藤岡市藤岡の霊符殿古墳。

霊符殿古墳 (1)
霊符殿古墳 (2)
天龍寺境内にあり、古墳の東側はJR八高線により墳丘の一部を欠失している。残存する墳丘の大きさは径33m、高さ5.9mで、6世紀末の造営と推定されている。

前方後円墳の後円部のみ残っているという説と、もともと円墳という説がある。

霊符殿古墳 (3)
墳頂に霊符殿を祀り、西側には周溝の名残りと見られる沼地がある。

霊符殿古墳 (4)
南向きに開口する全長9.02mの横穴式石室。

霊符殿古墳 (5)
霊符殿古墳 (6)
羨道長は4.05mで、同幅84~99cm、同高84~87cm。片岩と珪岩を用いた模様積み。玄室入口袖の手前にまぐさ石(アーチ状の石)が設置されている。その下の石は?しきみ石?

玄室は良く見えなかった。オレのデジカメの限界。2枚目の写真の上の方に、わずかに模様積みが見えるけど・・・。

データによると、玄室長4.97m、同幅1.31~1.73m、同高さ1.57~1.84m。片岩と珪岩を用いた模様積で。平面形は羽子板状。

墳丘上から見たら、本当にすぐ隣を八高線が走ってるんだね。