高崎市保渡田町の八幡塚古墳。
保渡田町・井出町にまたがる地域に八幡塚古墳の他に、二子山古墳、薬師塚古墳の3つが点在し、保渡田古墳群と呼ばれる。

二子山古墳は、上毛かるた紀行で取り上げている。
(上毛かるた紀行、「しのぶ毛の国 二子塚」参照。)

八幡塚古墳 (2)
八幡塚古墳 (1)
墳丘部の全長96mで、内堀、外堀、外周溝が巡る、立派な前方後円墳。5世紀後半の造営と推定されている。4年をかけて築造時の姿に保存復元が行われ、全国でも数少ない葺石に覆われた姿となっている。

八幡塚古墳 (3)
復元された埴輪が大量に並べられている。出土した埴輪の復元なんだろうが、まだ新し感がいっぱいで、違和感ありあり。

八幡塚古墳 (4)
八幡塚古墳 (5)
後円部内には石棺展示施設がある。3mもの大きさの舟形石棺が置かれている。両端で幅が違い、丸みを持ち、縄掛突起のある石棺である。形が舟に似ているので舟形石棺と言われるが、本当に舟を模したかは不明。

古墳全体が葺石で覆われており、往時の姿を再現しているんだろうが、コンクリートで固めて石を張り付けている姿を見せられても・・・・。