高崎市成田町の成田山光徳寺。
北関東三十六不動尊霊場第五番札所である。

光徳寺 (1)
光徳寺 (3)
光徳寺 (4)
有名な成田山新勝寺(千葉県成田市)の高崎分院。新勝寺には、別院、分院、末寺などがあり、以前紹介した「水上寺」(みなかみ町)は末寺。
(「日本三体不動尊 -水上寺-」参照)

光徳寺 (2)
不動明王の剣。デカい!!

光徳寺 (5)
境内にある内陣は、高崎藩主・大河内家の祈願所である威徳寺にあった堂の一つで、大河内家累代の位牌が安置されていた。威徳寺は、宝永6年(1709年)大河内輝貞の開基で、高崎城内にあった。

創建当時の堂内は、漆で磨きあげた上に金箔張りの壁、天井も金箔極彩色という豪華な建物だったらしい。

写真は裏側になる。なぜか、正面からは別の建物があって見えない。入り口を探したがなく、現在はなかば非公開みたいなもの。写真も裏(北側)の道から撮ってる。