高崎市下豊岡町の若宮八幡宮。

若宮八幡宮 (1)
若宮八幡宮 (2)
永承6年(1051年)源頼義・義家父子の建立。前九年の役のおり、奥州・安倍氏の鎮圧に向かう途上、源頼義・義家父子はこの地に仮陣屋を設けてしばらく逗留し、軍勢を集めるとともに戦勝を祈願するため、若宮八幡宮を建立した。

若宮八幡宮 (3)
鎌倉時代には、里見義俊(里見氏の租)の3男・豊岡三郎の崇拝を受けたという。

若宮八幡宮 (4)
若宮八幡宮 (5)
江戸時代の寛文2年(1662年)に、江戸幕府代官・諸星惣左衛門が社殿を大修築している。

若宮八幡宮 (6)
明治期には乃木稀典大将も参拝に訪れている。

八幡宮といえば御祭神は誉田別命(応神天皇)なんだけど、ここは何故か大鷦鷯尊(仁徳天皇)。一部には、応神・仁徳同一人物説もあるけど、日本書紀では父子の関係。

若君を祀ったので「若宮」かな?