太田市本町の旧金山図書館。太田公民館の敷地内。

旧金山図書館 (1)
旧金山図書館 (2)
旧金山図書館 (3)
明治・大正時代の太田出身の実業家・葉住利蔵(1866~1926年)が私財を投じて建設、私立の図書館として大正11年(1922年)に開館した。

旧金山図書館 (4)
木造平屋建て、入母屋造り桟瓦葺で、40坪の閲覧室と3坪の玄関からなる。

窓は開閉自在の回転窓で、通風・採光が十分配慮され、図書館機能が建築構造の中によく活かされている。当時の洋風建築の要素を取り入れる一方で、屋根などは和風建築も踏襲しており、和様混合の擬洋風建築と言える。

屋根の鬼瓦(?)には、金山の文字が見える。

建築当時は閲覧室のほか、2階建て土蔵造りの書庫、管理者用の和風住宅が付設されていたが、現在は残っていない。その後、図書館は太田町に寄付され、昭和44年(1969年)まで公立図書館として使用された。現在は太田公民館の別館として使用されている。

時期的なものかもしれないが、正面側に木が多く良い写真が撮れず、全体像は裏からのものでご勘弁を。