高崎市綿貫町の群馬県立公園 「群馬の森」。
ここに、ダイナマイト発祥の地の碑がある。

ダイナマイトの碑
「群馬の森」一帯は、かつて陸軍の火薬製造所があった所で、その歴史は古く、明治15年(1882年)に黒色火薬の製造を始め、明治38年(1905年)には日本で初めてダイナマイト製造を開始している。

当時、陸軍には東京・板橋に火薬製造所があったが、増産が必要となり岩鼻が選ばれた。その理由は、烏川と井野川に沿って舟運の便がよく、水車の動力も得やすいことが挙げられている。

創業時の名称は「東京砲兵工廠岩鼻火薬製造所」。大正12年(1923年)に「陸軍造兵廠火工廠岩鼻火薬製造所」となり、昭和15年(1940年)には「東京第二陸軍造兵廠岩鼻製造所」と変わっている。昭和20年(1945年)終戦を迎え、その歴史に幕を閉じた。

現在跡地は、県立公園・群馬の森、日本原子力研究開発機構、日本化薬によって三分割されている。

日本化薬 (1)
爆風避けの土塁。トンネルもあり。

日本化薬 (2)
日本化薬 (3)
日本化薬 (4)
日本化薬側に見えた廃屋。「火薬工室」の名残りのようだ。

原研
原研側の廃屋。「ダイナマイト工室」??

原研も日本化薬も、昔の工室を保存するでもなく壊すわけでもなく、そのまんまにしておくのはどういう理由?

どうせなら、きちっと保存すればいいのに(できれば公開も)。でも、こういうのをすぐ戦争と結び付けて、毛嫌いする連中が多いから無理かな。