安中市松井田町新堀の碓氷山金剛寺。

金剛寺 (1)
金剛寺 (2)
長元年間(1028~36年)、源頼光四天王・碓氷定光の開基と伝わる。源頼光は清和源氏の3代目で、摂津元治の祖。碓氷定光は御伽草子の「酒呑童子」でも大活躍の渡辺綱、坂田公時、ト部季武とともに四天王として名をはせた。

金剛寺 (3)
金剛寺 (4)
この地に戻った定光は、碓氷山中で村民や往来の人を悩ませた毒蛇と対決し、大鎌をふりまわし大蛇を滅した。この時、弘法大師作の十一面観音のご加護があったことから、金剛寺を開基し、本尊として祀ったという。

江戸時代末に数度の火災により焼失したが、享和3年(1803年)に再建されている。

金剛寺 (5)
本堂裏にある定光の供養塔。脇に焼却炉があって少し興ざめ。

金剛寺 (6)
碓氷石を使った立派な庭園。水も流せるようになっている。

金剛寺 (7)
たまに神社で見かける「カエル」の石像。由来はこちらを参照。
(「神楽殿をくぐって参拝 -郷原日枝神社-」)