高崎市倉賀野町の倉賀野城址。

倉賀野城址
児玉党・秩父高俊が倉賀野の地に館を構え、倉賀野氏を称した。倉賀野城は室町時代初期に倉賀野頼行が築城したといわれる。

倉賀野氏は永禄6年(1563年)に武田氏に攻められ滅亡。家臣であった金井秀景が、倉賀野の地を治めるようになった。秀景は倉賀野氏を名乗る。その後、織田方の滝川一益、北条方の垪和伯耆守が治めたが、天正18年(1590年)の秀吉の小田原攻めに伴い落城、廃城となった。

金井秀景は、滝川一益、垪和伯耆守にも従っており、変わり身が早かったようだ。最後は北条氏とともに小田原城に籠城。落城後死去しているが、死因は不明のようである。

倉賀野城の名残は、今や雁児童公園に城祉碑があるのみである。周りは住宅地になっており、遺構らしきものは多分ない。

倉賀野城の北の砦だったところに大用山永泉寺があり、そこには倉賀野(金井)秀景の墓がある。(「倉賀野城主・金井秀景の墓 -永泉寺- 」参照。)