安中市板鼻の古渓山南窓寺。

南窓寺 (1)
南窓寺 (2)
南窓寺 (3)
南窓寺には、伊能忠敬と全国を測量した和算家・小野栄重(よししげ)の墓がある。

小野栄重(1763~1831年)は碓氷郡中野谷村に生まれ、後に板鼻の小野家の養子となる。江戸の藤田貞資のもとで関流算学を修め、伊能忠敬のもとで測量・天文学を学び、忠敬の海岸線の測量に参加した。

南窓寺 (4)
寛政9年(1797年)に故郷板鼻に帰り、後進の指導にあたる。斎藤宜長・宜義、剣持章行、井重遠等多くの門人を育て、和算の最高理論である円理の普及に努めた。
(斎藤宜義については、「斎藤宜義の墓 -宝蔵寺-」参照。)

算額 (1)
文化10年(1810年)奉納の、八幡八幡宮算額は県内最古。

算額 (2)
算額中の1問。

図のように直角三角形が有り、5本の線で分割した6つの三角形内の内接円の大きさが全て等しいとき、等円の直径を直角を挟む2辺の長さを用いて表せ。

誰か賢い人、頑張ってみて。