太田市高林南町の荷悲山長勝寺。

長勝寺 (1)
長勝寺は治承4年(1180年)里見義俊の建立。里見義俊は新田氏の祖・新田義重の庶長子。里見郷(高崎市里見)に移り、里見を名乗っている。

義俊は新田竹林六郎太郎とも称していることから、新田荘内にも所領を持っており、里見氏の本拠を高林郷とする説もある。

長勝寺 (2)
伽藍は慶長8年(1603年)に火災で焼失。慶安2年(1649年)祐範和尚によって中興されている。現在の本堂は昭和45年(1970年)の再建。

長勝寺 (3)
梵鐘は昭和46年(1971年)の鋳造。

長勝寺 (4)
長勝寺 (5)
墓地横に古墳(?)があり、墳頂にお墓や石仏があった。

ところで、里見義俊は嘉応2年(1170年)に35歳の若さで没したとされる。ということは、長勝寺の創建年(1180年)には既にこの世にいないことになるが・・・。

里見義俊の菩提寺である高崎市中里見町の光明寺には、義俊の没年を建仁4年/元久元年(1204年)とも伝わるので、まあいいかな。
(光明寺は「里見義俊の菩提寺 -光明寺-」参照)