藤岡市中の寶幢山光明寺。

藤岡・光明寺 (1)
延文4年(1359年)僧・浄義の開山。天正10年(1582年)兵火で伽藍はすべて焼失し、慶長13年(1608年)現在地へ移建したという。

この山門は、関東管領・山内上杉氏の居城であった平井城から移築したものだという。
(「関東管領・山内上杉氏の居城 -平井城址-」参照)

藤岡・光明寺 (2)
山門の屋根には見事な鴟尾が。

藤岡・光明寺 (3)
藤岡・光明寺 (4)
本堂は昭和59年(1984年)再建の本堂。入母屋瓦葦、コンクリート造り。

平井城は天文21年(1552年)に小田原の北条氏康に攻められ落城。関東管領・上杉憲政は越後に亡命。永禄3年(1560年)長尾景虎(上杉謙信)により奪回されたが、同年に廃城となっている。

この時、光明寺に山門が移築されたのかな? でも、このお寺と上杉氏との関係は不明。