前橋市茂木町の有鷲山長興寺。
長興寺には以前紹介した稲垣重宗夫妻の墓以外に、大胡藩、前橋藩ゆかりの人物の墓や供養塔がある。
(「伊勢崎藩主・稲垣長茂両親の墓 -長興寺-」)

山本帯刀の墓
大胡城主・牧野家の家老・山本帯刀の墓。
山本氏は牧野氏が牛久保城主時代からの重臣で、代々帯刀を世襲している。ここに眠る山本帯刀は山本成行と思われ、慶長9年(1604年)死去している。

山本氏は牧野氏が、元和4年(1618年)に越後長岡に転封になった後も、代々上席家老として仕えている。

山本帯刀で有名なのは、幕末期の山本義路。8歳で安田家から山本家に養子に入り、文武両道で神童と言われた。戊辰戦争・北越戦争では長岡藩の大隊長として出陣し、官軍相手に奮戦したが、捕縛され斬首されている。

これにより山本家は断絶したが、大正5年(1916年)に長岡士族・高野家から養子を迎え再興している。この時養子に入ったのが、後の連合艦隊司令長官・山本五十六である。

その他、長興寺には、前橋藩酒井家家臣・上村家の墓、前橋藩酒井家家老・大河内二右衛門広継夫妻の碑、前橋藩松平家家臣・赤羽三蔵宗忠の墓碑がある。

上村氏の墓
前橋藩酒井家家臣・上村家の墓。

赤羽宗忠の墓碑
前橋藩酒井家家老・大河内二右衛門広継夫妻の碑。

大河内広継夫妻の碑
前橋藩松平家家臣・赤羽三蔵宗忠の墓碑。

この3人(家)は全く知らないけど、こうして墓(墓碑)が残っているのは、すばらしいことだと思う。