高崎市八島町の高崎市美術館。

高崎市美術館 (1)
高崎市美術館は、平成3年(1991年)の開館。

優雅に絵を見に行った、と言いたいところだけど、実は旧井上房一郎邸を見に行った。旧井上邸は高崎市美術館の裏にあり、美術館に併設の形になっているので、美術館に入らないと、旧井上邸に行けない。

井上房一郎邸 (1)
観音山の観音様を建てたことで有名な井上工業の創始者・井上保三郎の長男・房一郎氏が、昭和27年(1952年)に自邸として建てた住宅。

房一郎氏は、井上工業の社長も務めているが、ブルーノ・タウトの招請や群響の創設に尽力するなど、文化活動にも大きな足跡を残した。

井上房一郎邸 (2)
井上房一郎邸 (3)
井上房一郎邸 (4)
群馬音楽センターの設計者として有名な建築家アントニン・レーモンドが、東京・麻布に建てた住宅を気に入った房一郎氏が、それを模して建てたもの。

柱筋が外壁からずらされた平面計画や、柱や垂木を二つ割りの丸太で挟み込む「鋏み状トラス」を用いた構法など、レーモンドの住宅建築の特徴が随所に見える。

井上房一郎邸 (5)
井上房一郎邸 (6)
庭園は当時のままなのかは不明だが、よく手入れが行き届き綺麗である。

井上房一郎邸 (7)
旧井上邸の西側には高層マンションが林立しており、その中の平屋との対比が何とも言えない。