桐生市梅田町の梅原館跡。

梅原館址 (1)
梅原館跡は平安時代に桐生を所領した足利俊綱の家臣である桐生六郎の居館であったといわれている。室町期になり桐生国綱によって桧杓山城が築かれ、領主の居住地が城山の麓である居館に移ったことによって、この梅原館跡は下屋敷となった。

足利俊綱は藤原秀郷(俵藤太)の後裔で、源氏の足利氏ではない。(藤姓足利氏とも呼ばれる)

また、桐生氏の出自には諸説あり、「桐生市史」では桐生六郎の系譜を「前桐生氏」、桐生国綱の系譜を「後桐生氏」と呼んでいる。(オレはよく分からないので、桐生市HPに従うよ。)

梅原館址 (2)
現在は薬師堂が建っている。

梅原館址 (3)
梅原館址 (4)
現在でも西・南側の一部と北側には土塁が残され、その外側には堀跡の痕跡が認められる。

発掘調査の結果、館跡内からは多数の柱穴跡が発見され、継続的に建物があったことが明らかとなり、前桐生氏の時期である12世紀代の遺物も認められている。

堀跡の調査では、堀は14世紀~16世紀にかけて存在していたことが確認され、桧杓山城が築城された後桐生氏の時代になっても、城館として使用されていたことが裏付けられている。