高崎市岩鼻町の福聚山観音寺。

観音寺 (1)
観音寺 (2)
観音寺 (3)
天正18年(1590年)徳川家康の関東入部以降、岩鼻は前橋藩領であったが、寛延2年(1749年)酒井氏転封後は幕府天領となった。

寛政5年(1793年)岩鼻に代官の陣屋が設置され、初代代官として吉川栄左衛門と近藤和四郎が任命された。

観音寺 (4)
吉川栄左衛門の出身地は相州中原村(現、神奈川県)で、祖先は代々御殿番を勤めた家柄である。文化7年(1810年)69歳で死去するまで、19年間代官職を務めた。

慶応4年(1868年)、明治に改元されるちょっと前に、明治新政府により岩鼻県が設置された。県庁は岩鼻代官所。

まあ、岩鼻県は3年で廃止され、第1次群馬県になるけど。(今の埼玉県の一部は入間県)(岩鼻陣屋跡は、「社有地なので入れない? -岩鼻陣屋跡-」参照。)

ちなみに、「赤城の山も今宵限り・・・」のセリフで有名な国定忠治が殴り込んだ代官所は、ここである。とは言っても、殴り込み自体は作り話だけどね。