みどり市東町座間の草木ダムと草木湖。

草木ダム (1)
渡良瀬川に建設されたダムで、昔は神戸(ごうど)ダムと言った。首都圏への利水と、渡良瀬川・利根川の治水を目的とした利根川水系8ダムのひとつである。

1967年(昭和42年)より工事に着手したが、反対運動などもあり完成したのは1977年(昭和52年)。計画に対して7年遅れとなった。

草木ダム (2)
草木ダム (3)
草木ダム (4)
堤高140mの重力式コンクリートダムで、利根川水系では奈良俣ダムの158mに次いで高い。(奈良俣ダムは、「日本屈指のロックフィルダム -奈良俣ダム-」参照。)

草木ダム (5)
草木ダム (6)
草木ダム (7)
ダム湖である草木湖は、総貯水容量が約6000万トンと利根川水系でも屈指の規模を誇る人造湖である。平成17年(2005年)には、ダム湖百選に選ばれている。

草木ダム (8)
道路沿いに、きれいな展望台がある。

反対運動で完成が7年遅れたというけど、八ツ場ダムに比べれば・・・・・。