高崎市栗崎町の岩鼻軽便鉄道跡。

岩鼻軽便鉄道跡 (1)
岩鼻軽便鉄道跡 (2)
高崎市立岩鼻小の東に、高架橋が切れている鉄道線路がある。建設途中で公共事業削減で放棄された??

岩鼻軽便鉄道跡 (3)
実は、これは岩鼻軽便鉄道跡を利用した貨物ターミナルの引き上げ線。

「群馬の森」一帯は、かつて陸軍の火薬製造所があった所で、その歴史は古く、明治15年(1882年)に黒色火薬の製造を始め、明治38年(1905年)には日本で初めてダイナマイト製造を開始している。
(「ダイナマイト発祥の地 -群馬の森・ダイナマイトの碑-」参照)

当初、火薬製造所への輸送は、南側を流れる烏川の舟運を主に利用して行われていた。高崎線の開業後は、倉賀野駅との間に荷馬車を走らせるようになった。

その後、貨物量の増加により、大正6年(1917年)倉賀野駅から火薬製造所(上州岩鼻駅)までの鉄道が開設された。それが岩鼻軽便鉄道(私鉄)。上州岩鼻駅は今の原研内に位置していた。

終戦に伴い昭和20年(1945年)に廃線になったが、昭和35年(1960年)以降、倉賀野駅の貨物ターミナル化により、岩鼻軽便鉄道の線路の一部を再利用している。

岩鼻軽便鉄道跡 (4)
岩鼻軽便鉄道跡 (5)
岩鼻軽便鉄道時代は、もちろんこんな高架橋ではなく、高架橋は昭和56年(1981年)の竣工。

現在、この先から原研や群馬の森方面に、岩鼻軽便鉄道の遺構はない。しかし、その跡は道路になっていて、最後のカーブなど当時の路線を思い起こさせる。