいただいている。後部の舟形状の光背上部が欠けてしまっている。比較的顔幅が広く、ふくよかな体躯をしている。鎌倉時代中期ごろの造立と推定されている。

鳥羽の大日如来および笠塔婆 (4)
笠塔婆と言うが、笠は失われており塔身のみが残る。角閃石安山岩製で、正面に光背をかたどった薬研彫りの中に阿弥陀三尊坐像を彫刻している。中尊は三日月状の台座に座り、右脇侍は観音菩薩の坐像、左脇侍は合掌する勢至菩薩の坐像。鎌倉時代後期の造立と推定されている。

鳥羽の大日如来および笠塔婆 (5)
鳥羽の大日如来および笠塔婆 (6)
鳥羽の大日如来および笠塔婆 (7)
同所には、淡島様石塔、青面金剛像や石仏などが多数ある。他所からここへ集めたものと思われる。

露天に置かれているため、大日如来坐像も笠塔婆も風化が進んでいる。覆屋を作るなどして、保護した方がいいと思う・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市鳥羽町の青雲山大福寺。

大福寺 (1)
大福寺 (2)
大福寺は応永元年(1394年)徳海上人の開山。広大壮麗な七堂伽藍を有していたが、兵火などで焼失し一時荒廃した。その後、天文3年(1534年)義照法印により再興された。

大福寺 (3)
大福寺 (4)
参道にある千体地蔵。昭和50年(1975年)の建立。

大福寺 (5)
同じく参道に鎮座する「無限の幸せを招く小僧さん」。この小僧さんは知恵袋小僧と言い、小僧さんの頭を3回なでて、続いて自分の頭を3回なでると、ありがたい後利益を授かるというもの。得られるものが「無限の幸せ」と言うから凄い。

大福寺 (6)
大福寺 (7)
本堂は昭和50年(1975年)の再建。

大福寺 (8)
境内にある宝塔。安山岩製の壺型塔身の宝塔で、応永25年(1418年)の銘がある。塔身のくびれ部が長く、屋蓋の軒きり口の幅がほほ同じであることなど、この時代の特徴をよく示している。ただし相輪(屋蓋の上部)は、この宝塔のものではない。

大福寺 (9)
伝教大師・最澄の東国巡錫の像。平成3年(1991年)の建立。

大福寺は関東百八地蔵尊霊場の第24番札所である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市龍蔵寺町の青栁山龍蔵寺。

龍蔵寺 (1)
龍蔵寺は延暦2年(783年)勝道上人により創建されたと伝わる。
その後焼失したが、貞治(1362~67年)、応安(1368~74年)
の頃に笠間道玄が厩橋城の鬼門除けとして再興したという。

関東八箇檀林(修行僧の学問所)のひとつとして、多くの僧が修行に
励んだ。江戸時代に入ると前橋藩主の祈願所として、寺領を与えられ
ていた。

龍蔵寺 (2)
龍蔵寺 (3)
間口13間の大きな本堂には、阿弥陀如来(本尊)が安置されている。

龍蔵寺 (4)
鐘は第二次世界大戦中に供出され、平成5年(1993年)の再鋳造。

龍蔵寺 (5)
龍蔵寺 (6)
本堂左にある大師堂には慈恵大師(通称・元三大師)像を安置し、開運・
厄除利益があるとして広く信仰を集め、青栁大師の名で親しまれている。

元三大師像は毎年1月3日にご開帳される(元三大師の命日)。それに
合わせ多くの初詣客が訪れる。

青栁大師は佐野厄除け大師(栃木)、川崎大師(神奈川)と並び関東
三大師と呼ばれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市高井町の石田玄圭の墓。

石田玄圭の墓
石田玄圭は江戸時代の医師、和算家。名は恒。号は一徳子、斑亭。著作に「暦学小成」などがある。

三浦無窮に医学を学び、群馬郡で開業。医師のかたわら、江戸に出て藤田貞資(さだすけ)に和算を学ぶ。藤田貞資は関流の和算家なので、石田玄圭も関流ということになる。

天明7年(1787年)に八幡八幡宮、文化8年(1811年)榛名神社に算額を奉納している(門人と連名)。

文化14年(1817年)死去。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市上佐鳥町の春日神社。

春日神社 (1)
春日神社は貞観年間(859~77年)の勧請と伝えられる。

春日神社 (2)
春日神社 (3)
本殿は最近改修されたようで、色彩が鮮やかだ。

春日神社 (4)
前橋市の天然記念物に指定されているケヤキ。目通り5m、樹高30m、根周り16mを誇る。ケヤキらしい樹冠を呈している。樹齢は300~400年と推定されている。

春日神社 (5)
春日神社では毎年八十八夜に神楽が奉納される(現在は5月3日)。この神楽は赤城神社系統の神楽で、産泰神社から明治期に伝授されたもの。この地域では、古くから養蚕業が重要な産業であったことから、養蚕習俗を取り入れた他に類例のない貴重な神楽であるという。

前橋市のHPに動画が紹介されているので貼っておく。(表のNo.5)
前橋市の郷土芸能

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市住吉町2丁目の旧安田銀行担保倉庫。

旧安田銀行担保倉庫 (1)
旧安田銀行担保倉庫 (2)
旧安田銀行担保倉庫 (3)
旧安田銀行担保倉庫は、大正2年(1913年)に建築された生糸担保倉庫である。その名の通り、同行が金を貸し出す際、担保として預かる生糸や繭の倉庫として使われていた。

幅54m、奥行き11mの2階建てで、昭和20年(1945年)8月5日の前橋大空襲でも焼け残った。(南側にもう1棟あったが、こちらは焼失している)

旧安田銀行担保倉庫 (4)
旧安田銀行担保倉庫 (5)
外壁には日本煉瓦製造会社の煉瓦が使用されている。積み上げ方式は横幅37.9cmの長手の段と、横幅27.9cmの小口の段を交互積み重ねたイギリス積みである。

旧安田銀行担保倉庫 (6)
倉庫の入口は3重扉で、写真の1番外側の扉は鉄製で内側に壁土と
漆喰が塗りつけてある。2番目の扉は木枠に金網の入った引き戸、1番内側の扉は壁土と漆喰が塗られた引き戸であった。

旧安田銀行担保倉庫は、創建当時の姿を今に伝える貴重な近代化遺産である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市大手町3丁目の厩橋護国神社。
前橋東照宮の境内にある。

厩橋護国神社 (1)
厩橋護国神社 (2)
厩橋護国神社 (3)
厩橋護国神社は明治10年(1877年)の創建された厩橋招魂社が始まり。西南の役以来、大東亜戦争に至るまでの前橋市出身の英霊2346柱を奉祀している。

厩橋護国神社 (4)
厩橋護国神社 (5)
昭和14年(1939年)の1県1社制に伴い、群馬県護国神社は高崎に創建され、厩橋招魂社は護国神社となった。(同時に館林招魂社は邑楽護国神社となる)

彰忠碑 (1)
彰忠碑 (2)
護国神社の奥には彰忠碑がある。日清・日露戦役の戦没者を祀るため明治39年(1906年)に建設。碑の頂には、東京美術学校(東京芸大)製作の金鵄が飾られた。

しかし、この彰忠碑は戦争中に供出されてしまい、現在の彰忠碑は昭和37年(1962年)に再建設されたもの。ただし、金鵄は供出を免れ当時のものである。

明治維新以来の国難に際し、尊い命を捧げた英霊をお祀りすることは現在を生きる我々の責務であり、その事績を後世に伝える役目を果たしていかねばならない。

関連
 群馬県出身の殉国の英霊を祀る -群馬県護国神社-
 英霊を祀る -邑楽護国神社-

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市岩神町の藩営前橋製糸場跡。

前橋製糸場跡 (1)
前橋製糸場跡 (2)
前橋藩は明治3年(1870年)に、スイス人技師・ミューラーの指導により、藩営前橋製糸場を設立した。「日本で最初の富岡製糸」の創業が明治5年(1872年)なので、それより2年前に製糸工場が創業されていたことになる。

前橋製糸場跡 (3)
前橋製糸は現在の前橋市住吉町で創業しているが、3ヶ月ほどでここ岩神町に移転している。(住吉町にも前橋製糸の創業を記念した碑がある)明治5年の廃藩置県で県営となったため、藩営だったのは2年間。前橋製糸は民間払下げ後、明治31年(1898年)まで操業していた。

現在は民家になっている。

上毛かるたの「日本で最初の富岡製糸」というのは、正しくは「日本で最初の官営製糸」ということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市大手町1丁目の正覺山清光寺。

清光寺 (1)
清光寺は明治12年(1879年)群馬県初代県令・楫取素彦、寿夫妻の発願により、本願寺説教所として創設された。寿は今年の大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・文の姉。優香がやってる。

清光寺 (2)
清光寺 (3)
清光寺 (4)
寿は浄土真宗の信仰が篤く、群馬が「念仏不毛の地」と感じたようだ。楫取ともども築地本願寺に時の宗主・明如を訪ね、前橋に寺院開設を依頼している。

清光寺 (5)
清光寺は前橋城三の丸の地にあるが、境内の松は旧城内にあった松と考えられる。

個人的には浄土真宗に良いイメージはない。これは戦国時代に門徒を虫けらのように扱った顕如が嫌いだからだ。門徒を盾にし、自分は大名気取りで政治に口を出した姿は、とても宗教人と呼べるものではない。

まあ、当時は比叡山も東大寺も一大勢力を築き、政治に口を出していたけど・・・。

*浄土真宗の門徒様、個人的意見なので怒らないでね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市二宮町の筑波山無量寿寺。

無量寿寺 (1)
無量寿寺 (2)
無量寿寺は延喜年間(901~23年)の創建と伝わる。

無量寿寺 (3)
無量寿寺 (4)
江戸時代に入り、前橋藩主・酒井忠清の母が筑波山を信仰していたため、山号を筑波山としたという。

無量寿寺 (5)
山号の由来はいくつかあるようで、無量寿寺入口右(境内なのかな)にある小山から筑波山が見えるので筑波山としたという説と、この小山を築き筑波両神を祀ったという説があるようだ。

でも小山と書いたが立派な山で、築くにはちょっと大変だと思う。パッと見、円墳に見えるので、古墳の上に筑波両神を祀ったというのが正解かな。

無量寿寺 (6)
無量寿寺 (7)
境内にいろんな小坊主さんの石仏があり、それぞれに名前がついていた。カイ坊はかわいかったが、ター坊は・・・。ゴルフをしているおっさんだな(笑)。

小山頂上には修験道に関係する石碑があり、筑波山信仰と関連がありそうなんだけど、オレの知識がついて行かないので、今回はパス。写真はあるので、知識がついたら紹介する(かも)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市日輪寺町の菅原神社。

菅原神社 (1)
菅原神社 (2)
菅原神社 (3)
菅原神社の由緒は不明だが、明治40年(1907年)に近隣の神明宮、諏訪神社などを合祀している。

菅原神社 (4)
境内には天野桑古(そうこ)書の芭蕉の句碑がある。明治24年(1891年)に建立されたもの。天野桑古は日輪寺村出身の俳人で、富処西馬の門人。句集に「桑の実集」「すぐり藁」などがある。

「古池や」って見えたので、もしかしたらと思ったら有名な芭蕉の句だった。芭蕉は諸説あるが約1000句の俳句を詠んでいる。その中からこの句を撰するのは、素人から見るとベタ過ぎな気も・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市日輪寺町の朝天山日輪寺。

日輪寺 (1)
日輪寺 (2)
日輪寺 (3)
日輪寺は神亀3年(726年)の創建と伝わる。

寺の東にあった朝日窪という池の水面が、毎朝金色に輝いていた。この話が国司・多治比真人に伝わり、多治比真人が池を浚うと一寸五分(約15cm)の黄金の十一面観音が出てきた。この十一面観音像を祀るために、多治比真人が建てたお堂が日輪寺の始り。

日輪寺 (4)
日輪寺 (5)
大同2年(807年)に弘法大師がここに立ち寄った際に、香木で五尺(約150cm)の十一面観音を刻みあげ、その胎内に黄金像を納めたという。これが今に残る日輪寺の十一面観音と伝わる。

十一面観音像は、観音堂の裏手にある宝物庫(?)に納められている。年に1回くらいは開帳されるのかな?

ちなみに、日輪寺の開基となる多治比真人の真人は名前ではなく姓(かばね)である。真人は天武天皇13年(684年)に制定された八色の姓の最高位で、継体天皇の近親とそれ以降の天皇・皇子の子孫に与えられたもの。

当時、上野国の国司に任命されても、都からはるばるやってくる国司はいないし、しかも最高位の姓を持っている多治比氏ならなおさら。とは言え、伝説に残るくらいだから、それにちなんだ事象があったってことだよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市公田町の公田山乗明院魚遊寺。

乗明院 (1)
乗明院 (2)
乗明院 (3)
乗明院は承和年間(834~48年)に慈覚大師が、自ら彫った釈迦如来像を安置するお堂を作ったのが始まりとされる。

乗明院 (4)
廃覚動寺宝塔。もともとは乗明院の末寺である覚動寺(昭和大橋の建設に伴い廃寺)にあったもの。南北朝末の永和4年(1378年)の銘がある。

乗明院 (5)
乗明院 (6)
阿弥陀三尊画像板碑。覆屋に納められている。高さ167cmで緑泥片岩で造られている。建立は弘安年間(1278~88年)で、極楽往生を願って読経した人を阿弥陀三尊が雲に乗って迎えに来る図が描かれている。残念ながら見えない・・・。

乗明院として名が通っているいるが、魚遊寺という寺名には伝説がある。

建長2年(1250年)この地の郡司がお堂の脇に池を作り、魚を放して釣りを楽しもうとしたところ、池の水がたちまち熱湯になってしまった。驚いた郡司は了賀阿闍梨を招き、殺生の罪を詫びて心に祈ると、池の水は元の水になり、魚も群れをなして泳ぎだしたという。郡司は大変喜び、寺を再興し魚遊寺と名付けたという。

乗明院 (7)
伝説の池なのかは不明だが、乗明院の周りは堀が一周している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市鶴光路町の雲上山善光寺。

善光寺 (1)
善光寺は大洞2年(807年)伝教大師・最澄の創建と伝わる。江戸時代に入り、天海が長楽寺(世良田)の住職となり、当地の天台宗の寺院は善光寺も含め長楽寺の末寺となっている。

善光寺 (2)
善光寺 (3)
善光寺には3代将軍・家光から14代将軍・家茂に至るまでご朱印33石が与えられていた。

本堂は1996年(平成8年)に改修されている。

善光寺 (4)
境内にある伝教大師東国行脚の像。

善光寺 (5)
善光寺 (6)
石幢には四面に阿弥陀如来や不動明王などが彫られている。

なぜ善光寺というかは不明だが、信州善光寺の一光三尊阿弥陀如来を勧進した阿弥陀如来坐像を本尊としているからかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市大手町1丁目の長壁神社。

長壁神社 (1)
長壁神社は前橋藩主・松平朝矩が姫路から前橋へ転封となった際、姫路から遷したもの。朝矩が姫路から転封になったのは寛延2年(1749年)なので、前橋での創建は同年となる。

もともと長壁神社(刑部神社)は、光仁天皇の皇子・刑部親王とその王女・富姫を祀った姫路の神社。今の姫路城がある姫山に鎮座していた。豊臣秀吉が姫路城築城のため城下に遷したが、後の城主・池田輝政が姫路城内に戻した。

現在も姫路城天守閣に刑部神社があるが、正式には跡宮である。(いろいろ伝説が残っており、パワースポットとしても有名)

長壁神社 (2)
長壁神社 (3)
藩主が姫路城から遷座してきたとも思えないよう小さい社。

この長壁神社にもいろいろ伝説がある。朝矩は姫路天守閣にあった刑部神社を前橋に遷座した際、天守閣に祀らなかったため長壁神の怒りを買い、前橋城は利根川の浸食により崩壊寸前になったという。

このため明和4年(1767年)朝矩は川越への移るのだが・・・。この時、朝矩の枕元に長壁神が現れ「一緒に川越へ連れて行って欲しい」と懇願したが、朝矩は「城を守れなかったではないか」と断り長壁神社を川越に遷座しなかった。すると、翌明和5年(1768年)朝矩は31歳の若さで死んでしまった。おぉ~コワ。

長壁神は明治期に前橋東照宮に合祀されている

そう言えば、前橋城を崩壊の危機に陥らせた女性の伝説もあったな。
(「お虎が渕伝説 -虎姫観音-」参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加


前橋市岩神町の静御前のお墓。

前回の観民稲荷神社を起点に探したのだが、なかなか見つからずやっとの思いで探し当てた。

静御前の墓 (1)
静御前の墓 (2)
静御前のお墓。祠に納められているが、時期的に草が生い茂っていて・・・。

静御前のお墓の周りには、静家(しずかけ)のお墓があり、静御前と関わりのある方の末裔なのかな。そう言えば、静さん(名字)という人がいるのは知っていたけど。でも静御前は「吾妻鏡」にしか出て来ないので、架空の人物という説もある。

静御前のお墓がここにある由緒は、源義経が奥州藤原氏を頼って落ち延びた後、静御前も後を追って奥州に向かったが、この地で力尽き亡くなったという。地元では、このお墓を静さまと呼んで崇敬している。

前橋市三河町の養行寺にも、静御前のお墓と伝わる石塔がある。
(「静御前のお墓? -養行寺-」参照)

ついでに、源義経の母・常盤御前のお墓といわれる五輪塔が前橋市亀里町の極楽寺にある。
(「常盤御前のお墓? -極楽寺-」参照)

静御前の墓 (3)
実は、このお墓がなかなか探し当てられずに、あきらめて帰ろうとしたんだよね。その時、ナビを見たら「静御前の墓」って、ずばり出てるではないの。(ちょっとフラッグ立てちゃったので見づらいけど)

なんてことはない。観民稲荷神社の北側を探していたつもりが、一生懸命東側を探していたということ。見事な方向音痴っぷりだった。

しかしナビに載っているくらい有名なのね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ