高崎市元島名町の将軍塚古墳。

将軍塚古墳 (1)
将軍塚古墳 (2)
将軍塚古墳は全長96mの県内最大級の前方後方墳。後方部の幅51m、高さ8.6m、前方部の長さ40m、高さ4.7mで、周堀を含めた全長は約150mと推定される。墳丘は2段に築かれ、葺石は認められない。4世紀後半から5世紀初頭ごろに築かれた、古墳時代初期の古墳。

将軍塚古墳 (3)
将軍塚古墳 (4)
将軍塚古墳 (5)
前方部の墳丘上には、島名神社が鎮座している。島名神社の創建年は不明だが、彦狭島王をご祭神としていることから、将軍塚古墳は彦狭島王の墳墓との伝承もある。

彦狭島王は東山道十五国都督に任じられており、「将軍塚」という名前はちょっと意味深。と言っても、いつから「将軍塚」かは不明だけど・・・。ちなみに、彦狭島王は豊城入彦命の孫で、御諸別王の父である。

明治44年(1911年)の社殿拡張工事の際に、後方部で全長1.8mの粘土槨が発見されている。粘土槨内からは、人骨とともに鏡、石釧、刀片などの鉄製品が出土している。

また、昭和55年(1980年)の土地改良に伴う調査では、周堀部から壺形土器(底部穿孔壺)が多数出土している。 これらは後方部の頂上に並べられていた土器と考えられる。なお、土器は近くにある高崎市歴史民俗資料館で見ることができる。

関連
 「彦狭島王の墳墓? -三島塚古墳-