みどり市大間々町桐原の南王山世音寺。
ここには、群馬県名誉県民・長谷川四郎元衆議院議員が眠っている。

世音寺 (1)
世音寺 (2)
世音寺 (3)
お寺のことは、けっこう調べたんだけど良く分からなかった。

世音寺 (4)
長谷川四郎が眠る長谷川家の墓地。

長谷川四郎
長谷川四郎は、明治38年(1905年)に大間々町に生まれる。魚乾物商を営みながら政界への進出を伺い、桐生商工会議所副会頭、群馬県議を経て、1949年(昭和24年)年に旧群馬2区から衆議院議員に当選。

昭和61年(1986年)に引退するまで当選14回を数えた。その間に衆議院副議長、農林大臣、建設大臣を歴任。昭和61年(1986年)に81歳で死去。同年、群馬県名誉県民第1号に認定されている。

ちなみに名誉県民は、長谷川四郎以外に、土屋文明(詩人)、福田赳夫(元首相)、福澤一朗(画家)、小渕恵三(元首相)、牛久保海平(元サンデン社長)、星野富弘(画家)、中曽根康弘(元首相)の各氏。また最近、福田康夫(元首相)を名誉県民にする意思を知事が明らかにしている。

長谷川四郎は高等小学校卒(今でいう中卒くらい)で、貧困の中で苦労し国会議員にまでの登りつめた。時代が違うかもしれないけど、人間学歴だけじゃないね。