前橋市大手町の前橋東照宮。

前橋東照宮 (1)
前橋東照宮は、寛永元年(1624年)越前勝山城主・松平直基が、日光東照宮から徳川家康の分霊を城下に勧請したのが始まりとされる。以降、松平氏の移封とともに東照宮の遷座を繰り返してきた。前橋に遷座してきたのは、寛延2年(1749年)である。明和4年(1767年)に、利根川の氾濫により前橋から川越に移ると東照宮も遷座している。

松平直基ってのは、家康次男・結城秀康の四男で、松平姓をもらえたので家康を城下に祀ったんだと思う。

前橋東照宮 (2)
前橋東照宮 (3)
現在の社殿は川越時代の安政2年(1655年)に、樹齢1000年といわれるケヤキの巨木から造られている。本殿の彫刻は、江戸の有名な彫師島村源蔵の作といわれる。

松平家は文久3年(1863年)に前橋へ戻っているが、東照宮が再遷座してきたのは、時代も変わった明治4年(1871年)である。この際、川越時代の社殿を解体し、前橋(現地)で再築している。

松平(直基)家は、江戸時代に結局13回移封を命じられているが、その都度東照宮も遷座させている。