高崎市新町の諏訪神社。

新町諏訪神社 (1)
新町諏訪神社 (2)
新町には諏訪神社が2つあるが、これは旧中山道側にある諏訪神社。

新町諏訪神社 (3)
新町諏訪神社 (4)
新町諏訪神社 (5)
諏訪神社は笛木村の鎮守として本屋敷(現在の新町駅あたり)に奉られていたものを、宝永5年(1708年)に現在地に遷座。

もともと、町北部を落合村、南部を笛木村と言い、加賀前田家により中山道の玉村宿を通らないルートが開拓され、享保9年(1742年)正式に新町宿となっている。

新町諏訪神社 (6)
新町諏訪神社 (7)
諏訪神社には、昔の古い鳥居の上部が2基保存されている。ひとつは、元禄15年(1702年)元屋敷から遷してきたもの。もうひとつは、遷座24年後の享保17年(1732年)に建てられた鳥居。

前後に2つ並んでるんだけど、どっちがどっちのだか、はっきり分からず。

鳥居についていた旧新町教育委員会の案内板を見ると、高い方が元禄の鳥居のような気がする。でも、日本語が変なので、分からない。

新町も高崎市になったんだから、案内板を見直してくれ!