高崎市倉渕町の小栗上野介忠順、終焉の地。

小栗上野介 終焉の地 (1)
小栗上野介 終焉の地 (2)
烏川の畔に、小栗上野介忠順を偲ぶ顕彰碑が建っている。

小栗忠順は、江戸幕府の勘定奉行や外国奉行を歴任し、横須賀造船所の建設、フランス式陸軍制度の採用等、多くの業績を残している。薩長軍との交戦に際し、主戦論を唱え罷免された後は、権田村に移住。東善寺を仮住まいとしていた。

小栗が多額の軍資金を持ち帰った、というデマから暴徒に襲われた際に、見事これを撃退したことで、かえって新政府軍の目にとまっまてしまい、慶応4年(1868年)新政府軍に捕えられ、家臣3名とともに斬首される。

小栗上野介 終焉の地 (3)
終焉の地には、「偉人小栗上野介 罪なくして此所に斬らる」と刻まれた碑が、建てられている。

小栗上野介 終焉の地 (4)
烏川は今も流れを変えず、静かに流れている。

昨年、東善寺の墓所を訪れた際、この終焉の地を見つけられず帰って来たので、ちょっと心残りだったんだよね。(「小栗上野介の墓 -東善寺- 」参照。)