高崎市石原町の小祝(おぼり)神社。

小祝神社 (1)
小祝神社 (2)
小祝神社の創建年代は不詳だが、三代実録の元慶4年(880年)年の条に記録が残るので、それ以前の奈良時代には創建されていたと推定される。

小祝神社 (3)
小祝神社 (4)
小祝神社 (5)
拝殿、弊殿と本殿が一体となっている。しかし、拝殿と幣殿は後から建てられたものであり、本殿は建設当初は単独で建っていたらしい。

現在の本殿は享保2年(1717年)に、当時の高崎藩主・間部詮房により造営されたもので、三間社入母屋造り(桁行三間、梁間三間)、銅板葺。正面には三間の向拝がついている。

小祝神社 (6)
小祝神社 (7)
建物は全体が極彩色で彩られ、壁面に彫刻したパネル状のものを嵌め込む工法を用いている。この工法の神社建築としては高崎市最古らしい。

ここは上野国七之宮。これで、延喜式内社・上野国十二社のうち、8社参拝完了である。意図して巡った訳ではないけど・・・・・。

まあ、実際は二之宮である赤城神社は三社行ってるけどね。(どこが本宮かはっきりしないので。)

 一之宮 貫前神社
 二之宮 赤城神社(赤城山三夜沢二宮
 三之宮 伊香保神社(里宮・三宮神社
 五之宮 大国神社
 六之宮 榛名神社
 七之宮 小祝神社(ここ)
 八之宮 火雷神社 
 九之宮 倭文神社

残りの4社もそのうち行ってみよう。

ちなみに、
 四之宮 甲波宿禰(かわすくね)神社(渋川市)
 十之宮 美和神社(桐生市)
 十一ノ宮 賀茂神社(桐生市)
 十二之宮 宇芸(うげ)神社(富岡市)

ついでだけど、総社である総社神社も参拝完了してるよ。